So-net無料ブログ作成

連休は寒波で11日夜は地震発生を警告するNHKスペシャル? [気象]

寒波で冷え切った日本列島・・・怖いですね?
その冷えた反動で地震発生も考えらえ、特に祭日の
111日の夜は特注です。



そんな不安をあざ笑うように・・・NHKでは奇妙な地
震特番?
番組内容は、東京の大変貌を記録するシリーズ「東京
リボーン」。第2集は、膨張を続ける東京の地下世界を
描く。


shutterstock_204280186-copy-650x401.jpg



初雪による温度差で起きた北海道胆振での震度4の地震?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-11-15



狭い東京は、開発のフロンティアを地下に求めてきた。
その結果、世界でも最も複雑で広大な地下世界が生まれた。なかでも東京駅周辺は、ビルとビルが、駅と駅とが、網の目のよう
につながり、迷宮化している。
NHKでは、誰も全貌をつかんでいない巨大地下迷宮を
最新技術で可視化する。人知れず広がる巨大地下迷
宮の全貌である。



◆寒波と地震の関係を知っているNHK


東京でも大雪が確実のようです。
寒冷渦により北海道を中心に大寒波の様相を呈して決ました。
三連休の外出はは危険レベルのようですので、ご注意下さい。


NHKはブラタモリと言う番具にやスペシャルで国民に
通知しようとする傾向があるのです。


そんな意味で10日のNHKスペシャルも大変興味深いの
です。番組内に堂々と言えない秘密が潜んでいるからです。










自信と共に注意したいのが水道管の凍結です。
家族の為に・・・・どうでしょうか?


◆水道の凍結防止


注意したいのが水道管の凍結による断水・・・トイレも使えなく
なります。
マイナス4℃・・・場所によって異なりますが、この週末は凍結の
準備をした方は賢明でしょう。
家族の為に・・・。

下記にその対処hello応援報告ウを記載いたします。


気温-マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の
破裂が多く発生しますので、天気予報で低温注意報が発
表されたときにはご注意ください。


凍結しやすい場所-水道管がむき出しになっているところ
(給湯器に接続している配管等)
水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ (散水栓、湯沸か
し器の元栓等)北向きにある水まわり (洗面所やトイレの蛇口等)
水道管の凍結を防止する方法


1.保温材の取付け

屋外のむきだしになっている配管や散水栓には保温材の取付
けが効果的です。ただし、古くなり表面のテープ等が損傷す
ると効果が薄れることから、取替えをおすすめします。
凍結防止には凍結防止ヒーターの取付けがより効果があります。
保温材の取付けは、 市内の指定給水装置工事事業者(有料)
で行っていますので、お知り合い、 またはお近くの工事店に
ご相談ください。


2.少量の水を出しておく・水を抜くーこれですよね?


蛇口や水道管が凍らないために、就寝前に鉛筆の芯の太さく
らいの水を出しておく・・・翌朝の為に?




◆北海道で厳しい冷え込み 寒波襲来、氷点下22度/span>



北海道では西高東低の冬型の気圧配置が強まり、極めて
強い寒気が流れ込み、8日未明に置戸町で氷点下22.7度
を記録した。気象庁は日中でも気温が低いとして、屋外
での活動や水道の凍結、農作物の管理に注意するよう呼
び掛けた。


気象庁によると、8日は北海道全域で厳しく冷え込み、札
幌市の中心部で午前8時前に氷点下12.5度を観測した。
同市では「さっぽろ雪まつり」が開催中で、観光客も十分な寒さ対策が必要だ。

また、日本海側では昼ごろを中心に雪を伴った西寄りの
風が強く、海はしける。気象庁は大雪による交通障害や
雪崩、船体着氷にも警戒するよう呼び掛けている。





スポンサードリンク









寒冷渦による大寒波来襲

マイナス36度
WM_H-JPN-IR_20190125-121000.jpg



◆ゴシップ情報




スポンサードリンク










初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。


ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。

アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報

【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!



kage
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント