So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハワイのマウナ・ロア火山の活性は日本への警告なのだが? [地震]

日本の火山に多大な影響を及ぼすと言われている
北米プレートにまたまた異変が起きています。
日本列島は北米プレートの東端にあり出来
た島なのです。


ハワイ 次はマウナ・ロアか?世界最大の楯状
火山で地震あいつぐハワイ・マウナ・ロア火山
なのです。



南方でのバヌアツの法則というものがありますが
このハワイも・・・日本と大変関連が深いのです。



ports3-0211-map_l.jpg



111.gif



北米プレート上にあるハワイ・キラウエア火山の噴火には言及しない専門家達?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-06-18-6





スポンサードリンク








◆ハワイ島のマウナ・ロア火山で地震活発化


ハワイ島の「マウナ・ロア火山」では、先月下旬から
火山性地震が相次いでいると米地質調査所(USGS)
が4日明らかにした。このうち、地震の規模が最大を
観測したのは、9月30日に発生したマグニチュード
(M)3.4だという。
 

ハワイ中部に位置するマウナ・ロアは、底面積がハ
ワイ島の半分近くを占める世界最大の楯状(たて
じょう)火山だ。1843年以来、数か月から数十年
の周期で活動を繰り返しており、これまでに33回
の噴火記録がある。最後の噴火は34年前の1984
年だ。


ハワイ火山観測所(HVO)によると、先月下旬か
ら山頂火口と南西斜面のごく浅い地下を震源とす
る火山性地震が断続的に続いており、このうち最
大規模は9月30日のM3.4だという。


この火山性地震に伴う地殻変動は観測されていない
が、マウナ・ロアでは2014年から2017年にかけても
今回と同じエリアを震源とする火山性地震の活動が観
測されており、斜面の隆起を伴っていたことから、地
下のマグマ溜まりにマグマが移動している可能性が高
いとしている。


ハワイ島では、マウナ・ロアから30キロほど東南東に
位置するキラウエア火山で、今年5月から8月にかけて
噴火が相次ぎ、大規模な溶岩流出が続いたばかり。
キラウエアでは現在、火山活動が落ち着いており、
二酸化硫黄の排出量も減少している。





スポンサードリンク







◆日本に大きな影響今日を与える北米プレート



ハワイ方面から日本へ年間5-10センチ移動しているの
ですが、余り興味はなさそうな学者達のようです。


北米プレート上にあるハワイ・キラウエア火山の噴火には言及しない専門家達?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-06-18-6


北米プレートと日本列島
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/KOHO/KOHO/backnumber/14/14-1.html





スポンサードリンク








やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント