So-net無料ブログ作成

チバニアンの凄さは77万年前のポールシフトの痕跡が残っている? [日本の習慣]



スポンサードリンク









◆地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名 (産経新聞)



千葉に案.jpg




地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」

(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、関係者

への取材で分かった。

この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し、命名

を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを一次審査で破っ

た。

週内にも発表する。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が
付く快挙となる。


この年代の境界となる約77万年前は、地球の磁気が南北で逆転

する現象が最後に起きたことで知られる。イタリアの地層はこ

の現象を示すデータが不十分だったのに対し、千葉県の地層は

明瞭に確認できることが評価されたとみられる。地質年代は、

その年代の境界が最もよく分かる地層が世界の基準地として


千葉県養老渓谷の地層が認定されたのです。






スポンサードリンク









◆何か凄いか?(NHK様)


調査が行われたのは、千葉県市原市の養老川沿いにある

およそ77万年前の地層で、国立極地研究所や茨城大学

などのグループが岩石の採取を行いました。


養老渓谷の上総丘陵は300万年前、それまで深海にあった

海底谷から泥砂が東に運ばれて「海底扇状地」が形成され、

その後、250万年から40万年前にかけて砂・泥が堆積して

出来上がりました。


なので、養老渓谷の地層にもタービタイトと呼ばれる深海

の堆積層が見られ、この地層には天然ガスやヨード(海草に

多く含まれ、甲状腺の被曝予防や傷薬に使われるアレです)

を含んだ化石海水が抽出されます。




スポンサードリンク










◆チバニアンはラテン語


地球の「N極」と「S極」が逆になっていることが明確に

読み取れ地球の歴史の一時代にラテン語で「千葉時代」を

意味する「チバニアン」と名付けられることになり、研究

グループでは28日の調査結果をことし秋ごろまでにまと

めて、国際学会に申請することにしています。



◆世界の地質学者が注目する理由は


千葉県市原市の地層に世界の地質学者が注目する理由は大

きく2つあります。


1つは時代と時代の境目が非常に分かりやすく見えていること

です。地球の歴史のなかで、地球の磁場、つまりN極とS極が

ひっくり返り、今の状態になったのが、およそ77万年前と

されています。


この地層では、ちょうどその時期に起きた火山の大噴火による

火山灰が降り積もっているため、時代と時代の境目が分かり

やすく見えています。


もう1つの理由は、千葉県市原市の地層を分析した結果、

地球の磁場が逆転した時期をこれまで以上に詳しく特定できた

ことが挙げられます。世界の地質学者の間では、磁場が最後に

ひっくり返ったのは、これまでおよそ78万年前とされてい

ました。



N極とS極の逆転は、地球の歴史の中でたびたび起きていて、

これまでの研究では少なくとも360万年前から現在までに 11回起きたと考えられています。その最後の逆転が千葉県 市原市の地層が示す、およそ77万年前と考えられています。


kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント