So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

出国税は国際観光旅客税とも言われ年間500億円の見込み? [日本の習慣]

海外旅行に行く時に税金がとられるようになつたのです。
2019年1月7日よりです。

国も金が無いから定年延長や消費税等大変で今回の国際観光
旅客税もその一環なのです。



◆国際観光旅客税の適用開始


観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図る
ための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅
客税」が創設されました。
「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会
社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せす
日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収
(出国1回につき1,000円)し、これを国に納
付するものです。



国税庁
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/kansetsu/kanko/index.htm




海外旅行に行く時に税金がとられるようになったのです。
平成30年度の税制改正で、新たに『国際観光旅客税』
という税金が創設されて、平成31年1月7日以後は、
出国するたびに1000円の税金が徴収されます。」



海外からの観光客が順調に増えて、国内経済に好影響を
与えているようなので、それを一層推し進めることや、
出入国時のセキュリティ強化に充てるための財源とする
ようです。」


海外旅行に行くのは自由ですし、海外からの観光客増加等
で恩恵を受けるのは海外旅行に行く人だけではありません
から、海外旅行に行く人だけに負担を求めるというのは、
金額が少ないとはいえ納得できない方もいらっしゃる
でしょうね。」


「海外旅行に行く人は必ず払わなくてはいけない税金ですが、
「飛行機でも船でも日本の領空や領海を出る場合に課税され
ることになっていますので、普通に海外旅行に行く方は必ず
負担することになると思います。


それに日本に旅行に来た外国人の方も、出国する際には課税
されることになります。ただ飛行機や船の乗員、入国後24
時間以内に出国する乗継旅客、2歳未満の者、遠洋漁業の
漁船員などは非課税となるようです。また天候等の理由で、
外国に寄港することなく日本に戻ってきてしまった場合など
も課税されません。」


政府専用機などで出国する場合は課税されないと思います
が。」


「徴収と納付は、国際旅客運送事業を営む者による
特別徴収が原則のようです。
つまり、飛行機で海外旅行に行く際は、航空会社が航空券
代に国際観光旅客税を上乗せして徴収し、その後航空会
社が税務署等に納付することになります。」


次はどんな税金が導入されつのか?





kage
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント