So-net無料ブログ作成

大阪地震の次は大雨の九州で起きると予測できる山本・石田理論。 [地震]

いつもお世話様でございます。
最近、列島で地震に関する不穏な動きがアチコチで
発生しているのです。

そんな最中、大阪で人工地震がありました。
あの大阪・京都ですが、次は週末の九州でしょうネ。


日向灘の地震で名古屋・和歌山方面が危険と推察shたのですが、
ちょっと手前の大阪でした。



箱根と言い地震の起きる環境は整っている日本列島なのですが、
ダムの水の枯渇した愛知・名古屋も油断は禁物です。


震源の深さが10kmと言うのも人工地震の・・・。
愛知の枯渇したダムと京都・大阪北部・・・・近いのです。



1558390860_point.png


発生時刻 2019年5月21日 7時17分ごろ
震源地 大阪府北部
最大震度 3
マグニチュード 3.6
深さ 10km




スポンサードリンク









◆次の地震は大雨の九州だろう


水と人工地震の関係を知ると大雨n後に地震が来ることが
わかります。


太平洋沿岸は各地で台風並みの大雨でしたが・・・九州を中心に
大雨の浸透する週末にかけて地震が起きることが予想されます。


特に九州でしょう・・・。

地震は水によっておきるのです。
石田理論はプレートテクスト理論と戦い暗殺された山本理論を
継承しているのです。



人工地震の裏側をを暴露した山本寛氏はガンで抹殺された?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-02-04-2





スポンサードリンク








kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント