So-net無料ブログ作成

白血病は先端医療で治る時代・池江は渡辺謙派か本田美奈子派か? [健康・薬]

水泳の池江選手の白血病発症は衝撃でしたが現代では『不治の病』ではないので、運よく復活して次のオリンピックを目指しt欲しいものです。
知人は東京のK病院で治療を受け・・・・復活しています。一時、抗がん剤でハゲていましたが・・・夏目雅子さんの時代とは違うのです。

白血病と言っての種類があり、それによって治療方や生存率全く変わって来るのです。
生き返った渡辺謙もいれば本田美奈子さんの例もあるのです。

池江さんの白血病の種類と言うことです。


◆白血病とは?


白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

症状は・・・

急性骨髄性白血病の症状は大きく分けて、

正常の血液細胞を造れないための症状
白血病細胞が増えたための症状
とに分かれます。正常な白血球は細菌や異物に対して生体を守る働きがあり、赤血球は体全体へ酸素を運搬します。血小板は出血を止める機能があります。急性骨髄性白血病になると、これらの正常細胞が減少し、以下の症状が出やすくなります。


正常白血球減少による症状:治りにくい感染症(口内炎、肺炎、尿路感染)原因不明の発熱。
赤血球減少(貧血)による症状:顔面蒼白、息切れ、動悸、全身倦怠感など。
血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。
また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。

上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。血液検査が正常でなかった場合、さらに骨髄穿刺という骨髄検査を行います。骨髄穿刺は、胸骨(前胸部中心部の骨)または腸骨(いわゆる腰骨)に針を刺して骨の中心部より骨髄液を採る検査です。検査に先立って、痛み止めとして局所麻酔を行いますので外来でも施行可能です。採取した骨髄穿刺液は白血病細胞があるかどうかを顕微鏡で調べ、また骨髄性白血病かリンパ性白血病かなどを検査します。急性骨髄性白血病の中にも何種類かのタイプがあり治療法も異なる場合がありますが、この骨髄検査でほとんど診断がつきます。これらの結果は検査当日中にはっきりします。急性骨髄性白血病と診断された場合、なるべく早く入院治療をする必要があるため、それ以外の検査は全身の機能をチェックするための検査にとどめて治療に入ります。なお採取した白血病細胞で染色体検査、遺伝子検査や表面マーカーという白血病細胞の特徴をさらにはっきりさせる検査が行われます。

予後(治る可能性)は、急性骨髄性白血病の時期(初発又は再発など)、年齢、全身状態など


2016070200042_1.jpg


◆白血病の先端医療


2018年12月3日、抗悪性腫瘍薬ギルテリチニブフマル酸塩(商品名ゾスパタ錠40mg)が発売された。本薬は、9月21日に製造販売が承認、11月20日に薬価収載されていた。適応は「再発又は難治性のFLT3遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病」、用法用量は「成人に1日1回120mg。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回200mgを超えないこと。また、副作用の発現状況により休薬、減量又は中止する(添付文書を参照)」となっている。


急性骨髄性白血病(AML)は、分化・成熟能が障害された幼若骨髄系細胞のクローナルな自律性増殖を特徴とする、多様性に富む血液腫瘍である。骨髄において白血病細胞が異常に増殖する結果、正常な造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少に伴う様々な症状を呈する。適切な治療がなされない場合には、感染症や出血により致死的となる重篤な疾患である。

(ITD)変異とチロシンキナーゼドメイン(TKD)変異が多く報告されている。

ギルテリニチブは既存の薬剤とは異なる、新しい作用機序を有する薬剤である。ITDやTKD変異といった活性化変異を有するFLT3などのチロシンキナーゼに対する阻害作用を示し、FLT3を介したシグナル伝達を阻害することでFLT3遺伝子変異を有する腫瘍の増殖を抑制する、世界初となるFLT3阻害薬である。初回再発又は難治性のFLT3遺伝子変異陽性のAML患者を対象とした国際共同第3相臨床試験(ADMIRAL試験)では、ギルテリチニブの有効性と安全性が確認された。

日本では、2015年10月に先駆け審査指定制度の対象品目、2018年3月に希少疾病用医薬品に指定されていた。海外では、2018年11月に米国で承認されている。

副作用(臨床検査値異常を含む)が82.7%に認められている。主な副作用はALT(GPT) 増加(27.4%)、AST(GOT) 増加(24.4%)、貧血(17.9%)、発熱性好中球減少症(15.5%)などがある。重大な副作用として骨髄抑制、感染症、出血、QT間隔延長、心膜炎、心不全、心嚢液貯留、肝機能障害、腎障害、消化管穿孔、間質性肺疾患、過敏症、可逆性後白質脳症症候群が報告されている。




スポンサードリンク











スポンサードリンク








治るが東京五輪は?


血液のがん: 成人急性骨髄性白血病
成人急性骨髄性白血病とは

ch1_02.gif



白血病は血液又は骨髄の中に腫瘍細胞(白血病細胞)が出現する病気です。骨髄とは骨の中心部にある血液を造る場所のことです。白血病は一般的に、臨床経過または検査所見により急性白血病と慢性白血病に分類されます。急性白血病は、白血病細胞の種類によりさらに急性骨髄性白血病(急性非リンパ性白血病)と急性リンパ性白血病に大別されます。我が国での急性白血病の発症頻度は人口10万人あたり約6人で、成人では骨髄性白血病が80%以上を占めます。


正常な骨髄では芽球という将来いろいろな血液細胞(白血球・赤血球・血小板)に分化(未熟な細胞が成熟した細胞になること)する細胞を造っています。急性白血病は、白血球に分化する芽球が腫瘍化(がん化)した病気です。急性骨髄性白血病は白血球、特に顆粒球と呼ばれる細胞に分化するはずの芽球ががん化して異常に増えます。骨髄では正常な血液細胞がほとんど造れなくなり、腫瘍化した芽球(白血病細胞)のみで占められるようになります。腫瘍化した芽球はもはや正常白血球に分化することはできません。そのため全身の(末梢)血液でも正常な白血球、赤血球や血小板が減り、白血病細胞が急増します。ふつう、血液には分化した細胞のみが存在するため、白血病細胞は容易に識別できます。血液検査で白血球数が正常又は減少することもありますが、このような場合でも必ず白血病細胞が認められ、骨髄では白血病細胞が充満しているのが普通です。


白血病の原因は未だはっきりしていません。ある種の先天性の免疫不全症や、染色体(遺伝子)異常を伴う先天性疾患でも白血病が発生しやすいといわれています。また放射線・抗がん剤なども白血病を引き起こす可能性があるといわれており、これらの治療を受けた後に発症した白血病を二次性白血病と呼びます。しかし大半の場合は明らかな原因が不明なので、効果的な予防法も明らかではありません。


成人急性骨髄性白血病も他のがんと同じように、早期の全身状態が良好なうちに発見されれば 、完全に治る可能性が高くなります。ただし経過が急激であるため、放置した場合は急速に進行します。化学療法や骨髄移植療法などの治療法は年々進歩していますが、血液専門家のいる病院での治療が必要ですので、白血病が疑われたらなるべく早く専門病院に紹介してもらうことが大切です。


池江さんには根治をして次回のオリンピックに期待したいと思います。





スポンサードリンク










初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。


ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。

アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!


kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント