So-net無料ブログ作成
検索選択

911テロのねつ造の裏組織は日本で気象兵器を使っている? [国際情勢]



スポンサードリンク









地震や台風で良く『揃い日』だから・・・より注意という表現を使いますが・・・揃い日に起きた911について裏組織の存在を意識して頂きたいと思っているのです。





◆揃い日の起きた911は捏造 (日本人の日本人の覚醒様)


いろいろ怪しい点はあるのですが・・・小生が一番疑問と言うかねつ造を決定的にしている事象がビルの崩壊です。


ビルの構造的には旅客機のジェット燃料ではビルの鋼材は溶解しないのです。言い換えれば、旅客機以外の力が働きビルを崩壊させたのです。


水爆を使ったという説もありますが・・・現場に突入した消防士達に被爆症状が多発し、がん患者が多発していることがそれを裏付けていることは明白なのです。






スポンサードリンク















◆ジェット燃料では解けないびるの鋼材 (Wikipediaより)


ジェット燃料(ジェットねんりょう、英: Jet fuel)は、航空機用のジェットエンジンのための燃料である。JIS規格においては航空タービン燃料油と呼称する。


ジェット燃料は天然の原油を精製して得られる成分を主体に構成し、市販されている灯油やガソリンに幾分近い性質を備える。原油由来の炭化水素であるパラフィン属やナフテン属が中心となり、これに芳香属やオレフィン族が加わり、さらに水、金属成分、硫黄成分などの不純物を混入する。その他に添加剤を加えてジェット燃料を構成する。

ジェット燃料は「ケロシン系」と「ワイドカット系」に大別される。原油からの常圧蒸留の過程で得られる留分の内、ケロシン系はほぼ灯油留分から作られるのに対して、ワイドカット系は灯油留分に加えて、さらに軽くガソリンの元ともなる重質ナフサ留分と軽質ナフサ留分が含まれる。

ケロシン系の燃料で一般的なものは JET A-1 (別名: AVTUR、aviation turbine fuel) と軍用規格のJP-8である。市販されている灯油とほぼ同じような主成分を持つが、要求される環境条件や添加剤や不純物に関する規格が民間用の灯油に比べて厳しく、市販のガソリンよりも高価格である。

ワイドカット系の燃料でよく用いられるものは JET B である。これは軍用規格のJP-4と同一である。JET Bは 比重が軽く、低温・高空での着火性が良いことが特徴で、極低温地域において使用される。


JET A-1
引火点 37.8 ℃ (100 °F)
自己発火温度 210 ℃ (410 °F)
析出点 −50 ℃ (−58 °F)
Open air burning temperatures 260 – 315 ℃ (500 – 599 °F)
Maximum burning temperature 980 ℃ (1796 °F)
密度 at 15 ℃ (60 °F) 0.775 – 0.840 kg/L

Maximum burning temperatureとは、ジェット燃料が燃焼しているときの最高の燃焼温度のことである。上では 980 ℃になっている。ちなみに、WTCの鋼鉄の融点は1,550℃である。



火災で崩壊したビルは今までに存在しない
・鋼鉄の解ける温度と、火災温度の関係。
鋼鉄が解けるのは1,500度以上。火災の温度は通常1,000度程度。
・ジェット燃料ケロシンは灯油の一種。
・ケロシンでは(鋼鉄を溶かすほどの)高温にはならない。ケロシンは、酸素を十分供給しても、摂氏982度が最高。
・WTC南棟は(航空機突入後わずか)56分で崩壊している。WTC北棟は(航空機突入後わずか)1時間42分後に崩壊している。
・1988年ロス銀行火災は3時間半、2004年ベネズエラのビル火災では17時間、2005年マドリッドのウインザータワーは20時間燃焼し続けたが崩壊していない。
・鉄骨のビルは焼けても鉄の骨組みは残る。



◆旅客機突入前からビルに現れた白煙


下記ヒ映像でも確認できると思うが・・・突入まえから見える『白煙』は何だったのでしょうか?

9.11 ミステリー2 911事件の謎
https://www.youtube.com/watch?v=KEc5t-m-8_c&NR=1


事件の際、タワーの写真等から、飛行機の突入とは無関係に思われる白い煙が多数確認された。


その写真の一部では、タワー崩壊前に地面のすぐ上で白い煙が動いている事が判る。
何故1階の辺りで煙が出ているのか?


更に、崩壊中の映像を観てみると、まだ崩れていない下の階から白い煙が噴き出しているのが観える。
白い煙がランダムにあちこちから噴き出しているのが判る。


すると、その謎を解く一人の物理学者が現れた。
当時、ブリガム・ヤング大学の教授であったスティーブン・ジョーンズである。
彼は、テレビのインタビューでこう答えた。
「ビルの地下にあった溶けた金属についてですが、火災は鋼鉄を溶かすほど高温ではありませんでした。


ならば、この溶けた金属は何だったのでしょう?
これは高温を発する テルミット の様な爆薬を使用した証拠です。」
テルミットとは、主にアメリカ軍が使用する爆薬で、酸化鉄とアルミニウムの化合物である。
点火すると瞬時に2千500度C近い(!)高温となり、その科学反応で溶けた鉄を精製する。
当時タワーの崩落現場で作業していた消防士達は、こう証言している。


「溶けたスチール(鉄)が流れていたよ。鋳物工場か溶岩みたいに。」
また、当時の映像には、南タワーの81階から流れ落ちる、溶けた金属の様な物体が映っている。
更に、現場に残っていた鋼鉄の柱にも、溶けた金属の様な物が付着している。
だが、何度も確認した様に、火災だけでは鋼鉄が溶ける温度にはならない。


しかし、その時、何らかの爆発物が使われていたらと仮定すれば、
鉄が溶けていた事も、崩落中のビルから出ていた白い煙も、全て説明がつくと云うのである。
では、もし、爆発物が仕掛けられていて、一体誰が何の為に、そんな恐ろしい事を行ったのか?


その組織が世界を牛耳る裏組織なのです。




スポンサードリンク








◆爆発音に関する証言もある



当時現場に居た人の多くは、爆発音を聞いていた。
「銃を撃つ様なバン!バン!バン!バン!という音がした。その後、3回目の大爆発があった。」


そして、中で救助活動をしていた消防士達からの無線内容。
「7階から8階で爆発があったと言っている。2度目の爆発があって、大勢がホコリまみれになっている。」


更に、NBCのリポーターのパッド・ドーソンも、
「どちらかのビルでまた爆発があったそうです。防火本部長によると、ビルに爆発物が仕掛けられていたとの事です。」


こんなにも多くの人達が、聞き間違いをする事などありえるのだろうか?
そして更に、爆発物の存在を匂わせる映像があった。



kage


思い出は永遠・・・とミックさん。
いろいろおもい出させてくれますよっ?

@ミック-Thinking
http://atmick.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

新着 江戸っ子かわら版 ニュースの裏事情は? 2017/08/08 [国際情勢]


nice!(0)  コメント(0) 

『日本ファーストの会』は『党』になると小池氏が国政に殴り込み宣言? [日本の習慣]



スポンサードリンク










◆都民ファーストの会は国民ファーストの会へ飛躍(朝日新聞デジタル様 )




小池氏の『都民ファーストの会』は前回の都議会選挙圧倒的指示を受け、自民党もその驚愕の伸長に驚愕させられたのですが、下記、投稿にもあるように小池氏は自民党の憶測とは裏腹に『国民ファースト』の会を立ち上げ国政参加の具体的動きを開始したのです。



安倍改造内閣の失策は小池百合子総理誕生の第一歩?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-08-03-2



小池百合子・東京都知事に近い若狭勝衆院議員が国政新党の結党を視野に、政治団体「日本ファーストの会」を設立したことが分かった。9月には政治塾を開講し、小池氏を講師に招く。


若狭氏は小池氏が率いる地域政党「都民ファーストの会」と連携した新党の結党を検討しており、今後の動向次第では政界再編につながる可能性がある。



若狭氏によると、政治団体を7月中旬に設立し、若狭氏が代表に就任した。小池氏は役職に就いていないという。9月16日に政治塾「輝照(きしょう)塾」を開講し、初回には小池氏を講師に招く予定。7日午後に記者会見し、詳細を公表する。






スポンサードリンク










◆国民ファーストの会は政界再編のうねりとなるか?



日本人は主張するのが下手な民族であり・・・都民ファーストの会のような市民中心の活動の拡散は難しいと思われていたのですが・・・都議会選挙での圧勝はその『うねり』が本物であることを示してているのです。


都民ファーストは7月の都議選で自民党と対決し、安倍政権への批判の高まりを追い風に圧勝。


小池氏や、小池氏と連携する勢力が国政にどう関与していくかは、政界の今後を左右する可能性があるとして注目されてきた。小池氏は自らの国政進出については「国政にはノータッチ」などとして否定し続ける一方、若狭氏との協力関係は継続し、若狭氏の国政の場での動きを見守る考えを示している。若狭氏は都議選直後から、小池氏と連携した国政新党の立ち上げを模索してきた。


政治塾を巡っては、小池氏も都知事就任後の昨年秋に開講し、都民ファーストの都議選候補の多くを選んだ経緯がある。若狭氏も今後の国政選挙をにらみ、政治塾を通じて候補者を確保する狙いがあるとみられる。




◆日本版本格的な緑の党




日本でも緑の党というのは三宅洋平氏等のようなマイナーな流れとして存在はしていたものの、小池氏の参入により表向きは『国民ファースト』と言う名でも大きなうねりとして緑の党の流れと合流することが想定されます・・・源流は『緑の党』だとう言えるのではないでしょうか。


小池氏の都民ファーストの会での色も『緑』でしたよね。






スポンサードリンク









◆世界的な流れに乗っている『緑の党』


ここで注目しなければならないのが小池氏の活動の根底にあるのは世界的な政治活動となっている『緑の党』を意識したものになっているということなのです。



緑の党とは1970年代から世界各国で台頭してきた、エコロジー、反原発、反核、軍縮、反戦、人種差別撤廃、脱物質主義、多文化主義、消費者保護、参加型民主主義(草の根民主主義も参照)、フェミニズム、社会的弱者の人権などをテーマにした「新しい社会運動」の流れで結成が進んだ政治勢力。


出身者の多くが市民運動家や環境保護に関心の高い市民であった。  ここに、さらに社会民主党、共産党、中央党などの既成政党から当選した政治家が離党して新党としての『緑の党」に合流した。  このほか、左派系労働運動や民主化運動の活動家が加わっている。



「緑の党」の歴史は、1972年3月に同年のオーストラリア・タスマニア州選挙に向けて結成された自然保護政治運動グループであるUnited Tasmania Groupに端を発する。(なお、同グループは同選挙において、3.9%の得票をおさめ、1議席を確保した。同グループはその後、オーストラリア緑の党に発展的に解消され、連邦、州、地方議会に多数のメンバーを送り出している。)また、ヨーロッパでは1980年の旧西ドイツにおける「緑の党」(直訳では「緑の人々」)結成(政治的組織化の動きは1970年代後半から)であり、その後フィンランド、ベルギー、オランダ、フランスなど欧州各地で次々と結成されていった。


緑の党は、環境保護だけでなく平和外交・人権・産業構造・教育・社会保障・労働・食料など幅広い政策をもつオールラウンドな政党であり、平和で持続可能で社会正義のある新しいエコロジー社会を目指す。営利企業の自由を最優先する新自由主義的改革(およびそのグローバル化)、国民国家、ナショナリズム、軍事・治安国家化には批判的である。こうした政治理念を緑の政治という。



現在ではアメリカやアジアを含む多くの国々に緑の党が存在するが、最も強い政治基盤を確立しているのはヨーロッパにおいてである。


政権参加の最初のケースは1995年のフィンランド緑の同盟であり、最も長期のケースはドイツ緑の党の社会民主党との連立政権(1998年-2005年)である。
他方で、アメリカなどの選挙制度が小選挙区制の国では、緑の党は国政レベルにほとんど影響力をもてないでいる。そのためこれらの国の緑の党は、選挙制度の民主化に焦点を当てている。なおアメリカにおいてもカリフォルニア州など市町村議会のレベルでは議席を確保している。



また環境問題やグローバル経済、南北問題などに対応するため、グリーン勢力は国際連帯にも熱心である。2001年4月16日にオーストラリアのキャンベラで、緑の党の国際組織であるグローバルグリーンズ(Global Greens,「緑の地球同盟」)が結成された。ここでは、「グローバルグリーン憲章」が採択され、その後世界の緑の党の指針となっている。 「グローバルグリーン憲章」では、 諸原則(理念)として、エコロジーの知識、社会的公正、参加民主主義、非暴力、持続可能性、多様性の尊重の6つを掲げる。また、政治的行動(政策・行動)として、 1.民主主義 2.公正さ 3.気候変動とエネルギー 4.生物多様性 5.持続可能性の諸原則にもとづく経済的グローバリゼーションの抑制 6.人権 7.食糧と水 8.持続可能な計画 9.平和と安全保障 10.グローバルに行動することの行動指針を掲げている。また2004年には、欧州連合規模の欧州緑の党 (European Green Party)、および北欧グリーンレフト同盟 (Nordic Green Left Alliance) が結成されるなど、世界の各地域で緑の党のネットワークが存在する。



なお、環境主義政党を表す「緑の党」の組織名称は「緑の党(Green Party)」と「グリーンズ(Greens)」という二通りのパターンがあるが、これは、緑の党の活動が必ずしも政党だけのものでなく、市民運動をも含んでいるからである。アメリカ緑の党は「Green Party of the United States」と「Green Party」のみを表記しているが、グリーンズ/緑の党アメリカ合衆国は「Greens/Green Party USA」と両方の名称を党名に併記している。また、日本の「緑の党」も「緑の党グリーンズジャパン」としており併記型である。


この流れ・・・自民党も民進党も吹っ飛ばす勢いのある流れなのです・・・。


kage


思い出は永遠・・・とミックさん。
いろいろおもい出させてくれますよっ?

@ミック-Thinking
http://atmick.blog.so-net.ne.jp/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース