So-net無料ブログ作成

新着 江戸っ子かわら版 ニュースの裏事情は? 2017/03/24 [国際情勢]


WBC・米国の初優勝はジム・リーランド監督と小久保監督の差? [スポーツ]

WBC・初Vで野球母国の面目躍如、米名将「素晴らしきアメリカを取り戻したかった」と米国の名将ジム・リーランド監督は語った。



WBC初優勝を遂げた米国ですが当初より危惧されていた・・・小久保監督のわずかな采配の差がこんな結果になったのでしょう。




ノムさん、やっぱり侍JAPANの小久保監督が嫌いだった?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08-4




侍シャパン・小久保監督の選手交代は最悪とノムさんがバッサリ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-03-04-5






スポンサードリンク











◆決勝でプエルトリコに圧勝



決勝でプエルトリコに圧勝、「ワールドシリーズ制覇とは別の素晴らしさがある」


第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が22日(日本時間23日)にドジャースタジアムで行われ、米国が8-0でプエルトリコに快勝。


準決勝で侍ジャパンを破って初の決勝進出を果たした野球の母国が、悲願の世界一に輝いた。


先発のマーカス・ストローマン投手(ブルージェイズ)が6回まで無安打に抑えるなど、7回途中1安打無失点の快投。救援陣も無失点リレーを見せ、打線も8得点を奪う完勝だった。



4大会目にして初の世界に輝き、野球の母国の面目躍如。マーリンズでワールドシリーズ制覇も経験している名将ジム・リーランド監督は試合後に「(優勝は)とてもスペシャルな瞬間だった。ワールドシリーズ制覇とは別の素晴らしさがある。我々が勝者になれたことが本当に嬉しい。素晴らしきアメリカを再び取り戻したかった」と喜びを噛み締めた。





スポンサードリンク












◆米国優勝への道


1次ラウンドでドミニカ共和国に逆転負けを喫したが、2次ラウンドでリベンジして準決勝進出。2次ラウンドで敗れたプエルトリコにも決勝で快勝した。準決勝では過去2回優勝の日本との熱戦を2-1で制し、初の決勝進出を果たしていた。


準決勝の後には、苦しめられた侍ジャパンの野球、投手陣について「本当に感銘を受けた」と素直に称えていた指揮官。決勝ではストローマンの快投、打線の爆発と投打が噛み合い、7戦全勝だったプエルトリコに快勝。野球の母国がついに世界一の称号を手にした。



接戦になればなるほど・・・些細な采配か勝敗を左右することは・・・皆おなじですね・・・特に勝負事は・・・。





スポンサードリンク







kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フランス・ルペンの台頭は? ヨーロッパ人のDNAは保守の血? [国際情勢]

フランスの極右政党党首のルヘン代表が何かと話題になっており、トランプ大統領の登場もあり今回の大統領選挙てせ優位に戦いを繰り広げているようですが、ヨーロッパ人という民族は、過激な変革を好まない民族であり、DNAに長く刻まれた保守の血はルペンを大統領にはしないだろう?





スポンサードリンク









◆選挙戦でもイスラム・ユーロ帰属批判を展開するルペン党首




選挙戦でイスラム民族の受け入れは同時にテロリストも受け入れていると強烈に従来政策を批判しているルペン党首なのです。


これは多くのヨーロッパ人が同じ考えを持っている事実であり、その面での国民からの賛同は得られるものでしょう。


下記でもユーロ圏の混乱を目指すマスコミは難民受け入れを是とした報道を強烈に流し続けていたものの、ユダヤ組織の画策であることを知っているヨーロッパ人はそのニュースを冷静にみていたものです。



ルペン.png




シリア難民・西側報道に騙される日本人・アサド大統領、テロリストへの支援を止めよhttp://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-16-4




スポンサードリンク









◆オランダでも極右は伸ばすも・・・?



15日に行われたオランダの下院選挙・・・注目の極右・自由党は議席を伸ばすものの、ルッテ首相率いる政府与党が議会第一党を維持する見込みです。



極右・自由党がどこまで票を伸ばすのかと注目されましたが、思ったほど伸びず、政府与党に大きく水をあけられる結果となりそうです。



選挙戦でルッテ首相は、「自由党と連立を組むことはない」と明言していて、自由党は野党のままという情勢です。



移民排斥を訴える自由党は、ヨーロッパで相次いだテロ事件や難民の流入を受け、一時は議会第一党に届く勢いすら見せていましたが、投票日が近付くにつれ、徐々に支持率が低下、そのまま盛り返すことができなかったとみられます。


オランダに続いて来月にはフランスの大統領選挙が予定されていますが、ルペン党首の極右・国民戦線の選挙戦にも少なからず影響が出そうです。(16日07:28)




スポンサードリンク









◆伝統と格式を重んじる民族の集合体がユーロ圏民族の特徴

世界的風潮は完全に極右のルペン党首優位なのですが、多くの専門家・マスコミは、ヨーロッパ人気質を軽視している傾向があり、ルペンの躍進は限界があると見ています。



ヨーロッパ人の根本はキリスト教文化・精神論であり、何百年も続く教会の足教えや建物の保持・修復方法等に民族の本質の片鱗が見えるのです。


ワイン製造等もその典型であり、糖分量等・・・日本のように科学すればいくらでも良いものは作れますが、ヨーロッパ人は『伝統』に拘っているのです。



この気質は政治にも言えるのですが、この辺はニュースで専門家は指摘しせんね?


ヨヘロッパでの選挙わ理解するには国民気質・・・これは重要な拘りなのです。


ナポレオンしか自慢するものが無いフランス大統領選挙はいろいろな意味で良いお勉強の機会となるでしょう。


フランス国民戦線・ルペン党首の支持率上昇一途はオランド大統領の再選を断念させた?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-02-4



イスラム国(IS)は米国が作ったと元英国首相・ブレア氏が暴露?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-26


kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース