So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お盆休みに霊が来る日程? 霊の向い入れ方? [歴史]






【今回の記事要点】

故人を向かい入れる予定は下記のように

なります。


8月13日「迎え火」

8月14日・15日「お墓参り」

8月16日「送り火」

お盆休みで実家の田舎に帰っている方も多いと

古代人の風習がそのまま現代に残った故人への

思い入れ・・・やはり何かあるから残った風習でしょうね?

このお盆と言う風習は、英国の北欧民族である

ケルト人が五穀豊穣と死者へ礼を尽くした祭りであり、

中国圏を経て『お盆』となり日本に伝わった祭り

です。

この時期にのみ、故人はこの世に戻れるのです。

我々は故人に『いたずらしないでネ』

と言う意味を込めて祈らなければなりません。

お盆休みはただ孫を親に見せるためだけのもの

では無いのです。

冬至はハロウィンの変形? 我々運気を変えるのチャンスの日?
https://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-12-21-1



スポンサードリンク






◆故人の迎え方



【8月13日「迎え火】

お盆が始まる13日には「おがら」という麻の茎を

折り重ね、火で燃やします。

この火から出た煙に乗って、ご先祖様がこの世に

戻ってくると言われています。煙によって道に

迷うことなく自宅へ来ることができるので、

この煙はいわば「みちしるべ」のような役割を

しています。



【8月14日・15日「お墓参り】


主にこの期間、多くの方は家族揃ってお墓参り

に出かけます。そこでご先祖様の供養のために、

お墓をきれいに掃除してお花を供え、線香や水

を上げます。

そして家族や親戚同士で集まって、ご飯を食べて

時間を過ごします。皆が思い思いに故人に思いを

馳せる大切な期間です。


【8月16日「送り火】


お盆最終日。この日でご先祖様と再びお別れをします。

初日の迎え火同様、おがらに火を灯してその煙によって

無事にあの世に帰っていきます。


京都では、大文字や鳥居形で有名な「五山送り火」が毎年この

季節になると行われます。夏の夜空に浮かび上がる炎が、京都

の夏の風物詩となっています。



(スポンサードリンク)






スポンサードリンク










◆お盆の原型はケルト人のハロウィン



1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味

し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてく

ると信じられていた。

中国人はこれに中国の季節感を取り入れ、季節は多少ずれている。

時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から

身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚い

ていた。これがハロウィンの原型。


「ハロウィン」の語源は、カトリック教会で11月

1日に祝われる「諸聖人の日」(古くは「万聖節」

とも)の前晩にあたることから、諸聖人の日の英語

での旧称"All Hallows"のeve(前夜)、"Hallows eve

"が訛って、"Halloween"と呼ばれるようになったと

されている。





スポンサードリンク









(スポンサードリンク)






kage

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント