So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

橋下氏の鬼の逆襲! 新党立上げ・大阪都構想を再度打ち上げ? [日本の習慣]

やっぱり橋下さんは凄い・・・大阪都構想を再度実現に向けて国政を意識した新党を立ち上げると発表しました。凄い・・・。

米国子飼いの橋下氏でしてが、一度は政界引退を公言していたものの・・・安倍首相からの強い要請もあり・・・急転直下・・・この人・・・将来の総理候補・・・と認知されているのでしょうね・・・ロックフェラー様から・・・。

ちょっとわかりにくいが・・・維新の党が現在の党で松野代表・・・橋下・松井氏の現存するのが大阪維新・・・と言うことで、以前合流した松野氏らとは縁を切り・・・大阪維新の会で再出発するという意志表示なのであります。

大阪都.jpg

【橋下代表の思惑通りの離党】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27-2

【仕掛ける維新の会分裂】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-16-4




スポンサードリンク








◆概要(時事通信様)

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は28日夜、大阪府枚方市内で開いた同会の会合で「大阪維新の会で国政政党をやる。年内には道筋を付けたい」と述べ、新党を結成する構想を明らかにした。

これを受け、維新の党所属で橋下氏に近い複数の衆院議員は29日、新党に参加する考えを表明。維新の分裂は不可避の情勢となった。

出席者によると、橋下氏は会合で「大阪維新を国政化すれば、全国に候補を出すことができる」と指摘。「次の衆院選では、維新の党の比例代表で選ばれた人はもう当選させない。今度は大阪維新というブランドでしっかりした野党をつくる」と述べた。

さらに、10月1日に告示される維新の代表選には「候補を出さない」と語り、同党とは完全にたもとを分かつ考えを鮮明にした。

これを受け、橋下氏に近い衆院議員は29日、自身を含む維新の大阪系議員十数人の動向について、取材に対し「当然、全員ついていく」と明言。別の複数の衆院議員も「維新の党は仮の姿の暫定政党だった。いよいよ本物の政党をつくる」などと語り、新党に移る考えを示した。

維新の最高顧問を務めた橋下氏は27日、「国政政党から離れ、大阪の地方政治に軸足を移す」として同党を離党した。離党に当たり、11月22日投開票の大阪府・市ダブル選挙に集中すると説明、維新幹部には「即、党を割るなどせず、安全保障関連法案審議に集中してほしい」と伝えていた。

しかし、28日の会合ではダブル選について「何とか勝たないといけない」とした上で、新たな国政政党を旗揚げする理由に関し「大阪都構想をもう一度実現する。東京と大阪の2極にするためには政治力を持たないと駄目だ」と語った。9月27日の通常国会閉幕後にも新党に向けた動きが活発化する可能性がある。 



スポンサードリンク







◆政治家を止めさせてくれなかった


大阪都構想というものは、道州制を開始する際の基準となる政策であり、今後の日本を管理・監督しようとしていた米国から見ると必須の基盤構築だったわけです。

橋下氏の人気と実力で行けると呼んでいたのですが、思わぬ邪魔が入り、まさかの敗北・・・これには、米国側もビックリ・・・人工地震で大阪を崩壊させることも考えたものの、後々、自分達が管理する大阪であり、崩壊をやめ・・・橋下氏に再登場頂く・・・という方針に変更したの゛す。勿論、安倍首相は大賛成。

我々国民は、透明且つ生活レベルが向上すれば良いわけであり、必ずしも米国の治世に意義は唱えるつもりはありません。

日本の政治家・・・朝鮮系議員が増えてきており非常に危険な状態・・・オリンピックを観ても新国立にしても利権かせ絡んで・・・もうドロドロ。

都知事は、韓国風に・・・ロゴまで韓国人デザイナーによる盗作騒ぎ・・・これが現行政権の実態で日本人への移管の前のワンクッションとして米国系に韓国系を一掃してもらうのも手かなぁ?と思っています・・・。

そんな意味でもやや右翼系の橋下さん・・・危険ではありますが、この位、ズバッ・・・と言って対策を取らないと立ち戻れない所まで追い込まれている純粋日本勢力です。

【大阪都構想の実態は?】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-04-07

生まれ変わった橋下氏が鬼の形相で本格的に逆襲を開始しますよ・・・怖い。

kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました