So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2019/05/04 [日本の習慣]


nice!(2)  コメント(0) 

白イルカは人工地震警戒用のイルカ部隊の隊員。 [国際情勢]


いつも訪問頂き感謝申し上げます。

プ―チンが設立したイルカ部隊の白イルカが発見されたのです。


米国等の第三国による人工地震画策を警戒して
ロシア・プ―チンが設立したイルカ部隊の白イルカ。


脱走した原因はなんなのでしょうか。
単なる脱走ではなさそうですね。
人工地震画策に反応したのかもしれません。


イルカやクジラは海中の異変に一早く反応する生き物であり、
人工地震画策派からすると・・・天敵なのです。


日本の太地町でのイルカ漁反対運動は・・・そんな組織からの
嫌がらせなのです。
日本で頻繁に画策している人工地震が全て事前に掌握されてしまう
危険がある裏組織なのです。



根本的には日本人によるイルカ研究をやめさせたいのです。
クジラによる漁の中止もそれが原因なのです。

クジラも同様ですね。ですから国際機関から圧力が掛かるの
です。


日本政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、来年7月から
商業捕鯨を再開すると発表した。IWCは鯨類の保護に取り組む国際
機関。決定には国際的な批判が予想される。


日本の菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、商業捕鯨は日本
領海と排他的経済水域(EEZ)内に限定されると述べた。

これに伴い、日本は南極海や南半球での捕鯨を取りやめる。この表
内容についての観測は公式発表前から出ており、自然保護団体は歓
迎していた。






スポンサードリンク









◆イルカは潜水艦等のソナーに極めて敏感


人工地震の誘発により巨大災害を企てる組織があることは再三指摘
しておりますが、その為には、海底に水爆等を設置する為、潜水艦
の活動が必要となるのです。


イルカ普通.jpg



下記投稿にもありますように・・・イルカが150頭も打ち上げられた
・・・即ち、潜水艦の活動により、そのソナーに敏感に反応したイルカ
が方向感覚を失い・・・茨城の鉾田海岸に打ち上げられたものでした。


イルカの頭数によりり、小生はいきなり『警報』としたのですが、一週間
以内に大きな地震が茨城を中心とした関東を襲ったことは言うまでもあり
ません。





2015年4月16日 16時38分ごろ16時43分 茨城県沖 4.1 3




◆ロシアは米国への警告手段として『イルカ購入』を発表(AFP様)


ロシア政府は9日、軍用目的でイルカ5頭を購入する方針を明らかにした。


【低周波等に敏感に反応するイルカ・クジラ】
https://www.youtube.com/watch?v=ojKGAo7h5fM


ソ連時代に潜水艦や機雷の探知に活用していた「軍用イルカ」を復活させる試みだ。・・・こういう警告・威嚇方法もあるのです。


ロシア政府の調達ウェブサイトに掲載された資料によると、ロシア軍は
イルカの調達に関する175万ルーブル(約280万円)の契約の入札を
開始した。


軍用イルカ.jpg


クリミアに編入されたウクライナ軍と同様に、イルカ部隊もモスクワへ接収されたと報道されたが、今回初めて政府が正式に認めプーチン直属の部隊にすることが判明した


今年8月1日までに、ウクライナから併合したクリミア(Crimea)半島の港湾都市セバストポリ(Sevastopol)に運ぶ計画だ。


購入を目指すのは3~5歳の雌2頭と雄3頭で、歯が完全で体に傷がない
ことが条件とされる。


イルカは冷戦(Cold War)の最中に、ソ連や米国が潜水艦などの探知の
ほか、港湾や船舶近くの不審物や不審者の発見のために用いた。





スポンサードリンク






kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース