So-net無料ブログ作成

出光とシェルが対等合併発表の背景? TPPで原油が自由化される! [国際情勢]

出光と昭和シェル対等合併 16年10月以降に新会社発足と発表しました。


 出光興産と昭和シェル石油は12日、対等合併することを決めたと発表した。2016年10月~17年4月をめどに統合会社を発足させる。両社は7月に経営統合する方針を発表しているが、具体的な統合の枠組みを示したのは今回が初めて。

 両社合算の連結売上高は約8兆円となり、首位のJXホールディングスに近づく。エコカーの普及などで石油元売りの経営環境は厳しく、規模の拡大で経営効率化を加速させる。

 取締役会の人数は両社同数とする。出光、昭和シェルはそれぞれのブランドを一定期間使用する。将来はガソリンスタンドに新ブランドを投入することを検討する。












世界のオイルメジャーと戦ってきた出光興産・・・戦後は、米国メジャーの軍門に下った日系石油企業の中にあって唯一日本人による独立系を維持してきた出光興産が、国内大手の石油メジャーの軍門に下った筈の『昭和シェル石油』の筆頭株主・・・画期的というか信じられない程の衝撃のニュースなのです。






シェル石油と言うのはメジャーの一つであり、正式名称は、ロイヤル・ダッチ・シェルとなるのですが、ロイヤル=英国、ダッチ=オランダの意味であり、言い換えると英国王室を支える為の石油会社と言えるのです。シェルは貝で、7つの海を指している堂々の石油メジャーです。

そんな会社が反メジャーの急先鋒として戦ってきた出光興産との合併・・・裏がありそうですよね。

【気骨ある日本人・出光佐三氏】 http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-18-1


背景には、TPP問題もあり、政府の官僚が画策したことは間違いないのですが・・・TPPにより日本市場での原油売買が自由化されるということが背景にあるようです。

【TPPでジェネリックも買えなくなる】 http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-10-1


◆出光、昭和シェルの筆頭株主に=石油業界の再編加速(時事様)

石油元売り大手の出光興産が、英・オランダ系の石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルから、昭和シェル石油の株式の約3割を取得する方針を決めたことが30日、明らかになった。出光は昭和シェルの筆頭株主となる。国内の石油市場は縮小が続いており、再編で生き残りを目指す動きが加速する。 

出光佐三.jpeg


◆TPPと石油

TPPが成立した場合、米国の石油会社は原油を日本へ輸出できるようになります。

これはいままでアメリカ国内でだぶついていた原油に新しい市場が出現することを意味します。(現在の法律では原油の輸出は禁止です。ただし精製し付加価値をつければOKです。またNAFTAのような貿易協定締結国には例外的に輸出できます。TPPが成立すると、当然、TPP加盟国への禁輸は解かれます。)


◆利益率の高い原油が国内で自由化される

暫く前に金融についても通産省の指導で合併が進み・・・三井と住友、東京と三菱・・・等という具合に合併し、金融の自由化に向けて対応をとりました。

それと同様の企業の集約化により、日本の石油産業を守る・・・それが政府の狙いです。

インドネシアやイラン等は産油国でありますが、石油生成機能を持たせてもらえなかった為、カルテックス等欧米系の企業から産油国でもあるにも関らず、彼らから高いガソリンを買わされていたのです。(インドネシアのスハルト政権崩壊のキッカケはこのガソリン価格の高騰でした。)

日本も同様の危機にありましたが、出光佐三氏等の策により、欧米系に全てを牛耳られることは避けられたのです。
官僚の中にも真剣に日本を考えている方もおり、出光佐三氏はそういう日本人官僚にも支えられて今日の出光興産があるわけです。


◆相当厳しい戦いが待ち受けている

このような状況からするとTPPの結果はもう発表されていませんが、見えてきますね。

石油の原油は自由化・・・それに近い関税で・・・シェールガス等の影響もあり、米国てばだぶつき気味の安い原油がどんどん入ってくることとなるのです。

極端に言うと・・・日本の石油会社・・・原油を運ぶタンカーはもう要らなくなるのです。

そして日系と米系による価格戦争が開始されますが、農産物と同様・・・国民・産業界は安い原油を当初は間違いなく享受出来ることとなります。


◆1000億がユダヤに流仕組み

市場の変貌に合わせた業界再編は置いといて・・・先日もユダヤの日経新聞がフィナンシャルタイムスを買収し、株主のユダヤに1000億が流れるという話をしましたが、今回の出光の一件でも・・・やはり1000億がユダヤに流れます。

金融ユダヤは、中国叩きの為に膨大な資金が必要なわけですね。

資金の調達先・・・表向きだけの日本の株主・・・実権は全て従来通りのユダヤ・・・という構図もありえます。











kage
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました