So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸っ子ワールド! 2018/10/11 [歴史]


nice!(1)  コメント(0) 

和歌山・名古屋の地震頻発は南海トラフ地震への警告か? [地震]

いつもご訪問ありがとうございます。


名古屋を中心とした地震がありましたが
台風24号の接近に伴い、そのHAARPの電
磁波により台風上陸に伊勢湾で地震が起きる
とオカルト満開の予想をした小生であります
が起きましたね・・・名古屋で・・・まだ来
ますよ。


東海・和歌山でまた地震がありましたが、以前より
小生が南海トラフに震源として注目してる地域です。


最近・・・暗に震源域と公開している政府ですが、やはり
東海・名古屋・和歌山・伊勢湾・三河湾は重要な
キーワードなのです。



1539248100_point.png



2018年10月11日 17時52分ごろ
震源地和歌山県北部
最大震度 3
マグニチュード 3.2
深さ 10km
緯度/経度 北緯34.0度/東経135.2度


震度3 和歌山県  湯浅町 
震度2 和歌山県  有田市  和歌山広川町 



胆振や九州が騒がれている時より南海トラフ地震への
警告を続けてきたのdすが・・・ちょっと気になり
ますね?



最近の名古屋界隈のニュースです。何かと国民に
告げようとしているのでしょうか?







スポンサードリンク







◆和歌山地震の頻発する



クジラの死骸で九州が日向灘を中心に危険な兆候?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08


気象庁が伊勢湾でのスロースリップを発表した裏事情?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08-3






スポンサードリンク








やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/





kage
nice!(2)  コメント(0) 

中田ジャパン3次リーグ進出決定? 古賀・黒須の若手次第??? [スポーツ]

?>」女子バレーボール、ブラジルに惜敗も
3次リーグ進出を決定しました。

3次リーグ進出国は下記ご参照ください。

世界選手権 公式サイト
https://wchs2018.jva.or.jp/





スポンサードリンク








◆中田ジャパンブラジルに負けたが3次りーグ進出決定


バレーボール女子の世界選手権は11日、
各地で2次リーグが行われ、中田久美監
督率いる世界ランキング6位の日本は同
4位のブラジルと対戦。


25―23、25―16、26―28、
21―25、11―15でフルセットの
末、ブラジルに惜敗。


しかし日日本は得失点の関係で1セット
を取った時点で3次リーグ進出を決め
ていたが、後味の悪い結果となった。


日本は全9戦を終えて7勝2敗とし、最
終勝ち点を22で2次リーグ・プールE
を2位通過。14日から日本ガイシホー
ルで始まる3次リーグへと駒を進めた。



◆中田監督のコメント 


「(3次ラウンド進出が決まって)とり
あえずホッとしてます。
さらに厳しい戦いになると思いますけど
も、今シーズン最後の大会なので力を
出し切りたいと思います」



◆3次リーグ進出の6チーム



バレーボール女子の世界選手権は11日、
各地で2次リーグ最終戦が行われ、
3次リーグに進出する6チームが
決定した。


6チームの顔ぶれは以下の通り。

中国(1)

米国(2)

セルビア(3)

日本(6)

イタリア(7)

オランダ(8)

10月14日から日本ガイシホールで
行われる“3次リーグ”は、3チームず
つ「G」と「H」のプールに分けられ、
総当たりのリーグ戦を行う。
各プール上位2チームが準決勝へ。
3位のチームは5―6位決定戦へ
と回る。なお、準決勝2試合の
組み合わせは「G1位―H2位」
「G2位―H1位」となっている。



個人的には黒須選手を応援しています
が、でかい女性ですね?

何とも純粋そうな女性ですね。


mig.jpg









やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/



スポンサードリンク







kage
nice!(1)  コメント(0) 

沖縄の基地を一番嫌がるのは朝鮮戦争で懲りた中国と北朝鮮? [国際情勢]

北朝鮮はソウルを進行して朝鮮半島を抑えたのですが、
沖縄から様子を見ていた米軍が急激居朝鮮に本格参入
し、北朝鮮を押し戻し、今日の故郷となっているので
す。



言い換えると朝鮮も中国も沖縄の米軍基地が
非常に邪魔な存在なのです。


5分でわかる朝鮮戦争
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/4612





◆沖縄の新知事に玉城デニー氏


新しい沖縄県知事に前衆院議員の玉城デニ
ー氏(58)が選ばれた。前回知事選の翁
長雄志氏の得票を上回り、復帰後の知事選
では過去最多得票での勝利である。


出馬表明の遅れや組織体制の不備、相手の
強大な組織力をはねのけての圧勝だ。その
政治的意味は極めて大きい。
大方の予想を覆して玉城氏が勝利を収めた
要因は何か。
一つは、安倍政権と国政与党が前宜野湾市
長の佐喜真淳氏(54)をなりふり構わず
支援したことへの反発である。


米軍基地反対運動の真実を知れっ・・・沖
縄県民の多数意見なのか?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-13-4




◆沖縄の世論は反基地だけでない



百田直樹は、真実でない世論操作をして
いると沖縄タイムスを徹底的に非難しま
したが、若者世代を中心に単なる基地
反対論に苦言を呈する若者も増大して
いるのです。


沖縄の基地問題ですが、翁長知事は、
工事中止に向けた策を考案中であり、
近々、この沖縄側の作戦の全貌が見
えてくることとなります。


県民の総意?として基地建設反対を唱えて
いる翁長知事なのですが、本当に沖縄県民
の総意?なのかというと極めて怪しいとみ
ています。


北朝鮮半島全土を占拠したものの、沖縄発
の米軍(含む国連軍)により38度線まで押
し戻され、敗北した北朝鮮を取り上げ
てみました。この歴史を理解しておか
ないと沖縄の基地問題は語れないのです。




1950年に勃発した朝鮮戦争・・・一時
は北朝鮮が半島全域を占領したものの、マ
ッカーサーを中心氏とした米国・国連軍に
敗れ、国境となっている38度線ほ越えて
沈静化した戦争です。


この時、原爆を朝鮮半島で使用したマ
ッカーサーは勝利したのですが米国で
干されたのです・・・。



沖縄の世論・・・わからないですね・・・琉球王朝の
復活となるような繁栄はくるのでしょうか?

中国・北朝鮮からの寄付金で潤っている
組織hあるのでしょうか?


朝鮮戦争-1.jpg



◆朝鮮戦争で米軍に負けた北朝鮮(wiki)


百田尚樹氏には悪徳新聞を叩き潰して欲しい?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-26-1


1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、
朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境線と化していた38度
線を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争。


両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、
東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国と1949年10月
1日に建国された成立間もない中華人民共和国が交戦勢力と
して参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化
した後に荒廃させた。




◆朝鮮人に汚染されている沖縄の政治家


翁長知事の反米・反基地は異常とも言える程、ヒステ
リックなものとなっていますが、朝鮮戦争でも北朝鮮
は、沖縄駐留米軍の反撃にあって半島制圧に失敗した
のです。沖縄に米軍がいなければ・・・と言う北朝鮮
の思いは、沖縄県民以上のものなのです。

先日も『沖縄屈辱の日』・・・という記念日があること
をはじめて知りましたが・・・この文言と発想は・・・
朝鮮民族の発想だと確信しました。


朝鮮戦争の屈辱的敗北を喫した北朝鮮一派が沖縄を
完全に主導していると確信した次第です。


北朝鮮は、朝鮮半島の制圧を諦めていないのてしょう? 
その積年の目標である半島全域の制圧には、どうしても沖縄
・米軍が邪魔なわけです。



◆イルミナティーによる東西冷戦状態の再現


ギリシャ問題を含めて最近、東西冷戦状態の再現を目指した
動きが各国で観られてきていますが、ベトナム・ドイツの
分断も解消され、残る唯一の分断国は、この朝鮮半島のみ
となり、あの韓国の有様は、北にどうぞ侵略して下さい・
・・とアピールしているようにも思えるのです。


もしかしたら・・・朝鮮戦争で沖縄米軍に敗れた北朝鮮
は、沖縄米軍の移転を待って半島制圧を再度狙っている
ようにも思えるのです。


北朝鮮の指令を受けた翁長知事・・・だとしたら・・・
あの異常且つヒステリックな活動も理解出来るという
ものです。
新知事も『反基地』を掲げて民意を手動するのですが、これで
一番喜んでいるのが、中国と北朝鮮であることも理解すべき
でしょうね。






スポンサードリンク






kage
nice!(0)  コメント(0)