So-net無料ブログ作成

世界経済戦争勃発? 中小企業の1/3は倒産の危機迫る? [日本の習慣]



スポンサードリンク












◆NY株式:NYダウは424ドル安、中国による報復


23日の米国株式相場は下落。ダウ平均は424.69ドル安

の23533.20、ナスダックは174.01ポイント安の6992.67

で取引を終了した。朝方は買い戻しの動きが広がったも

のの、トランプ政権による制裁関税策や世界貿易機関(WTO)

への提訴に対する報復として、中国が米国産の豚肉や果物

などに追加関税を課す計画を発表したことで貿易摩擦への懸念が

強まり、もみ合う展開となった。その後、トランプ大統領が拒

権発動を示唆していた歳出法案に署名し上昇する場面もあった

が、中国による米国債購入の減額検討や、ロシアの報復措置の

報道を受け、引けにかけては下げ幅を拡大する展開となった。

セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置

や銀行の下落が目立った。

半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)は、3-5月の売上見通し

が予想に届かず下落。製薬のファイザー(PFE)は、売却を検討

しているコンシューマー・ヘルスケア部門の買い手が見つから

ず軟調推移。







スポンサードリンク









◆NY為替:ドル・円は一時104円66銭



貿易戦争やタカ派米政権への警戒感

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円29銭まで

上昇後、104円66銭まで反落し104円80銭で引けた。予想を

上回った米国の2月耐久財受注速報値に加え、トランプ大統

領が包括的歳出法案に署名したため政府機関閉鎖の警戒感

が後退しいったんドル売りやリスク回避の動きが和らぐ局面

もあったが、貿易戦争やタカ派米政権への不安がくすぶり

ドル売り・円買いが続いた。ユーロ・ドルは、1.2323ドル

から1.2373ドルまで上昇し1.2357ドルで引けた。ユーロ・

円は、129円98銭へ上昇後、129円37銭へ反落。ポンド・

ドルは、1.4119ドルから1.4172ドルまで上昇した。ドル・

スイスは、0.9495フランから0.9455フランまで下落した。




◆NAFTAも危ない


104円・・・大打撃のはずの日本企業なのだが・・・。




NAFAT撤廃で大規模な不景気が日本を襲うのだが?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-08-19



◆報道が制限されているNAFTA撤廃関連ニュース


NAFTA(北米自由貿易協定)と言う特恵関税の域内で事業を展開して
いる多くの日系自動車部品産業。


トランプ大統領はこの北米『NAFTAは失敗だった』としてこれを

撤廃する動きを見せたのですが、日本からの再考依頼も・・・こ

こにきてNAFTA撤廃の動きが急加速してきているのです。


この一大事を何故か日本のマスコミは大きく取り上げようとして
いないのです。


NAFAT撤廃になると今まで関税無しでメキシコやカナダから米国

のトヨタ工場に輸出していたものに20-30%の税金が掛けら

れることなるのです。


当然、日経企業にとっては大打撃です。業績悪化は火を見るより

明らか? 自動車産業の裾野は広くその他業界に飛び火すること

も十分考慮しないといけませんね?





スポンサードリンク








kage


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント