So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MEGA地震予測の村井教授が言っている『次は千葉』? [地震]

MEGA地震予測の村井教授が『次は千葉』といっているのです。
この先生・・・北海道につても度々警告を出していたので小生
も気には留めていたのです。


北海道地震・・・・専門家はほとんどが予知していたという
衝撃の話なのですが、更に衝撃なのは、その専門家達が次の
危ない地震は『千葉』と指摘しているのです。



北海道大地震の次は千葉 専門家が指摘する「震度7」


専門家達の中にMEGA地震予想の村井教授も含まれていたのです。





スポンサードリンク









◆的中連続の村井教授 MEGA予想 (ポスト様)



村井氏が今回も最警戒としているのが首都圏を含む千葉なのです。

「昨年7月に2週続けて伊豆諸島から伊豆半島、富士山周辺
までの『一斉異常変動』が確認されている。たとえば三宅2
と三宅3で7センチ以上、中伊豆や初島でも、5センチ以上と
なっている。またこの地域を水平方向の動きで見ると、昨
年10月に、東北や茨城付近と異なる動きが見られました。
その中間に位置する首都圏には歪みが大きく溜まっている
と考えられる。警戒を解くことはできません」(村井氏)


千葉と言えばあのベクテル社hが海ほたるに拠点を構え
ているのですが、明石大橋の関西ベクテルと関東ベクテ
ルを中心として日本中に地震が起きていることからも
『次は千葉』発言も説得力のある所ですね?



関東大震災第二弾を狙う組織・『海ほたる』建設にあのベクテル社がいた?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-02-2



大阪地震の次に千葉地震が急浮上? 東京湾にクジラ出没?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-06-20-6







◆北海道大地震の次は千葉 専門家が指摘する「震度7」の予兆 ( 共同通信社様)


6日、北海道胆振地方を震源として発生した震度7
(M6・7)の地震。土砂崩れや家屋倒壊などによ
って、これまでに8人が死亡、行方不明者は26人
にのぼっている。


震度7が国内で観測されたのは、2016年の熊本
地震以来6回目。立命館大学環太平洋文明研究セン
ター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)は、
「今回が本震とは限らない」とした上で、こう警鐘
を鳴らす。


「北海道の地震は、3.11の地震で動かなかった
部分が活動したためだと考えられます。3.11は、
日本列島が乗っかっている北米プレートと太平洋プレ
ートとの間にたまったひずみが東北沖で解放されたこ
とで発生しました。しかし、3.11で動いたエリア
の北側と南側にはひずみがたまったままだったのです。


今回の地震は、その北側のひずみが解放されたことで
発生したとみられます。地震の規模を考えると、まだ
完全にエネルギーは放出されていないので、同じ地域
でもっと大きな地震が起こり得ます」



329b002791616f3ff478d1b3aed963ee.jpg



日本海溝の終点が千葉沖なのでもうが、太平洋プレートの
錯綜する地点でもあるのが千葉なのです。





スポンサードリンク









◆政府資料を鵜のみにしてはいけない


政府の地震調査委員会は、かねてより懸念される南海トラフ
地震について「マグニチュード8以上が30年以内に60~70%
の確率で発生する」とアナウンスを発してきた。


昨年末や最近でも政府は北海道東部・千島海溝沿いにも巨大地
震のリスクを指摘。
「マグニチュード9クラスが起こる可能性は30年以内に7~40
%」と発表し、大新聞の1面を賑わせた。


しかしそのような警鐘は、効果的な注意喚起になり得るか。
いつ起こるかわからない大地震に対し、高いレベルで警戒を
続けるのは非常に難しい。


村井氏の予測は、全国1300か所に設置された国土
地理院の「電子基準点」のGPSデータだ。そのデータをもと
に地表のわずかな動きをキャッチし、地震発生との関連を
分析する。1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、
地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、地表が東西南北の
どの方向に動いているかを表わす「水平方向の動き」の3つを主
に分析し、総合的に予測する。


東日本大震災以降、福島県沖を中心に地震の常襲地帯と
なっている。秋田の鳥海では7.11センチの以上変動も起こ
っており、警戒は依然として必要だ。村井氏は今回、この
警戒ゾーンに茨城北部も含めた。


「茨城北部までゾーン全体に大きな水平方向の動きが確認
されています。また岩手・宮城など太平洋側は隆起傾向に
あり、秋田・山形など日本海側は沈降が進んでいる。
境にある奥羽山脈を中心に歪みが大きくなっています」






スポンサードリンク












スポンサードリンク




趣味のボート釣りは結構な腕前なので
すが、友人からそのノウハウを公開し
ろっ・・・との要請もあり下記サイト
を作成してみました。興味のある方は
訪ねてみて下さい。

やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント