So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

魔界との戦いには川崎大師様の力を・・・。 [日本の習慣]



スポンサードリンク








◆川崎大師様との出会い


小生全く宗教じみた人生を送ってきたわけではありませんが、

義理の母の暮らす四国・・・そこには民衆の生活に密着した宗教


・宗教家・・・弘法大師様が存在していたのです。


更に弘法大師様が構築された八十八箇所のお遍路様にも意図的に


古代史の秘密が隠されているのです。


剣山』に付いても弘法大師=空海さんは意図的にその存在を

隠したといわれれているのです。何があるのでしょうか?

空海さんは教えを民衆に広めると同時に『厄払い等の呪文』にも独特の

宇宙感を持った方だったのです。




スポンサードリンク












◆自身で出来る厄除けビデオ

光明真言を唱えてみよう
https://www.youtube.com/watch?v=Vre68Y4yjkE


この空海さんの教えを実践しておりました・・・新興宗教に入らず

に一人で空海さんの呪文を唱えていたのです。

このインド語を日本語に無理やり返還した呪文でありどうしてもうまく発音

できずに頓挫したのでした。


これは、光明真言といいます。


真言とは、真実なる言葉。仏さまの聖なる言葉ということです。


呪文のように聞こえるのは、古代インドで使われていた言語を

そのまま用いているからです。

そして、その一文字一文字には、仏さまの沢山の教えが含まれて

おり、お唱えすれば心の迷いが解けて、智慧をいただくことが出

来るのです。

真言は、決して他の言語に訳せるものではなく、そのままの発音でお唱え

するのが習わしです。仏さまのお言葉をその響きのままに至心にお唱えする

ことが大事なのです。


川崎大師では諸堂の御本尊さまの近くに、それぞれのご真言を掲出して

おります。お参りの際には、お手をお合わせになり、ゆっくりで良いので

ご真言を至心にお唱えしお参りされますようおすすめ致します。




◆厄除け・護摩祈祷


http://www.kawasakidaishi.com/sp/profit.html





スポンサードリンク








◆魔界の存在



世の中、俗界と魔戒があるのですが、俗界に生きる我々は時々、この


魔戒の力を排除しないといけないのですあが・・・我々は魔戒と直接

戦うことは難しく、そんなときに川崎大師様のような仏様の力を

魔界とは悪魔の世界のこと。仏教においては「仏界の反対概念」であり、

「欲界の上四天」のことを指す場合もある。

一休宗純は「仏界易入 魔界難入(仏界入り易く、魔界入り難し)」という書

を遺しており、川端康成がこの言葉を好んでいた。川端は1950年(昭和25年)

に発表した小説『舞姫』の作中において初めて一休の書に触れ、「魔界」と

いうものを作品主題にした。

比喩としては、怨霊や妖怪、呪術などにまつわる伝説が残されている

土地を魔界と表現する場合がある。


京都や東京については、そうした側面を紹介する書籍の

タイトルに「魔界」を用いたものが複数発表されている。



kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント