So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山一証券の廃業は米国からの指示による財務省と政治家の画策だった? [日本の習慣]

◆山一證券事件 (WIKI様



野村證券、大和證券、日興證券とともに日本の
「旧・四大証券会社」の一角にあったが、不正
会計(損失隠し)事件後の経営破綻で1997年
(平成9年)11月24日に廃業した。



◆管轄する財務省との確執



日産の問題もそうですが・・・民間企業は役人の
国家統制方針に沿って経営をしないと潰されるの
です。



その良い事例が山一証券の廃業なのです。


実は山一証券の経営陣が自主廃業を決意する
過程というのが、いまでも不透明で、「あれ
は橋本政権を潰すための大蔵省の陰謀だった
んじゃないか」という説も根強くあるんですね。


1997年11月14日金曜日の夕方、野澤社長は大蔵
省に出向いて、当時の長野庬士証券局長
に再建策を報告に行っているんですが(略)長野
証券局長は「山一は三洋証券とは規模が違う
だから潰すと言われたのです。





スポンサードリンク









スポンサードリンク









◆付帯事項






証券会社と政治家の癒着は公然の秘密であり
当時の橋本政権と深い関係あった山一が見せしめの
為・・・米国の指示で廃業させられたのです。


橋本政権は田中角栄氏と同様の派閥であり、
清和会系の組織に潰されたのです。


山一の財務状態も何も関係ないのです・・・反米国
金融ユダヤの橋本政権への脅威が巻き起こした経済
戦争なのです。


この問題には触れないNHKでしょうが、山一証券問題
を取り上げること事態に敬意を表したいと思います。



スポンサードリンク







スポンサードリンク







kage

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント