So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カルロス・ゴーン氏のユダヤ系ルノー・日産が世界販売台数首位奪取! [国際情勢]



スポンサードリンク







◆世界販売、ルノー・日産が首位=トヨタ過去最高も3位―17年上期 (時事通信様)



トヨタ自動車は28日、2017年上半期(1~6月)の世界販売台数について、グループのダイハツ工業と日野自動車を含め、前年同期比2.7%増の512万9000台だったと発表した。上半期では過去最高。これにより、独フォルクスワーゲン(VW)の515万5600台を上回る526万8079台を販売した日産自動車と仏ルノーの連合が初の首位となった。トヨタは3位。


ルノー・日産は、燃費不正を起こした三菱自動車を16年に傘下に収め、世界首位を狙う陣容を整えた。


16年はVWが年間首位でトヨタは2位、3位が米ゼネラル・モーターズ(GM)。ルノー・日産は4位だった。


トヨタの17年上半期は、北米は振るわなかったが、国内や欧州、アジアで販売が伸びた。ダイハツなどを除くトヨタ単独でも2.4%増の462万2000台と過去最高を更新した。


国内販売は10.2%増。昨年末に発売した小型SUV(スポーツ用多目的車)「C―HR」や新型ハイブリッド車(HV)「プリウス」が好調だった。海外は0.8%増と2年ぶりのプラス。主力の北米はプリウスなど乗用車が落ち込んで2年連続で前年を下回ったが、HVが好調な欧州や中国が全体を押し上げた。


ダイハツは国内販売が回復し、世界全体でも5.8%増加。日野自動車も4.3%増だった。 





スポンサードリンク








◆事故被害続出のトヨタ


タカタの倒産で一番被害を被ったのはトヨタなのですが、熊本地震や関連会社の火災・爆発事故・・・その隙に日産・ルノーが首位を奪還したとも取れるのです。





スポンサードリンク









◆カルロス・ゴーン氏の動きは以前から怪しかった


小生は以前よりユダヤ系自動車会社の停滞打破にカルロス・ゴーン氏が動いていると指摘・推察してきましたが・・・。


やはり・・・やりましたね・・・17年上期の実績とは言っても堂々の首位奪取なのです。


これからもトヨタを中心とした日本の自動車産業は重い宿命を負って生きて行かなければならないのです。


日産カルロス・ゴーン氏の退任は世界への謎のサイン発信?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-23


トヨタ車体の火事はユダヤが世界規模で画策されている事故?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-03-20-1


真実は日産のカルロス・ゴーン氏が仕掛けた三菱自動車買収劇?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-13-1


トヨタでまた生産停止・関連子会社で爆発事故の背景とユダヤがトヨタ叩く真相?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-31-5



kage


思い出は永遠・・・とミックさん。
いろいろおもい出させてくれますよっ?

@ミック-Thinking
http://atmick.blog.so-net.ne.jp/

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました