So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世田谷一家殺人事件の真相と北朝鮮への送金業務を担当していた? [国際情勢]



スポンサードリンク








最近、北朝鮮が拉致問題以外にも日本国内でいろいろ破壊工作を行っ
ていると観られる事件が発生しています。


世田谷.jpg



【JR連続放火犯人は北のスパイ?】 ベンシャミンも隣人逮捕でピックリ
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05-2


【公安は北朝鮮の工作活動を野放し】 拉致事件も解決しない真相
http://blog.so-net.ne.jp/_pages/user/auth/article/index?blog_name=kagefumi811&id=86661232

世田谷一家殺人事件と北朝鮮の関りも余り報道されませんが、殺害され
た宮沢さん・・・仕事の一つにパチンコ屋の広告等を行って・・・・。
パチンコ屋が北朝鮮の資金源として北と繋がっていると言うことを知ってい
る皆様という前提で書いています。



https://www.youtube.com/watch?v=TyzSwz52Sbk
月刊タイムス 2015/01/02



真実を言うと殺されるそうですので、軽っく・・・触れることとします。

上記ビデオ内に登場する大杉元刑事によると

犯行が深夜であるにも関らず新聞発達の青年にしつこく聞き取りを行って
いた警察の初動操作がどうも不審・・・新聞発達は、普通、早朝と夕方で
あり、深夜なのに何故?
この新聞配達員は、その後、北区の販売店へ移動。(候補者12人の写
真を見せている。)


侵入口も2Fの風呂場窓口・・・まず不可能・・・正面玄関から堂々と入出
した・・・即ち、顔見知りの犯行説を避ける為の偽装捜査の匂いがする。


靴は韓国で販売されている一般的なものであり、日本国内では販売され
ていない。遺留品が多すぎて捜査を混乱させるというプロの技a?


ここからが最大のポイントなのですが、
宮沢幹夫氏は・・・パチンコ関係の仕事を行っていたそうで、実際は、北
朝鮮への資金送金の一旦を担っていた模様なのです。全く報道されま
せんが・・・・。


仕事上のトラブルなのか不明ではあるものの・・・当時、宮沢氏は、北朝
鮮への送金を停止していたと言う事実が判明しています。





スポンサードリンク









◆当時の朝鮮銀行の破綻騒動

世田谷事件のまえから朝鮮銀行の破綻が相次ぎ・・・宮沢さん達が北へ
の送金業務を遂行ししる上で何か支障が起きたのか? それとも何がしか
の宮沢氏への報酬支払が停止していたのか不明であるものの・・・本事件に
朝鮮銀行の破綻が一枚噛んでいることが浮き彫りにされてきているのです。


1997年5月14日 - 朝銀大阪信用組合が破綻
1997年11月27日 - 朝銀兵庫信用を存続組合とし、朝銀京都信用組合、
朝銀滋賀信用組合、朝銀奈良信用組合、朝銀和歌山信用組合が対等合
併1998年5月11日 - 朝銀大阪信用組合の事業を朝銀近畿信用組合に譲渡
1999年5月12日 - 朝銀長野信用組合が破綻
1999年5月13日 - 朝銀千葉信用組合、朝銀東京信用組合、朝銀新潟信用
組合が破綻
1999年5月14日 - 朝銀青森信用組合、朝銀宮城信用組合、朝銀広島信用
組合、朝銀山口信用組合、朝銀福岡信用、朝銀長崎信用、朝銀福井信用、
朝銀愛知信用が破綻


犯行後、警察犬が追跡を行った所、S学の事務所前でプッツリと消息が立ち
消えたというのである。(朝鮮総連)の事務所は無い?



◆国松長官差劇事件


この事件でも北のプロ説が浮上していましたが、現職警察官も関与していた
という話もあり、オウム説も含めて闇の中へ・・・。ここでもハングルがキーとして
現れてくるのです。

オウムの問題でも警視庁権力より強力な『公安』が出てきて捜査を・犯人逮
捕を阻害したというような話があり、どうも『公安』が一部勢力の側についてい
るようなのです。


1995年(平成7年)3月30日午前8時31分頃、國松孝次警察庁長官が出勤
のため東京都荒川区南千住の自宅マンションを出たところ、付近で待ち伏せ
ていた男が拳銃[† 1]を4回発砲。國松はそのうち3発[† 2]を腹部などに受け、
全治1年6ヵ月の瀕死の重傷を負った。男は自転車で逃走し、現場からは、朝
鮮人民軍のバッジ[† 3]や大韓民国の10ウォン硬貨が見つかったという。

狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話がかかる。電話の声は、國松に続く次
のターゲットとして、井上幸彦警視総監や大森義夫内閣情報調査室長らの
名前を挙げて、教団への捜査を止めるように脅迫した。10日前の3月20日に
地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられて8日前の3月
22日に、オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。

國松は手術中に心臓が3度も止まり危篤状態にまで陥ったが、2ヵ月半後に
は公務へ復帰した。

銃を発砲した犯人は黒っぽいレインコートに白いマスクをし、黒っぽい帽子を
被っていたとされている。



◆迷宮入りの大きな事件の背後に警察権力と公安


悲しいかな警察官も殺人・窃盗を行う時代ですから・・・。

こういう事件を見てくると日本の国家権力に深く入り込んでいる宗教法人と
北朝鮮という構図が消そうとしても見えてきてしまうのです。

最近の警察官の不祥事・・・公安の世ゆすりかも知れませんね。
どうなつているのでしょうか? 日本・・・?



kage
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました