So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松坂慶子を凄い女優に進化させた蒲田行進曲は日本映画の化け物? [日本の習慣]

衝撃を受けた映画のベスト3に入っているのが
松坂慶子の蒲田行進曲である・・・。


大河ドラマでも独断上であり・・・他の俳優が
小さく見えてしまうと言う大女優なのです。


宮沢リエなんていうもんではない位凄い松坂慶子
なのです。日本で一番凄い女優・・・凄いが形容詞
でつく女優はまずいない。


松坂慶子を劇的に変えたのは蒲田行進曲と
いう映画だろう・・・映画界に画期的新風を
巻き起こした映画である。


蒲田行進曲 予告
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/home/


蒲田行進曲 本編
https://www.youtube.com/watch?v=Ys0dO...









◆NHKまんぷくでも凄い部分を隠して好演


NHK朝ドラ『まんぷく』において、お笑い担当で
あり、物語を支える「大黒柱」担当でもある最も
重要な立場にあるといえるヒロインの母・鈴役
の松坂慶子。「私は武士の娘です!」の決めゼ
リフが、場面によって、おかしさ、調子の良さ、
頼もしさなど、様々な役割を果たしている。



◆凄い女優になった松坂慶子


深作欣二監督の女だったそうであるが・・・女優で
ある以上・・・それも肥やしにした松坂松坂慶子氏
だろう。


『蒲田行進曲』は、 川崎豊と曽我直子のデュエ
ットによる日本の歌謡曲。知らなかった・・・。


原曲はプラハ生まれの作曲家ルドルフ・フリムル
の1925年のオペレッタ『放浪の王者』(The Vaga
bond King / Král tuláků)の中の「放浪者の歌」(S
ong of the Vagabonds)で、その旋律に堀内敬三が
歌詞を付けて、松竹映画『親父とその子』(1929
年、監督・五所平之助)の主題歌として発表され
た。


1929年(昭和4年)8月に日本コロムビアからレ
コードが発売されて流行歌となり、松竹キネマ(
現・松竹株式会社)蒲田撮影所の所歌としても採
用された。


映画『蒲田行進曲』(1982年、監督・深作欣二)の
主題歌として使用され、1982年(昭和57年)10月
21日に松坂慶子・風間杜夫・平田満の3人によるカ
バー盤が日本コロムビアからシングルレコードと
して発売された。
JR東日本京浜東北線蒲田駅では発車メロディとし
てこの曲を使用している。その他、火薬田ドンの
登場シーンのラストにおけるBGMにも用いられたりする。替え歌がプロ野球で加藤博一(横浜大洋ホエールズ)の応援歌[注 2]となった。
つかこうへい作・演出の戯曲。および、それを原作とした小説、映画、テレビドラマ作品。




スポンサードリンク







スポンサードリンク







kage
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント