So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山口組第三の顔は銀行マン? 国際金融ユダヤ派の一員? [歴史]



山口組は複数の顔をもっているのですが、TBS等の実態を知らない
若い記者が知ったかぶりで記事を書いているを見ると失望せざる
を得ません・・・酷い記事。
こういうのがニュースを信じう国民を洗脳していりのです。


そしてこういう記者に限って疑獄事件が起きると発生する自殺にも
目をつむり、そのことを避けて報道する輩なのです。


TBSニュース様
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00010005-suntvv-l28






スポンサードリンク








◆山口組の三つの顔


山口組は単なるやくざではありません。
日本は裏社会が全体を牛耳る怖い国で…アジアではタイも同様の
社会基盤があります。他の国は政府自体が怖い存在です。

山口組の仕事ですが、

一つ目が世間で良く言われる『暴力団』の顔です。
在日を主力とした命知らずの『不良』が多くいます。
右翼や暴力団の6割は在日と言われており、その暴力団や
警察も手足を出せない地下組織も日本にはあるのです。


山口組はそんな裏社会の中のエリート集団でもあるのですが、
表に名前を出している以上、余り過激なことは出来ず、しのぎ
の激減で運営は苦しいようです・・・表向きの話。


しかし、第二の顔のおかげで組を閉鎖することには至って
おりません。


第二の顔は、国家・政治家の為の殺人を含めた『裏家業』です。
病院と暴力団の関係・・・こんなの当たり前・・・薬や入院で命を
奪うのですから、早い話が某両断の下請けみたいな病院も多いのです。


疑獄事件での自殺者・・・森友問題でもでましたね・・・廃棄物
業者の社長さん・・・これなんか典型的の第二家業の代表みたいな
ものです。
警察もそういう事件ですので真剣に犯人逮捕なんてしません。
出来ないのです。



国家・政治家の為にはなくてはならない組織・・・・それが
右翼や暴力団なのです。
その代表が山口組であり、壊滅作戦なんて出来ると思いますか?


三つ目がロックフェラーが牛耳る国際金融からの裏情報による
利益確保です。
これもリーマンで大損させられた用ですが・・・現在、回復基調であり
某宗教法人も安堵しているそうです。


暴力団と国家の繋がりを構築したのは岸元首相と児玉氏であり、今更
言うこともないでしょう。



fca74071.jpg




疑獄事件と自殺者ーBLOGOS様より
http://blogos.com/article/213194/



森友問題で第二の自殺者・赤木俊夫さんは抹殺された?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-03-09-3






スポンサードリンク










◆暴力団と国家の関係構築いた人物


A級戦犯でありながら巣鴨刑務所から無傷で出所した岸元首相と
児玉先生により暴力団や右翼との関係は構築されたのです。
当然ユダヤからの圧力であることは間違いなく、ロックフェラー
からの金融情報に基ずき・・・経済やくざなる言葉もうまれた
のです。



岸信介・A級戦犯が作った米国の植民地国家・日本?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01-2


山口組・田岡一雄組長は伝説の『任侠』の人?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-05-10-3


今でも日本にやくざがいなかったら日本の繁華街は全て
中国人に乗っ取られているでしょう。


昔は各街に『テキヤの親分』がおり、外部からの侵入者を排除したり
警察に通報したりして日本人街の治安を守っていたのです。


所が最近は冒頭のような若い無知な記者が増え、事件だけ
で暴力団を究明しているのです。



山口組のような暴力団を肯定するわけでは無いのですが、
暴力以外の面で社会に貢献している部分もあり、小生は必要悪の範囲で
あれば某両断を肯定します。

昔、ある親分が言っていました・・・・『本当に汚い奴は政治家』だとラ切り
やくざには神器などがありますが・・・・政治家はいざとなったら全て
を裏切り保身に走るそうです。



暴力団がいなくなったら警察が全て国民の面倒を見てくれるのか
と言えば\\\
それは自信をもってNOといえます。








スポンサードリンク








スポンサードリンク




趣味のボート釣りは結構な腕前なので
すが、友人からそのノウハウを公開し
ろっ・・・との要請もあり下記サイト
を作成してみました。興味のある方は
訪ねてみて下さい。

やまカンのアジ釣り学校
https://boattsuri.blog.so-net.ne.jp/




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント