So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プーチン大統領は人工地震工作の痕跡が消えるまで日本には到着しない? [地震]



スポンサードリンク








案の定、プーチン訪日の日に東京・千葉で軽微な地震がおきました。


千葉.jpg



◆プーチン大統領、到着3時間以上遅れは人工地震の起きる時間を知っているから (毎日新聞様)



米ソ間では気象・人工地震兵器禁止協定があるとい時代なのに日本人の意識は?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-27-2



安倍晋三首相は15日午後、地元の山口県長門市の温泉旅館で、ロシアのプーチン大統領と会談する。プーチン氏は同日午後、特別機で山口県入りするが、日本政府関係者によると、到着が予定より約3時間以上遅れる見通しという。



◆人工地震工作の潜水艦の動きを察知するイルカは検知機として使用するロシア

時間にルーズなお国柄い゛はあるものの、これだけ有効関係にある日本訪問に際して遅れ・・・これは普通じゃないですよね。


米ソ間では、人工地震を含めた気象兵器使用禁止条約まで結んでいる関係ですが、この兵器によりロシアを攻撃している痕跡はプーチン大統領も掴んでいるのです。


その証が人工地震工作に必要不可欠な潜水艦の動向を察知する必要がありますが、その最高の精度を有するのが、機械では無く「イルカ」なのです。


潜水艦のソナー音の周波数に敏感に反応出きるのが、イルカとグジラというわけですが、これを察知し、方向感覚を失い、海岸に打ち上げられる場合が多々あります。


ロシアは、この人工地震の作業工程を熟知していることから・・・メシア各港には、訓練されたイルカが配備?それているのです。米国の潜水艦の侵入を察知する為でする為です。




イルカ部隊をプーチン直属にしたロシア? 人工地震テロへの警戒用!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-03-10




スポンサードリンク








◆山口・鳥取・九州方面もモニターしているロシアプーチン大統領


世界規模のインテリジェンスというものは・・・常に動いているのです。


訪問予定の山口の上空での電磁波等の異状は当然、ロシア政府によって監視されており、その危険度によっては、プーチン大統領の到着は更に遅れる可能性もあるのです。



大気の状況などが正常になり、人工地震の脅威が消えた後、悠々と日本に到着する可能性もあります。



これがロシアのインテリジェンス能力なのです・






スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました