So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MEGA地震予測の村井教授が地震の前兆連発の静岡を警告? [日本の習慣]

驚異の的中率91% MEGA地と震予測の村井教授が(夕刊フジ新春特別号)
で危険地帯として『静岡』と『神奈川』を指摘したのです。


関東大震災の震源は神奈川であり、南海トラフ震源の東端と
危惧されているのです。

最近、桜えびの不漁等、静岡の異変は続いていますが、余り注目さてれ
いませんネ。



E383ADE382B7E382A2-f3f7f.png


shindo_s.png



【安心・安全DMMのFX】
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!
 (夕刊フジ様)



◆MEGA予測が静岡と神奈川に警告



熊本で震度6弱…次に危ない「神奈川・静岡」 専門家が警告
「兆候出ている」 年明け早々の3日夜、熊本を直下型の大地震が襲った。


最大震度は6弱(マグニチュード5・1)。死者が出ないのが幸い
だったが、2016年4月に発生した熊本地震(M7・3)が影響
しているとの見方が有力だ。


「これは前震ではないか」。現地では緊張感に包まれるが、熊本以外
でも不穏な動きがある。


南関東・静岡エリアと大阪を含む南海、東南海の南海トラフ関連エリ
ア。専門家は「兆候が出ている」と警告する。


Uターンラッシュの九州・熊本を大きな揺れが直撃した。
同県和水(なごみ)町で震度6弱を観測。九州新幹線は上下2本とも
緊急停車し、上りのつばめ338号に乗車していた約150人は4日
未明まで缶詰め状態となった。


今回の地震について気象庁は熊本地震との関連性を否定するが、地震
学者の間では「影響を受けている」との見方で一致している。


夕刊フジで『警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識』(木曜)を
連載する武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏が次のように解説
する。


「熊本地震の影響が長引いている。16年のこの地震では大きな揺れ
が2回起きた(同年4月14日にM6・5、16日にM7・3)。
このマグニチュード7・3の方は阪神淡路大震災と同規模で、中央構造
線を刺激した。


◆中央構造線は列島を横断


中央構造線は列島を横断する断層で、東の端はどこまで続
いているか分からず、列島全体で地震を起こしやすい状況を
作るきっかけとなった。

阪神淡路大震災の余震が2カ月程度で収まったのに対し、
3年前の(熊本)地震は収まっていないということ。熊本
に限らず大分、鹿児島。さらにより東の方まで地震が続く恐れ
がある」


昨年12月29日発売の夕刊フジ新春特別号でも専門家の分析を基に、
大地震への警戒を呼びかけた。九州では南九州エリアの異変に特化し、
熊本地震の余波を指摘したほか、巨大地震が発生する恐れが高いとして
5つのエリアを取り上げた。


なかでも危険度が高い地域は2つあり、その1つが南関東・静岡エリアだ。

静岡と神奈川が東での危険地帯のようです。
静岡

関東大震災の本当の震源域は烏帽子岩付近の神奈川だった?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-12-04-1


巨大地震の年内発生を警告する鳥取・静岡でのメガマウスの出現騒動?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-11-10-7





スポンサードリンク






あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山!


第二東名を走行する癖をつけることが命を救う? ルートが教える東・南海地震の超危険地域とは?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-01-03-2



◆静岡が危ない


地殻変動を分析し、地震が起きる前の兆候をキャッチする地震
科学探査機構(JESEA)。
新春特別号の記事を監修した同機構によると、東京、千葉、神奈
川、埼玉、静岡、山梨などを含む南関東・静岡エリアで、18年
9月2日から29日まで気になる動きがあったという。


同機構の会長で測量工学の世界的権威、村井俊第二治氏は静岡に注目
しているのです、

第二東名の開通や桜えびの不漁等、静岡の前兆はいろいろ
あるのです。






スポンサードリンク







初回入会から30日間無料お試し!
30日無料のツタヤさん。観る価値有り。
ネットで買い物するならcolleee
世の中、こういう時代なんでしょうね?
ここを経由するだけでポイントが溜まるのです。
アナタにぴったりのおトクが見つかる。【au スマートパス】
KDDIさんのお得情報


kage
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント