So-net無料ブログ作成

千葉・茨木で連続地震M5.4発生? 本震か来るリスクに厳重に注意? [国際情勢]

19日に発生したM5.4の地震・・・前震で無いことを祈るばかりですが・・・まだ危険は去っていません・・・本震が来る可能性があるのです。




スポンサードリンク








◆千葉・茨木で連続地震発生 (19日)



やや大きめの地震が千葉東方沖で発生しました。


発生原因については下記投稿を読んで欲しいのですが・・・各種動向を分析すれは全くおかしく無い19日の連続地震ですが・・・予想通りの週末の地震でした?



関東.jpg


震度4 茨城県
潮来市  神栖市  千葉県
成田市  東金市  旭市  匝瑳市  香取市  山武市  多古町  九十九里町  芝山町  横芝光町 




14日の火曜に鳥取に大雪再来? 週後半は地震と雪崩に注意?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-12-3



今世紀最大の地震前兆現象発生?  合計600頭のクジラが打ち上げられたニュージーランド!? 
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-14


南海地震に向けた序章は福島/岩手地震から始まっている? 富士山でも地震?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-13






スポンサードリンク












◆地震の危険度を意識した指摘



2017年2月19日 18時23分 千葉県東方沖 5.4
2017年2月19日 15時05分 福島県沖 4.22017年2月19日 14時51分ごろ
2017年2月19日 14時54分 山梨県東部・富士五湖 2.2
2017年2月19日 10時56分 青森県東方沖 3.7 
2017年2月19日 7時25分 茨城県北部 3.6


という事で・・・クジラ600頭の異常行動等から・・・より大きな地震が発生する可能性はまだ高い確率で残っていることを頭に叩き込んでおいてください。


伊豆を含めて?











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2017/02/19 [国際情勢]


オカマのオバマとは違うトランプ政権は米原子力空母カール・ビンソンを南シナ海に派遣? [国際情勢]



スポンサードリンク







性転換の妻を持ったオバマとは裏腹に強力な米国海軍をバックに持つトランプ大統領が動き出したのです。

オバマ大統領のミッェル夫人は性転換した元男性だった? 全米で最も旬な噂!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-26-2


この股間のふくらみが騒動のきっかけですが・・・昔から知っている人は・・・『そうだよぉ』と平然とオバマ氏の家庭事情を認めているのです・




ミッシェル.png






スポンサードリンク









◆トランプ海軍が動き出した




強い米国の復活をかけてトランプ海軍が動き出しました。


米原子力空母カール・ビンソンは18日、南シナ海での活動を開始した。


米軍は発表で「通常の作戦行動」と説明しているが、軍事面を含め南シナ海への進出姿勢が顕著な中国をけん制する狙いもあるとみられる。


カール・ビンソンを中心に編成した空母打撃群は1月初めに米西海岸のサンディエゴを出航した。


これまでハワイとグアムなどの沖合で訓練を実施してきた。打撃群の司令官は「(作戦)能力を明確に示し、(域内)同盟国との強固な関係をさらに強めたい」と述べた。 



南シナ海へは以前から米軍は『航行の自由作戦』なる策を展開していましたが・・・トランプ大統領は明確に威嚇行動を取ることが予想され・・・今までとは全く異なる強気の米国が見えてくる筈なのです。

注目しないといけない米軍の動向です。



中国が軍事行動を開始? 南シナ海で米海軍の無人潜水機を中国が奪取?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-17












kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

金正男暗殺事件は米英の仕業? 中国の北朝鮮占領の目を潰した [国際情勢]



スポンサードリンク









マレーシア人・・・ハッキリ言ってそんなに優秀ではありません・・・ナノに防犯カメラの映像とはいえ・・・次々tp検挙される金正男暗殺関係者・・・異常です・・・英国の情報機関MI6が後ろで糸を引いていると指摘しておきます。


英国も元植民地であり・・・警察・法律等多方面に渡り未だに多大な影響力をもたらしています。


申し訳ないのですが・・・マレー人がそんなに俊敏に犯人関係者を検挙できるわけないのです。

何としても北朝鮮を犯人にしたい米英・・・ですから英国のMI6が協力して迅速に犯人関係者を逮捕出来ているのでしょう?






スポンサードリンク









◆金正男暗殺事件・・・今度は主犯格の男を確保 (時事通信様)



北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、マレーシア警察当局は17日夜、北朝鮮の旅券を持つ男(47)をクアラルンプール市内で新たに逮捕した。


警察は男の身元などを特定するとともに、暗殺を主導した主犯格の可能性があるとみて捜査を進めている。マレーシアの中国語紙が一斉に伝えた。


警察は、実行犯として逮捕した女2人と、4人の男が事件に関与したとみて行方を追ってきており、残る3人の身柄確保を急ぐ。暗殺事件で逮捕者は4人目。


中国報(電子版)によると、男は以前からマレーシアにたびたび入国していた。星洲日報(同)によれば、警察当局は17日、事件に関与したとみられる4人の男を特定、全国の警察に指名手配し、写真を配布した。同紙は4人の写真を掲載した。


一方、中国報は、工作員とみられる「謎の男」が、勧誘活動を約3カ月前から行い、暗殺の準備を進めていたと報じた。


ベトナム旅券を持った女、ドアン・ティ・フォン容疑者(28)は約3カ月前、マレーシアでこの男と知り合った。男は女の信頼を得ようと、彼女の故郷であるベトナムや韓国に一緒に出掛けた。その後、男4人と女を引き合わせた。男とインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)は1カ月ほど前に知り合った。


容疑者同士が知り合いになったのは最近で、男が「いたずら動画」の撮影に参加してほしいと依頼した時だという。アイシャ容疑者は参加費として100ドル(約1万1200円)をもらったとされる。


女2人は13日、クアラルンプール国際空港にいた金正男氏を急襲、死に至らせた。ただ中国報によれば、2人は特務工作員ではなく、金正男氏の暗殺を画策した組織に雇われ、「殺人に利用された」とみられる。 



◆テロリストの巣窟と言われているイスラム系の国マレーシア



テロリストと言えば・・・世界で一番多い崇拝者がイスラム教徒ですが、以外と知られていないのが、東南アジアでもイスラム教徒が圧倒的に多いという現状です。


テロや密輸の温床をなっているマラッカ海峡

マラッカ.jpg



マレーシアとインドネシアでの反体制勢力ジェマ・イスラミアの存在・・・このジェマ・イスラミアというイスラム組織は、かなり以前から東南アジアでの活動を強めています。
インドネシアは島や山間部が多く、確保には大変難しい地域でありますが、インドネシアもマレーシアも国教自体がイスラム教であり、テロ組織のジェマ・イスラミア等への対応もやや甘いと欧米からおは指摘されています。


マレーシアとインドネシアを中心とした過激派テロリストのルートがあり、未だにその撲滅には至っておらず、両国の中間に位置するシンガポールもその動向には敏感になっています。




◆英国がMI6を関与させた理由


金正男氏は中国の支援を得ている人間であり・・・彼が生きていたら折角、米英が取り込んだ現在の北朝鮮の金正恩政権が危機に陥るわけです。


将来的に北朝鮮が中国に渡る可能性もあり・・・米英としては金正男氏を殺害することにより、中国による北朝鮮制圧の目を潰したのだと確信しています。












kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

狂犬マディスの訪朝後に突然動き出した北朝鮮の怪?  金正男暗殺の背後にいた米国? [国際情勢]

狂犬マディス国防長官が最初に訪問した国は韓国と日本・・・と大々的にニユースがなかれましたが、その時から『マディス国防長官は北朝鮮を訪問している』とメディア的にはタブーの指摘をし、朝鮮の動きが活発になると予測したのです。


金正男のついては、米国が『中国との関係は続いている』と北長セなら通知した結果、激怒した金正恩が行動に出たとみるべきでしょう。


狂犬マディス国防長官は間違いなく横田から北朝鮮を訪問している?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-02-1


北朝鮮ミサイル発射? 米国マディス国防長官との打合せ通り?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-02-12-1




スポンサードリンク








◆マディス国防長官の来日後、北の活動は活発化した現実


1. ミサイル発射


2. 金正男氏暗殺


3. 韓国韓進の正式倒産


これらの動きは偶然だろうか? と言えば違います・・・全て米国指示通り動いた北朝鮮と言えるのです。


国際バャーナリストであるならばインテリジェンスの世界ではありませんが、ニュースに隠された真相を見抜くべきです。


北朝鮮は米国CIAの指示に従って全て動いている米国にとっては、願っても無い必要悪を演出してくれる貴重な存在なのです。


地政学上、中国とロシアに睨みを利かせることが可能な地域の最重要拠点が実は朝鮮半島なのです。

米国は、軍事・覇権の両面から朝鮮半島に非常に興味を持っているのです。韓国や北朝鮮は全く相手にしていないことは,下記のとおり、マディス国防長官就任時の彼の挨拶ら現れているのです。


この発言は、以前より指摘している内容ですが、この米国の基本スタンスが読めないと世界情勢は語れません。
朝鮮半島の地図を見てください。日本より遥かに中国・ロシアへ睨みを効かすとこが出来ると思いjせんか?




地政学.jpg





スポンサードリンク








◆米国の本音を漏らしたマディス国防長官



米国の国防長官に「狂犬」マティス氏がある委員会で口にしたのは、


中国とロシアに対する脅威


だったのです。


米国は、これらの脅威をネタに軍事費の維持を図ってきた国家であり、ケネディーの時代と何も変わっていないことが実証されたと言えます。


言い換えると、『ロシアや中国との友好関係構築』は米国にとってタブーであり、友好は図る大物は消されるということなのです。


中国と友好関係を構築した田中角栄、ロシアと友好関係を構築しようとしていた中川一郎・・・みんな消されたのです。


米国ケネディーも同様なのです。ソ連と核戦争を画策していた組織と真っ向から対立し、ロシアと友好関係を築こうとし、やはり消されたわけです。


朝鮮半島は、急を告げていること・・・マスコミは報道しませんよっ・・・。

特に北朝鮮、冒頭でも指摘しましたが、ミサネル発射・金正男暗殺・・・とその動きは加速しているのです。
次は韓国への地震か? 韓国海軍との衝突か・・・それとも韓国侵入か・・・どれかでしょう。












kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース