So-net無料ブログ作成

バックビルディングは続くと警告する世界気象機関 [歴史]




線状降水帯の次はバックビルディング現象だそ
うです。


長さ50~300キロ、幅20~50キロ程度の線状に
伸びる強い雨域の
ことだ。上空では、新しい積乱雲が次々と発生
し、ビルのように一列に並ぶ、「バックビルデ
ィング現象」が起きていた。



バックビルディング現象
https://bousai-tech.com/saigai/backbuilding/




バック.jpg



mig.jpg



せき乱雲の出来方も解明中だそうで・・・どうして
線状降水帯になるのか未だに不明なのですが







スポンサードリンク










◆地球規模でみる温暖化現象




テムズ川が氷で覆われたのは約100年前・・・
寒暖は周期的
に訪れるものである、地球という歴史は億年と
言う単にで動いているのです。



そこに現代風1・2年の話を持ち込んだらどう
なるか・・・今日のように騒ぎ立てることと
なるのではないでしょうか?


ミニ氷河期が15年後にやってくると英国チ
ームが発表?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-21-4



weathermap00.jpg





スポンサードリンク








◆世界気象機関(WMO)の異常気象は続くという警告




世界気象機関(WMO)は記者会見でアジアや北米で
大型の台風やハリケーンが相次いで発生していること
について「総合的にみれば地球温暖化と関連している
のは明らかだ」と指摘。今後、最大級の台風やハリケ
ーンの襲来が増えるだろうと警告した。


ターラス氏は米東岸に接近しているハリケーン「フロ
ーレンス」に関して「1日で1年分の降水量を記録す
る可能性もある」と分析、被害は避けられないだろ
うとした。


温暖化の影響に関しては、北極などの海氷融解によ
る海水面上昇の結果、大量の湿潤な空気が大気中に
蓄えられ、熱帯低気圧が発生した場合に巨大化する
と考えられると説明。温暖化を放置すれば、今世紀
末までに海面が30~70センチ上昇する予測もあ
るとし、洪水被害が発生しやすくなるとした。





スポンサードリンク








スポンサードリンク




趣味のボート釣りは結構な腕前なので
すが、友人からそのノウハウを公開し
ろっ・・・との要請もあり下記サイト
を作成してみました。興味のある方は
訪ねてみて下さい。

やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント