So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸っ子ワールド! 2018/12/23 [日本の習慣]


nice!(3)  コメント(0) 

地震雲の目撃多発の関東・前兆とすると連休中が危険? [地震]

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!




日本各地で地震が発し、南海トラフ等の大地震が
心配されているのですが、関東・東京・横浜・千葉
で鮮やかな地震雲の目撃情報が相次ぎネット上で
騒がれているのです。


この地震雲が大地震の前兆とすると2ー3以内、即ち
クリスマスの連休中に大地震が発生することとなり、
女性の不機嫌と同様、地震にも警戒が必要なクリスマス
のようです。


地震雲が出てから地震の発生日を予測することが
できることもあります!
ただ、その科学的根拠 ... することが多い。 雨
の前兆でもある雲ともいわれている。
目撃されてから2~3日以内に地震が発生することが多い。 ...




◆関東の賑やかな空に地震雲 (ウェザーニュース様)


冬晴れで日差しの届く関東エリアでは、様々な虹色
現象や飛行機雲が登場しています。


神奈川県横浜市では「馬のような雲に虹色~」と
美しい彩雲。関東や東海エリアの上空には、西日本
に接近する低気圧や前線の影響による薄雲が広がっ
ているため、虹色現象などが見られています。
とはいえ、低気圧や前線の影響は鈍いため、首都圏は午
後も雨の心配はなし。
当らない天気予報ですので・・・・ご注意。


地震雲NEVER様サイト
https://matome.naver.jp/odai/2145394427344439401





スポンサードリンク









関東で目撃された地震雲

31c5d_1615_214d1b4045ff129d80c341326374c5b2.jpg






◆各地で起きている地震


2018年12月21日 13時17分 福島県沖 4.1 2

2018年12月21日 6時04分 胆振地方中東部 3.5

2018年12月21日 2時30分 カムチャ   7.3 ---

2018年12月20日 18時49分 岩手県内陸  3.0

2018年12月20日 18時15分 茨城県南部 3.

2018年12月20日 16時02分 富山県東部 4.2

2018年12月20日 14時19分 西表島付近 4.5


地震予知掲示板様
http://kumobbs.com/











スポンサードリンク







kage

auスマートパス

現金がどんどん貯まるオンラインモール

あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

再逮捕されたゴーン氏の保釈がクリスマス明けと海外メディア? [海外の習慣]

全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!



特別背任なのかか検察の不法逮捕なのか?
日産カルロス・ゴーン氏再逮捕を世界中の海外メディア
が興味を持って報道しているのです。
トランプも逆らえない世界の覇者フランスに真っ向闘い
を挑んでいる黄色人種の日本と言う構図で、世界は
この常軌を逸した日本人を奇異の目っで見ているの
です
また欧米人のクリスマス休暇の意味合いは日本のそれと
ことなり、g-ン氏は乱心寸前の心理状態のようである。。



世界の覇者・植民地主義者のフランスに逆らう
黄色人種・日本と言う構図ですね。
こういう視点での海外メディアに関する報道は全く
ないので・・・本当の世界の目を・・・・。


日産カルロス・ゴーン氏再逮捕の本質とはやや
かけ離れた内容となっているのですが、中には
中国の人権無視と比較している報道機関もある程で,
海外メディアは今回の再逮捕を人権問題の一種と取って
いるようである。 



海外メディアが反応のニュース (朝日様)
https://www.youtube.com/watch?v=1T4cxjYDVUk
https://www.asahi.com/articles/ASLDP3H8HLDPUTIL00G.html





スポンサードリンク








あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!




◆検察が強気な理由


日産カルロス・ゴーン氏再逮捕劇・・・考えられるのが日本を舐めたフランスの横暴に
起こった日本の検察と言う構図です。


① 事前に検察が警告したにも拘わらすゴーン氏は
  それを無視してフランスをたてに戦う姿勢を見せていた。
  ブラジル人は日本に従わなければならないのです。


② 世界に第二次世界大戦のように日本の底力を見せている
  ナショナリズムの異常な高揚も怖いですね。


未だに植民地を多々有するフランスですが、英国も
逆らえない帝国主義者の国なのです。
そんなフランスを敵に回して戦う日本を世界は大変興味深く
観ているのです?


フランスの植民地ーメニメニ情報様
https://www.many-many-info.com/blog/2018/05/13/5867




◆ゴーン再逮捕と身柄拘束手続の仕組み (YAHOO様)


ゴーン氏の身柄拘束の経過

ゴーン氏の身体拘束については、新聞記事で
確認できる限り、以下のような経過を辿って
います。
東京地方検察庁特別捜査部を通称「特捜部」と
いい、特に今回のゴーン氏の件のような重要
事件の捜査、起訴、公判を担います。


11月19日 特捜部が逮捕((1)10~14年虚偽
       記載で)
11月21日 東京地裁が30日までの勾留決定
       
11月30日 東京地裁が特捜部の勾留延長請求を
       認め12月10日まで勾留延長決定

12月10日 特捜部が起訴((1)で)

同    日 特捜部が再逮捕((2)15~17年虚偽
      

12月11日 東京地裁が20日まで勾留決定

12月20日 東京地裁が(2)で特捜部の勾留延
       長請求を却下

12月21日 特捜部が再逮捕((3)特別背任で)



◆刑事訴訟法での身柄拘束の仕組み


刑事手続における身柄の拘束については、起訴前
の「逮捕」「勾留」と、起訴後の「勾留」を分けるのが分かりやすいです。
特捜部は、11月19日、金融商品取引法違反
((1)2010~2014年の分の有価証券報告書の虚偽記載
の罪)の被疑事実(報道では「容疑」などと言います)で
ゴーン氏を逮捕しました。逮捕については「被疑者が
罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」が必要で、
(事件の審理を担当するとは限らない)裁判官がそれ
を認めて特捜部に「逮捕状」を発したときのみできま
す(刑訴法199条)。
ゴーン氏を「逮捕」(身柄拘束)した特捜部は、
「留置の必要」がある場合には、48時間以内に、
裁判官に対して「勾留」(起訴前勾留。これも
身柄拘束。)の請求をしなければなりません
(刑訴法204条)。裁判官が勾留を認めるた
めには以下のいずれかの要件を備える必要があ
ります(刑訴法207条で準用する同法60条)。


マクロン大統領に苛立つトランプがCIAを使って日本の
検察を動かしているとみるべきでしょう。
ネタはCIAから入ってきますので、検察はCIAの指示とおり
に動くだけですね?日本は米国の植民地ですので、しょうが
無いのです。


残念ですが、日本のナショナリズム高揚によるフランス
との闘いではありませんでした。




スポンサードリンク







kage


auスマートパス


現金がどんどん貯まるオンラインモール

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース