So-net無料ブログ作成

江戸っ子ワールド! 2018/09/04 [歴史]


nice!(2)  コメント(0) 

心筋梗塞にミューズ細胞と言う新たな治療法は国家財政の救世主か? [歴史]

心筋梗塞・脳梗塞に新たな治療方法です。

遅々としての進まない IPS 細胞での治療方法・・・多分、米国の

特許の許可が遅れており・・・治療の開発が遅れているのでしょう。

全てはユダヤの利権の為です


小保方氏のSTAP細胞は潰したのですが、遅れている IPS細胞の治療に

またまた脅威です。

ミューズ細胞と言う新たな治療法により・・・血管の破損部分を直して

しまうそうです。


血管を修復するには『おにぎりのノリ』が大変良いそうですのでおためし

下さい。




小保方晴子氏のSTAP細胞が確認されているのに報道されない理不尽な世界? 
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97655319





スポンサードリンク










◆脳梗塞に対するMuse細胞の臨床試験がスタート (日経メディカル様)


9月3日、三菱ケミカルホールディングス傘下の(株)

生命科学インスティテュートは、静脈投与で梗塞巣の

再生を促すMuse細胞製剤による、脳梗塞患者を対象に

した探索的臨床試験を9月中旬に始めると発表した。

既に同社は急性心筋梗塞患者を対象にした探索的臨床試験

を開始しており、二つ目の適応症の承認取得を目指す。




スポンサードリンク





◆ミューズ細胞 (WIKI様)


ミューズ細は生体に内在する非腫瘍性の多能性幹細胞であり、

ほぼすべての組織の結合組織や骨髄、末梢血に存在している[。

ヒト線維芽細胞やヒト骨髄間葉系細胞、脂肪由来幹細胞などの市販

の間葉系細胞からも単離することができ、自発的に、またはサイトカ

インの誘導により単細胞から体を構成する要素である外胚葉系、中胚葉系、

内胚葉系の細胞に分化することができる。

さらに、この3胚葉性の分化能は自己複製可能である。多能性幹細胞の

関連遺伝子の発現を認めるが、腫瘍性に関連する遺伝子は体細胞

レベルと同等で低く、テロメラーゼ活性も低く抑えられているため、

無限増殖を行わない。従ってミューズ細胞は生体に移植されても

腫瘍形成の危険が極めて低い。ミューズ細胞は2010年に東北大学の

出澤真理教授のグループによってはじめて発見・報告された。

2018年1月には三菱ケミカルホールディングスグループ傘下の

株式会社生命科学インスティテュートが急性心筋梗塞患者を対象

とした探索的臨床試験を開始している。






スポンサードリンク








◆国家財政の急務はは医療費の低減


医療費の国家負担はなんと42兆円・・・国家予算の4割

が社会保障関連費用なのですが・・・ここでも異常の国ですね。

国民ひとりあたりの医療費は33万3,300円となり、前年度か

ら3.8%増加という結果になりました。

こちらも9年連続で増え続け、過去最高額となっています。

日頃、それほど医療費を使っているつもりはないけれど」と思わ

れるかもしれませんが、これは窓口で払っている医療費の

自己負担ではなく、健康保険料も加味した金額です。

また、高齢者は現役世代に比べ、4倍の医療費がかかって

います。

本人は3割負担・・・国が残りの7割をふたんしているわけです。

大手医療機関だけが焼け太り・・・北朝鮮みたいな悪の存在が

医療機関なのです。

医療機関に介護等を全てまるなげの国家がわるいのでしょうね・・・


医療機関・・・大変ですよ・・・。

トイレで排便する人ばかりではないのですから・・・・会話も

旨くで出来ない患者もいるわけです。



年寄りは病院にかかる頻度が増え、なおかつ持病を複数持

っているケースがあり、かかる治療費が増大しているからでしょう。


ひとりあたり医療費を都道府県で見たデータも厚生労働省は用意

しています。かかった医療費の総額は、人口の多い東京都が4兆1,433億円。

続いて、人口の多い大阪府は3兆2,193億円。さらに神奈川県2兆7,186億円と続きます。

なぜ国民の医療費は年々増加しているのでしょうか?

様々な原因が考えられますが、やはり高齢化に伴う医療費の増加が中心

だと思います。高齢者の医療費は若年者よりも高く、75歳以上は2014年の

時点で93.1万円を超えています。



スポンサードリンク







スポンサードリンク








スポンサードリンク



kage
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース