So-net無料ブログ作成

福島の謎の山崩れは巨大人工地震の前兆? [日本の習慣]

◆市街地の県道で原因不明の山崩れ (福島ニュースWEB様)


これもNHK以外の民放は何故か報道しませんが、この民放の
異常振りをみても・・・お分かりですね。


先日の浅間山の噴火も関係しているかもしれないれませんね。




24日夜、福島県いわき市の市街地にある県道で道路脇の山が崩れ、
信号がなぎ倒されるなどして通行止めになっています。当時はまと
まった雨が降っておらず、県などが原因を調べています。

警察によりますと、24日午後11時すぎ、福島県いわき市鹿島町
の県道、通称「鹿島街道」の交差点で「崖が崩れて道路をふさいでい
る」と通行人から通報がありました。
崩れた土砂は、電柱も兼ねていた信号機をなぎ倒して道路をふさぎ、
道路が通行止めとなっているほか、周囲が一時、停電となりました。
けが人はいませんでした。
現場は商業施設が立ち並ぶ片側2車線の幹線道路で、交通量は多いと
いうことですが、車などが土砂に巻き込まれたという情報はないとい
うことです。

現場近くに住む男性は「家にいたら、ドンという大きな音がして見に
来ました。崩を¥れるとは思っていなかったので、とても怖いです」と
話していました。
原因を調査している県によりますと、この山は岩盤の上に厚さ数十
センチの地層が重なっていて、むき出しになった岩盤に数メートル
の亀裂が複数見つかったということです。
このため県は岩盤の一部と、その上の地層が滑り落ちた可能性があ
るとみていて、きのうはまとまった雨が降っていないことなどから、
地質を分析するなど詳しい原因を調べることにしています。
いわき市の観光サイトなどによりますと、崩れた山には、鎌倉時代に
岸壁を彫ってつくったとみられる仏像が4体残されていて、市の文化
財に指定され、道路側には金属製の柵が設けられていました。
県によりますと、通行止めの解除には数日かかる見通しです。





スポンサードリンク








◆岩盤に数メートルの亀裂


岩盤にヒビということは、それなりの振動があったことを意味するのです。
今までは爆音等が有名でしたが、不気味な山崩れです。

近々、大きな地震が危惧されます・・・まだ福島が狙われているようですね。


kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント