So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2019/05/05 [日本の習慣]


nice!(3)  コメント(0) 

抗がん剤治療の嘘を認めた厚生省。「ガンは3カ月で治せる病気と宗像久男先生!  [健康・薬]

『がん』は治ると豪語している医者がいます。

宗像久男先生がワールドフォーラムで明かしたがん治療の
真実。
本庶教授のノーベル賞で・・・ガンに対する考え方にも変化が
でてきたように思う。


抗がん剤マフィアー船瀬俊介氏
https://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc



近藤誠教授
https://www.youtube.com/watch?v=GDYz5mBN9ec


慶応大学の近藤 誠教授も現代のがん治療に疑義を唱えているので
あり、厚生省の『抗がん剤』大きな政策も今更ですが大きな曲がり角
に来ているようです。


も(こんどう まこと、1948年10月24日 - )は、日本の医師。慶應義塾の中高一貫、医学部を経て癌の放射線治療の専門家となり、元慶應義塾大学医学部専任講師。
現在は近藤誠がん研究所の所長である。
1980年代に乳房温存療法を日本で提唱した第一人者、
1996年の『患者よ、 がんと闘うな』はベストセラーとなり近」近藤の
名を一般に広め、その他『医師に殺されない47の心得』など[3]。基本的
に「がんは放置」という現代医療の価値観を揺るがす方針を提示してお
り、2012年には文化的業績に対し菊池寛賞を受賞、他方でこの放置療法
について批判も寄せられている。


全て信じることは危険なのですが。進化する医学界の現実を考慮すると
参考意見としての価値は十分あるように思えるのです。
ガンとの闘い方なのです。


宗像久男先生「ガン患者の本当の治し方!温熱・食事・驚異のゲルソン
療法」 ワールドフォーラム2017年5月
宗像久男先生「ガンは3カ月で治せる病気!ブドウ糖はガンの餌だった」
ーワールドフォーラム2016年9月
https://www.youtube.com/watch?v=KJJfFzZBu3I



◆抗がん剤は効かないと発表した国立がんセンター (産経新聞様)


以前より海外では軽視されている抗がん剤肥料にに頼り過ぎている日本医学界の異常と提起してきた
小生としては下記産経新聞の記事をみてわが目を疑いました。
国立がんセンターが抗がん剤効果少ないと発表したのです。嘘で国民を
騙しきれないと判断したのでしょう。

厚生労働省と医薬品業界の深い深い癒着があるのでしょう。




◆抗がん剤治療の嘘が明確になった


産経新聞は4月27日付朝刊のトップ記事「高齢患者 抗がん剤
効果少なく 政府など調査 年齢別指針作成へ」に接し、直ちに
国立がん研究センターのウェブサイトを開いてプレス発表の全文を読んだ。
https://www.ncc.go.jp/jp/index.html


わが国にはがん対策基本法があり、これにもとづいて5年ごと
にがん対策推進基本計画が発表される。次期の第3期計画が目下、
検討中だという。


そのための資料として、平成19年と20年に国立がん
研究センターで受診したがん患者のうち70歳以上の
1500人について、肺・胃・大腸・乳房・肝臓の部位
別にカルテを精査したところ、抗がん剤治療と生存期間
との間にはさしたる有意相関は認められず、75歳以上
の肺がんなどでは、40カ月以上生存したのは抗がん剤
治療を受けなかった者のみという結果であった。70歳
未満のがん患者についても検証を続けてみてはどうか。

≪放置しても
死亡数は変わらず≫
 

◆ガンは三ヶ月で治る?


ガガンの手術、抗がん剤治療(毒ガスであるマスタード
ガスが起源)、放射線治療(内部被曝してしまい死期が早まる)
という三大療法は殺人プログラムだったんですね。


カラクリとしては医学部が150年ぐらい前から洗脳機関になっていて、殺人プ
ログラムをガンの治療法だと教えています。


まず、これに気づける医者があまりいない訳です。 
本当は99%以上が気づいているのかもしれなくて、医者の
99%が抗がん剤を拒否するという事実がこれを示していま
す。



なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わな
いのかこういう事実がネットで書かれると、製薬会社とか
医療業界の誰かが洗脳が解けちゃってるよ、まずいと思って
「あれは嘘」「ニセ科学」ですといいはじめる。
「ニセ科学」というのは日本人の洗脳プログラムの一環です。
この辺りが電通が支配するマスコミが洗脳システムである所
以です。

アスピリン、日本脳炎事件(日本脳炎は日本にしかない不思議
な病気)
タミフル事件(米国のラムズフェルド国防長官が役員を勤める
会社が関係し、当時、世界在庫の80%以上が日本に存在して
いた)、現在進行中の
子宮頸がん薬害事件などはこういう構造から生まれてるので、
子宮頸がんワクチン薬害事件でネットメディアで反論を書いた
女性医師ジャーナリストの前職がWHO関連、インフルエンザ
ワクチン関連の製薬会社の人だったのは有名です。


普通の温熱療法等を見直すことをお勧めします・・・静かに
天命を待ちましょう・・・簡単に言って申し訳ありません。




◆抗がん剤で殺される


船瀬氏の厚生省の裏事情
https://www.youtube.com/watch?v=40f7sKHgMkg



米国 NCI の報告
https://togetter.com/li/379594


1985年すでに米国では抗がん剤に効力は無いと
表明されたのですが・・・日本ではこの真実が隠されて
おり・・・医者は自身のためには丸山ワクチンを使用
しているのです。


抗がん剤に効力が無いとわかった今、温熱療法に切り替え、患者の
負担軽減が急務ではないでしょうか。





スポンサードリンク








kage

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース