So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フランス大統領のマクロンは『古い悪魔』とトランプとユダヤを牽制? [ナチス]

世界中に広がるユダヤ勢力とドイツ・フランスを
中心とした反ユダヤ勢力との闘いは既に始まって
いるのですがおわかりだろうか?


フランスのマクロン大統領はドイツと共にユダヤに
席巻されないユーロを構築したのですが、米国を
席巻しているトランンプとその背後にいるユダヤ
・ネオコンを『古い悪魔』と称して警告を発して
いるのです。これが毅然とした姿ですよね?




スポンサードリンク








世界に広がるナショナリズムを指して『古い悪魔』
と称したのですが、当然米国のトランプ政権を
意識したマクロン大統領の反ユダヤ発言です。


『古い悪魔』は本当は米国や世界を牛耳る
ユダヤ人のグローバリズムに対する警告では
ないのでしょうか?

ユーロの構築は反ユダヤ主義の遂行


フランス・パリの大雪の次は気象兵器でドイツの大洪水?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-02-09-2




ヒトラーの第四帝国であるユーロを反ユダヤの象徴として肯定するヨーロッパ人?https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-03-18-3





スポンサードリンク









スポンサードリンク







◆第一次世界大戦終結から100年の式典


ヨーロッパでは第二次世界大戦よりも
重要視される戦争です。
なぜならこの敗北でドイツは二次大戦にのめりこんだ
ことと、戦争自体がユダヤ人の画策によるものだと
いうことを知っているのがフランスなのです。


第一次世界大戦終結から100年を迎えた、
昨日11月11日。フランス・パリ中心部の
凱旋門で記念式典が開かれ、大戦に関係
した60カ国以上の首脳らが参加した。


ドイツのメルケル首相、アメリカの
トランプ大統領、ロシアのプーチン大統
領、日本からは麻生副総理兼財務大臣が
出席し、マクロン大統領は「愛国心を持つ
こととナショナリズムとは正反対のものだ。
我々は恐れではなく希望を築くべきだ」と
述べ、自国第1主義や排他的な風潮が広がる
現状に警鐘を鳴らし、各国に結束を呼びかけた。
「パトリオティズム(愛国心)とナショナ
リズム(国家主義)は違う」と演説したよう
です。


ヨーロッパでは第二次よりも第一次世界大戦の
方が、重要視されています。特にイギリスやフ
ランスではGreat War(大戦争)とも表記さ
れています。
それだけ大きな意味合いを第一次世界大戦は
持っているのかな、と思います。
第一次世界大戦は、それまでの戦争と明らか
に様相を変えたわけです。最大の特徴は「総力
戦」です。国家存亡をかけて戦争を行いま
した。それまではどちらかと言うと、職業
軍人が中心の局地戦が主でした。しかし、




◆オーストリア皇太子殺害事件はユダヤの仕業が今日の常識


第一次世界大戦に発展してしまったのか
意外と意識されずに忘れがちですが、第一次
世界大戦が発生した理由についてです。
教科書的には「サラエボでユーゴスラビアの
民族主義者がオーストリア皇太子を殺害した
のが原因」とされています。


しかし、なぜそれだけでこんな規模の戦争
になってしまったのでしょうか? 
これは、第一次世界大戦前の世界の、特に
ヨーロッパにおいて、プロイセン(後のド
イツ帝国)のビスマルク首相がいましたよ
ね。教科書などでは「鉄血宰相」と言われ
ていますが、彼は外交の天才で、各国と同盟
を組みました。「戦争を抑止するために集団
的安全保障体制をとろう。例えばA国とB国で
戦力差があれば、必ず戦争が起こる。戦力差
がないように、同盟を組んで戦力を均衡にし
て、牽制しよう」という集団的自衛権、安全
保障の発想です。
そして、その体制があったために、いざ戦争
が起きたら、同盟国同士がどんどんドミノ倒
しみたいに戦争を始めてしまったのです。
だから、これは今日の世界においても、さま
ざまな教訓を含んでいるのでは、と思い
ます。

ユダヤの策に・・・これを『古い古い悪魔』と
呼んでいるのです。










スポンサードリンク







スポンサードリンク







kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント