So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソフトバンク上場日が12月19日の意味を金融ユダヤの見地から追う? [日本の習慣]

ソフトバンク上場という大イベントがクリスマス前
と言う海外のお休み期間なのです。
そして12月末日の決算を控えているのです。
どんな思惑でソフトバンク上場が12月19日に行われ
るのでしょうか。


ソフトバンク上場が12月19日には深い意味があります。
金融ユダヤの一員であるソフトバンク孫社長、
12月19日公開と言う日は特注すべきでしょう。


当日、値が付いたら即売れというのが ソフトバンク上場で儲ける為の鉄則です。



◆12月19日までは株は上がるが『即、売れ』


ユダヤ勢力による株価の乱高下を避けたかった孫社長
だと思います。
ここで日本国民にもうけさせないと孫社長の面子
まるつぶれですから・・・。



◆ソフトバンクがIPO!上場初値で儲かるの?


ついにソフトバンク(携帯子会社)が、
12月19日に上場する。想定価格での吸
収金額は2兆6000億円と、日本の歴史上
最大のIPOになる予定だ。過去の例から
言って、これだけ有名な企業が上場する
場合、初値が公募価格より上がる可能性
は十分にある。さて、どうやって当選確
率をあげるか?


ですから上場公開後が一番高い時かもしれ
ないのです。



この上場で有利子負債は原則ゼロとなり
とんでもない利益率の会社に変貌するかも
・・・。




スポンサードリンク









スポンサードリンク









◆孫さんは知っている世界の金融ユダヤの動向


金融ユダヤの人間も『クリスマス休暇』ですが、
12月19日のソフトバンク上場日の売買結果は
12月末の決算に反映出来るのです。

ユダヤは利ザヤの出る上場時に売りをかけ
その利益を決算に織り込むつもりだと確信しています。


そしてクリスマス休暇でユダヤ勢力がいなくなる
日経平均・・・・当然・・・年末に向けて下がるとみて
いる孫社長なのですが・・・。


ですから欲をかかずに上場で値が付いたら 即・売れ・・・・というわけです。


金融ユダやは利益を決算に入れる為、即売りの気配が
します。ご注意下さい。




スポンサードリンク







スポンサードリンク







kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント