So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

太陽光発電 の2019年問題・48円の電気の売値は28円になる? [日本の習慣]

一般家庭の太陽光発電で得た電力の売り先は
10年と限定していたのですが、2019年
に【買取終了期間】が訪れるのです。
これ知らないひとが結構多いのです。


太陽光発発電の投資話の落とし穴?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-07-16-3


パネルのメンテナンス不要は嘘
https://www.taiyo-co.jp/74293/


嘘だらけのカタログ
https://ameblo.jp/g-horibata/entry-12291864983.html




Nissan_Energy_Solar-1.jpg







スポンサードリンク







◆売電先変更等の対策は?


48円の売値が28円位に下落するらしいのですが
投資額は変えられず・・・元をとる原価計算が変わ
って
来るわけです。


https://enechange.jp/articles/tag/売電先切り替え


面倒なのは電力会社は個人住宅の電気を購入す
る必要が無くなり・・・各個人は新規の電力売却先
を自分で探す必要があるのです。


売らずに全て自宅で使う為には高価な
『蓄電池』が必要となります。
価格は約200万・・・・。


蓄電池の販売価格
https://www.tainavi.com/library/3983/




◆自分で売電先を探す



やはり詐欺みたいな話でしたね・・・太陽光
パネル業者だけが儲かる仕組みだったわけで、
国家ぐるみで一般国民を騙したことが証明さ
れたわけです。



屋根にパネル・・・設置費用は200万以上・・・皆、
46円で電力会社が買い取るという前提で計算し
ていたが、それすらも怪しくなってきたわけです。




太陽光電力売電の仕組みー落とし穴
https://www.solar-partners.jp/lp-contents-41893.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=BG%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%85%A5%E6%9C%AD





スポンサードリンク









スポンサードリンク








◆太陽光発電の2019年問題が勃発


太陽光発電で作った電気が2019年から売電
できなくなるという問題がクローズアップ
されている。関係者の間では「太陽光発電
の2019年問題」といわれる。


せっかく多額の費用を投じて太陽光発電設備
を導入しても、電力会社に売れないとなると、
大問題である。


対策は下記しかないのです。

① 安くてもあらたな売却先を探す

② 蓄電池を購入し全て自宅で使用

③ 余り電量を無料で電線に放電する


国民みんなで政府方針に協力したのに騙された
ということでしょうね?





スポンサードリンク









スポンサードリンク







kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント