So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ちきゅう号が和歌山沖に謎の探査に出航・掘削方法ライザーシス_テム? [地震]

南海トラフ地震の震源はいろいろ取りざたされて
いましたが、先の防災の日の政府想定の震源域が
和歌山沖としたのだが、本日、ちきゅう号が半
年をかけて和歌山沖の探査に出航したそうで、
震源域は和歌山沖であることが判明した。


名古屋地震が地球号による人工地震の疑念?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-04-15-1



南海トラフ地震に向けていよいよ秒読みに入った
と理解すべきでしょうね?



外国人が主力の地球号の乗組員が操作する
地球号の掘削方法・・・下記動画を参考として
ください。ライザーシステムと言われています。


地球号の掘削方法ライザーシステム
https://www.youtube.com/watch?v=1n-wLHvcKi0





スポンサードリンク








◆「ちきゅう」静岡市・清水港を出港した。(時事コム様)


南海トラフの巨大地震を引き起こすプレート
境界断層を初めて掘削するため、海洋研究

開発機構の探査船「ちきゅう」(約5万7000
トン)が10日午前、静岡市・清水港を出港した。


紀伊半島沖で海底下約5200メートルまで掘削し、
岩石を採取・分析するとともに圧力などを観測。巨大地震の発生メカニズムを詳しく解明し、次の発生時期の予測精度向上
を目指す。


ちきゅうによる紀伊半島沖の南海トラフ掘削は
2007年度に始まり、15地点で多数掘削した長さ
を合計すると約34キロになる。今回の掘削地点
は和歌山県新宮市沖約75キロで、水深1939メー
トル。過去に海底下を3058.5メートルまで掘
削しており、来年3月までにさらに約2200メートル
堀り進め、プレート境界断層に到達する。


海洋機構の倉本真一・地球深部探査センター長
は「紀伊半島沖は巨大地震の発生帯が世界で
一番浅い所にあるが、掘削は非常に難しい。
これまで11年かけて困難に打ち勝つ技術を
開発し、経験を積んだ」と話した。 


ちきゅう号が和歌山沖に謎の探査に出航・掘削
方法ライザーシス_テム?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08-3



スポンサードリンク









◆政府の想定震源域と合致


政府は「防災の日」の1日、南海トラフ地震を
想定した総合防災訓練を実施した。
全閣僚が徒歩で首相官邸に参集し、安倍晋三首
相を本部長とする緊急災害対策本部を設置。宮崎県
庁とテレビ会議でつなぎ被害状況を確認した。

震源は和歌山沖に決定したのですが水爆用の穴を
海底の堀り大地震を起こす311と同様の方式の
ようですね?


311は人工地震と言ってしまった気象庁
https://www.youtube.com/watch?v=OhTwIJp35bc

この方、退職して現在はフリーの評論家です。



スポンサードリンク








やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント