So-net無料ブログ作成

豪雨災害の死者は200人超・最大の原因は「バックビルディング現象」? [気象]

◆「バックビルディング現象」各地で多発が判明



西日本豪雨の原因を線状降水帯の上を行くバックビルディング

現象と言う新語に責任転換をすると決めた政府・気象庁のよう

です。

同じ場所で積乱雲が次々と発生する“バックビルディング

現象”により、過去観測史上最大の300ミリ近い猛烈な雨が降った。




◆気象兵器は常識


★311は自然界の地震で無い地震と発表した問題の気象庁会見
https://www.youtube.com/watch?v=OhTwIJp35bc


◆浜田政務官が人工地震は『世界の常識』と発言
https://www.youtube.com/watch?v=_D5oMLFDyXE


気象兵器は世界の常識
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-06-1








スポンサードリンク











◆危険地帯の人間に電話で警告


防災無線も雨の音で聞えないかもしれませんが、情報伝達の

有効手段であることは間違いありません。


今回も危険地帯の予測は出来た筈であり・・・住民も役場も安易に

構えていたことが大災害最大の原因でしょう。

家も財産も流されるなら死んだ方がましかもしれませんが、役場の

責任は増すばかり。


特に線状降水帯のような気象兵器は常識となっているのですが

その認知度はあまだまだ低いのです。


テレビCM放送中!【のむシリカ】




スポンサードリンク











◆西日本を襲った豪雨


西日本を襲った豪雨による犠牲者は、10日午前11時現在で

134人、そして依然60人の安否が不明となっている。

避難所では、物資の供給や猛暑の中での体調管理など、

課題も浮き彫りになってきた。

土石流の被害が大きかった広島県の矢野東地区。
砂防ダムから、今も水が流れ出ている。
山が、まだ多くの水を含んでいることがわかる。

そして、現在も警視庁の2人が山の監視を続けて

いる。

矢野東地区では、2人が亡くなり、7人が安否不明

となっている。

土石流の下流には、警視庁の警察犬2頭が投入された。

この土石流の下流に、安否不明者がいる可能性が高い

とみている。

そして、一方の安芸郡熊野町では、娘と孫を亡くした

男性が、線香と花を手向けにやって来た。
思い出のアルバムを持って帰ったという。

広島県では、55人が亡くなり、48人が依然安否

不明となっている。

一刻も早い救助が求められる。


市町村の役人達の考え方を変えないと全く意味のない

防災対策となります。

『あの人避難しない』・・・差別の地域ですから・・・では

いみないですよね?

役人の意識を変えることが最重要課題です・・・そう思いませんか?









スポンサードリンク







kage
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント