So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2019/01/10 [日本の習慣]


nice!(1)  コメント(0) 

成人式の出席率は首都圏では60%以下? [日本の習慣]

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!




◆成人式の出席率



きものと宝飾社様
http://status-marketing.com/20180328-2876.html
平成30年成人式参加率の主な数字です。



北海道富良野市 72.0%

東京都調布市 54.3%

東京都多摩市 56.8%

千葉県市川市 53.5%

埼玉県さいたま市 76.0%

京都府京都市 50.5%

大阪府堺市 68.6%

岡山県倉敷市 61.2%

愛媛県松山市 73.2%



◆田舎育ちの妻


以前に引っ越を計画していたら息子が『成人式どうするんだ』
と喰って掛かってきたことかありました、
女房も田舎育ちで・・・息子に賛同?

小生の東京では各区で開催しますが・・・どんな人が成人式に行くのか
興味があったものです。それだけ成人式に友人を含めて興味は
ありませんでした。


成人式開催・参加は地方の専売特許なのだろうか?
女房の田舎での成人式出席率はおおよそ80%と言うものでした。


東京の成人式
https://www.youtube.com/watch?v=Gxw_VhZdCGk


青森の成人式
https://www.youtube.com/watch?v=3ALEqTOb7dk






スポンサードリンク






あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!




◆首都圏の成人式出席率は低い


東京では
田舎にいると友人同士の誘いもあり出席率が高めですが、
そういう基盤の無い東京では約半数の方が出席する警告に
あるようですね。記念品目当ての出席もあると思いますが

『晴れの日』でもめた横浜市の出席率は、60%だそうです。
女性が多いので男性に限定したら50%・・・・こんな式で
成人の自覚を持つものだろうか?


変な日本独自の習慣・成人式でした。





スポンサードリンク







初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。
ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。
アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報


kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ヨーロッパの大寒波は気象兵器HAARP による反ユダヤ国への総攻撃? [日本の習慣]

欧州全域が寒波に見舞われている。イタリアの首都ローマでは数年
ぶりの大規模な積雪があり、空の便にも影響が及んだ。


英気象当局によると、「東からの野獣」と呼ばれる寒波の影響で、
欧州の多くの地域に強風が吹き荒れ、気温が大幅に低下した。


イタリア中部のアマトリーチェでは記録的な大雪で9人が死亡。


ヨーロッパや日本で災害が続くとドル高になるのです。
ドル高になると米国に貿易収支は改善するのです。



米国ドル高に向けて年末まで各国で続く異常気象?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2ドル017-10-31-1


 
前回はサウジアラビアの砂漠が緑地帯となるという異変をお伝え
したが、今回はヨーロッパ各地の記録的な寒波と暴風雪の様子で
ある。 


特に厳しい寒波に見舞われているのは東ヨーロッパからバルカン
半島にかけての一帯。 



map.gif



ハンガリーではマイナス28℃を記録、
ブタベストを流れるドナウ川が凍結し船の運航は完全にストップ。 
またブルガリアでは気温が下がり続け、河は凍り、道路は寸断され
数百の集落が孤立。 


寒波はマイナス41℃を記録した北欧三ヶ国やドイツ、ポーランド
から南のギリシャ、イタリア、トルコまで及んでいる。 これらの
国でこれまでに低体温症で亡くなった人の数は既に 100人を越し
ており、ポーランドだけで昨年11月から65人が亡くなっている。
 また、イタリアでは記録的な大雪のため中部と南部で9人が死亡
している。 


なんと言っても気になるのがドイツなどを目指す難民や移民たちの
状況である。 セルビア北部のキャンプ地では今もなお、ハンガリ
ーやクロアチアとの国境で入国を拒否された7000人を超す人々
が避難し続けている。 またギリシャのレスボス島ではトルコ経由
で入国したものの、EUとトルコとの難民協定で動きが取れなくな
っている数千人を超す難民が悲惨な状況で暮らしている。



◆噴火の次は大寒波に見舞われたユーロの基軸國イタリア


反ユダヤの為替政策を実行する財務担当のイタリア・・・このイタリア
で多発している地震・噴火・大寒波・・・。



タリア南部で地震! テロの代わりに地震で恫喝されたイタリア?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-08-22-1


イタリア災害対策は気象兵器と知らずに遅れ気味? 死者17人。
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-11-03-6

だからヨーロッパの災害は続くのです。お出かけの方飛行機の時間
等に注意してください。





cumulonimbus-3202091_960_720.jpg

_100207058_hi045191457.jpg

map.gif


kage


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

トカナ・TOCANAはムーと並んで日本の新常識を広めるオカルトサイト? [日本の習慣]

トカナ・TOCANAはUFO等、欧米では常識となっていますが、日本ではま
だまだオカルトの一種です。


そのオカルト業界の一翼を担うのか『トカナ』で、『ムー』と共に日本の
オカルト界を支えているのですが・・・・。




【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!






61lYbtUgGlL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg



IBJP010851174900_300.jpg



◆トカナの親会社はサイゾー


トカナ・TOCANAは2011年開設のオカルト情報発信サイト。一部の記事は
ニコニコニュースにも配信されており、おもに人類を
滅亡させたり世界を滅亡させたりしている。
また死後の世界やUFO等の情報も得意分野である。


トカナの配信元の株式会社サイゾーは月刊誌『サイゾー』を手掛ける
出版社で、おもに信憑性の怪しいゴシップ情報を得意としている
(褒めてるつもり)。


ニコニコニュースにはTOCANAのほかにビジネスゴシップ情報
ゴシップサイト「Business Journal」も配信している。



サイゾ^ウーマン
https://www.cyzowoman.com/


1999年7の月が過ぎてもいつかはノストラダムスがやらかしてくれる、
と信じるオカルトファンをターゲットにしたサイトである。


UFO・魔術・陰謀論・古代超文明・都市伝説などなんでもござれ。
なお、人気の記事はやはり人類滅亡系のようである


割と情報に不備があることが多く、ぶっちゃけ記事と記者の質は
低い。webタイトルに"(風刺記事)"と入れていることも多く、ガセ
記事掲載について風刺名目の冗談という逃げ道を作っていると思
われる。サイゾーだからね、仕方ないね。



皆でネッシーを楽しむ、その余裕の心でTOCANA を読んだり楽しんだり
してはどうでしょうか?



32492c79287eb1fea374438532215f46.png

neobk-1662861.jpg



トカナ様動画サイト
https://www.youtube.com/watch?v=NhZuqOmMvXI



ムー様動画サイト
https://www.youtube.com/watch?v=qUrSX6kxpmA&t=40s





スポンサードリンク






あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!





◆オカルトサイトでの地震予知は常識


気象庁等では不可能とされている『地震予知』ですが、トカナやムーでは
当たり前のように頻繁に発表されているのですが・・・。


下記はトカナ様に掲載された一例です。


12月に入り、米アラスカ州南部、ニューカレドニア沖……と短期間
のうちにM7規模の地震が相次いでいる。その原因は太平洋プレート
の活動が活発化しているためと考えられるが、過去を紐解くと12月
前後には世界的に大地震が起きやすいことがわかっている。さらに
来年1月には大地震を誘発しかねない「スーパー・ブラッドムーン
」が控えており、世界一の地震大国である日本は今、まさに“い
くら注意してもしすぎることはない”状況だ。


●筆者が見出した「環太平洋対角線の法則」

今月になって連続している大地震だが、実は「リング・オブ・
ファイア(環太平洋火山帯)」という観点から考えると、
興味深い事実が浮かび上がってくる。アラスカとニューカレ
ドニアは、リング・オブ・ファイアのちょうど対角線上に
位置しているのだ。

このように、リング・オブ・ファイアのある地点でM7.0以上の
大地震が起きた場合、その対角線上で大地震が連鎖するケース
は無視できないほど多く、筆者はこの傾向を「環太平洋対角線
の法則」と呼ぶことにしている。



日本列島はすっぽりとリング・オブ・ファイア上に収まるが、
その対角線上に位置するのはチリやペルーとなる。そして事
実、環太平洋対角線の法則に適合する地震は過去に数多く起
きている。例を挙げると、1946年11月10日にペルーで起きた
M 7.3の地震から1カ月半後となる12月21日、昭和南海地震(
M8.0)が発生した。


といって具合ですが、国民は『絶対的中する情報』を望んで
いるのでは無いのです。


読者側も『ネッシー』の要領でトカナ様やムー様の情報を楽しみ
ましょう。





スポンサードリンク







初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。
ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。
アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報


kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース