So-net無料ブログ作成

鳥取の人工地震や気象兵器による大雪は石破議員の地元だから? [国際情勢]

日本海側の大雪は日曜まで続く模様なのですが・・・その日本海側の一つに『鳥取県』があります。




スポンサードリンク








地震発生の時から鳥取を地盤とする反ユダヤ派・経世会の石破議員への恫喝目的と指摘してきたのですが・・・。


実は今回の大雪騒動の中心に『鳥取』があるのです。


小規模ながら鳥取で10日には停電も発生していることから・・・人工地震のお膳立ては整ってきたと言える状況なのです。単なる大雪ではなさそうですのでご留意願いたいと思います。



鳥取天気.png





スポンサードリンク








◆関西方面の他・・・東北地方や北陸地方で暴風雪 (ウェザーマップ様)


(気象兵器による)強い冬型の気圧配置が続くため、12日(日)にかけては西日本の日本海側や北陸地方を中心に大雪となり、交通機関が乱れるおそれがある。


また11日(土)の昼過ぎにかけては、東北地方や北陸地方で暴風雪や暴風、高波にも警戒が必要だ。


西日本や東日本の上空5,000メートル付近には-39℃以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっていて、この状態は12日にかけ続く見込み。また、秋田沖には低気圧があり、低気圧の西側では等圧線の間隔が狭く、風が強まっている。



◆12日(日)にかけて大雪に警戒

西日本から東北地方にかけての日本海側では12日にかけて、同太平洋側では11日にかけて、断続的に雪が降り大雪となるおそれがある

■11日午後6時までの24時間予想降雪量(多い所)
 中国地方     80センチ
 東北、北陸、近畿 70センチ
 東海       50センチ
 四国       20センチ
 九州北部(山口県)15センチ
 九州南部     10センチ

■12日午後6時までの24時間予想降雪量(多い所)
 東北       50~70センチ
 近畿       40~60センチ
 北陸、東海、中国 30~50センチ
 

西日本の日本海側や北陸地方を中心に、大雪や路面凍結による交通障害に警戒し、なだれや落雪、電線や樹木への着雪に、ビニールハウスやカーポートは倒壊のおそれがあるため注意が必要だ。


東北地方や北陸地方を中心に、11日昼過ぎにかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。
11日にかけて予想される最大瞬間風速は、北陸35メートル、東北30メートル。11日にかけて予想される波の高さは、東北、北陸、沖縄で6メートルとなっている。



鳥取地震(石破氏の地盤)震度4はハマコーさんの言う通り政治家・石破氏への恫喝目的?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21-4


鳥取地震の原因は反ユダヤ派・石破茂氏への恫喝目的?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-29-4


広島・岡山の地震をベクテル社は近々画策している? 鳥取・徳島・愛媛の地震はその前兆?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-03-1











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2017/02/10 [国際情勢]


米高裁、地裁のトランプ大統領令差し止め支持? 大統領は最高裁に上告! [国際情勢]

◆米高裁、大統領令差し止め支持 (時事通信様)


イスラム圏7カ国国民らの入国を禁止した米大統領令を差し止めたシアトルの連邦地裁命令の是非を問う訴訟で、サンフランシスコの連邦高裁は9日、地裁命令を支持する判断を下した。



政権側は最高裁に上告するとみられるが、当面は7カ国からの入国が可能となる

イスラム教徒が多数を占める7カ国の国民の入国を一時的に禁止するドナルド・トランプ氏の大統領令を差し止めたシアトル連邦地裁の仮処分決定について、


サンフランシスコ連邦高裁は、効力の即時停止を求めた米司法省の請求を退けた。移民・難民の入国に関する大統領の権限をめぐる争いは連邦最高裁までもつれ込む可能性がある。


トランプ氏は1月27日、シリアとイラク、イラン、スーダン、ソマリア、イエメン、リビアの7カ国からの入国を90日間禁止する大統領令に署名。これを受け、ワシントン州などが提訴していた。


シアトル連邦地裁のジェームズ・ロバート判事は3日、今回の大統領令が州の経済や住民に損害を与えることを根拠にワシントン、ミネソタ両州が訴えを起こすことは認められるとの判断を下し、大統領令の効力を停止する仮処分決定を下した。また、これらの国からの難民受け入れを120日間停止する大統領令についても差し止めた。



司法当局とトランプ氏との確執の背景は下記をご参照ください。






スポンサードリンク









マスコミと徹底抗戦の構えのトランプ大統領ですが、マスコミはユダヤ資本に牛耳られているマスコミ業界です。


一種のプロパガンダとして都合の良いニュースを世界に流すことにより世界を誘導すると言う大事な目的がマスコミにはあるのです。


更に医者や法律家・弁護士・・・裁判所にも実はユダヤ人だらけ・・・これがアメリカの実情なのです。


世の中を牛耳る為に社会組織における要所を抑えているユダヤ組織なのです。日本の官僚やマスコミ・報道機関・裁判所・警察等も同様ですが・・・。



トランプ氏の対応はどうもこのユダヤ派を一層しようとしている無謀な計画のようにも思えてならないのですが・・・大変興味深いトランプ氏のユダヤ組織との戦い・・・と見ました。




裁判.jpg





スポンサードリンク









◆ユダヤが作ったFRBとドル印刷権限 (WIKI様)


米国の中央銀行である連邦準備制度の設立に関する経緯を説明すると、まず1910年にJ・P・モルガンが所有するジョージア州のジキル島で全国通貨委員会の会員による秘密会議が開かれた


ジョージ・コーテルユー財務長官は、金融業界を保護するために、経済の安定を維持する国家主導の十分な能力が必要であると考えた。


その対策として、まずオルドリッチ・ヴリーランド法(英語版)(1908年)でアメリカ通貨委員会(英語版)を設立。


1910年11月22日、ジョージア州沿岸のジキル島(英語版)にJ・P・.モルガンが所有するジキル島クラブ(英語版)[1]で秘密会議が開かれ、FRB設立について計画が討議された。これは結果的に、アメリカの国際的な手形交換制度を建設した。


1913年中に、この段すべての出来事がおきた。まずアメリカ合衆国憲法修正第16条とアメリカ合衆国憲法修正第17条が批准された。ジキル島での会合時すでに修正が議論されていた2つの変革は、各州の財政力と政治力をそぎ落とした。


基礎工事が済むと、J.P.モルガンやポール・ウォーバーグ(ドイツ語版、英語版)、ジョン・ロックフェラーの後ろ盾の下に、ウッドロウ・ウィルソン大統領[2]がロバート・オーウェン(英語版)とカーター・グラスの提出したオーウェン・グラス法(英語版)[3]に署名した。こうして、多くの上院議員が休暇で不在の隙を突いて12月23日にワシントンD.C.に駐在する連邦準備制度理事会と12地区に分割された連邦準備銀行により構成され・・・早い話がこの時以来、米国はユダヤ人組織が国家の財務を全て仕切るようになり・・・ドル紙幣の発行も米国と言う国では無くFRBと言うJPモルガンなどの民間株式会社が勝手に印刷・発行出来るようになってしまったのです



◆裁判所が正しいと言う錯覚と戦う



ユダヤを含めたマスコミは三権分立等・・・定番のテーマを持ち出しトランプを批判していますが・・・上記FRB設立とドルの印刷権限をユダヤが牛耳っているのと同様の司法・裁判所を叩きつぶそうとしているのではないでしょうか?


ドナルド・トランプ次期米大統領は、司法長官に超タカ派のジェフ・セッションズ上院議員を指名したのですが・・・これもユダヤ叩きの一環なのでしょうか?


行方不明のヒラリー・クリントンと同様・・・今、米国で大変なことが起こりつつあるようであるのです・・・。


米国の開拓精神は薄れユダヤが牛耳る偏った国家なのですが・・・米国国民がプロパガンダから目覚める日が来るのでしょうか?











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

報道されない予定の安倍首相訪米真実? マスコミはゴルフ報道・・・馬鹿り? [国際情勢]



スポンサードリンク








今回の安倍首相の訪米、マスコミは安倍首相がトランプ氏とゴルフをするのか・・・等を盛んに報道しているのですが?

トランプノハンデキャップはシングルだそうだ。

ゴルフ.jpg



◆今回の訪米での最大の問題点は?


金融ユダヤ追随の姿勢を示してきた日本・安倍首相が反ユダヤが掲げるトランプ氏と『どこで妥協』し、今後の日米関係を構築するのか・・・そのスタート地点となるのが今回の安倍首相の訪米最大のポイントなのです。


TPP等の自由貿易協定を破棄して二国間での個別協定に持ち込みたい米国トランブ氏なのですが、安倍首相のバックで同氏を操るユダヤ組織がトランプ氏の個別貿易協定を容認するわけは無いのです。


NAFTA(北米貿易協定)からの米国脱退は、メキシコ等に進出済み日系企業に膨大な影響を及ぼす問題でもあり、この辺も大変重要な課題というか・・・トランプ氏との調整が必要な日本側の重要課題なのてず。


グローバル経済推進ユダヤ勢力と反ユダヤのトランプ氏との間でガップリと板ばさみとなっている日本・安倍首相なのです。


訪米時、トランプ氏がTPPを否定している最中、日本ではTPP法案が可決されたことも・・・非常に意味深な所なのです。



トランプ氏はグローバル経済を推進するユダヤ勢力とは妥協しないでしょう・・・と言うことは日本にも直接的に大きな影響が出てくることは明白なのです。



訪米結果と言うかトランプ氏と安倍首相の交渉結果は、まず真実は報道されないと思いますが、上記のような日本にとっては八方塞がりの経済状況に陥ることは明白なわけです。



トランプ氏はまだ暗殺されていませんが、日本との二国間貿易協定締結の方向で動くことは間違いないのではないでしょうか?


株式市場は暴落し・・・円高が加速するのです。





スポンサードリンク








◆ユダヤ組織のシンクタンクであるCFRの日米関係の見解



トランプは、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)という複雑な多国間貿易協定を批判しつつも、「私なら必要になれば再交渉できるような、透明性があり、よりシンプルで合理化されたアメリカの労働者にダメージを与えない二国間合意をまとめる」と約束している。


多国間貿易合意であるTPPへの反対をもって・・・トランプのことを「自由貿易に反対する重商主義者だ」と考える評論家は、彼が現実には自由貿易政策を模索するかもしれないことを無視している。


多国間貿易合意は拒絶しても自由貿易体制を維持していくことに本気なのであれば、トランプはまず日本と自由貿易合意を交渉すべきだろう。


日米二国間自由貿易合意の原型はすでにTPPによって描かれているからだ。


日米の安全保障面での協調はすでに深化しており、二国間自由貿易協定交渉を通じて関係をさらに固めていけば、日米関係の戦略基盤をさらに強化できるだろう。




◆やさしいマディス国防長官はこの為の餌だった



軍事同盟で駐留米軍消す火の負担増はしない・・・尖閣問題は日米安保の範囲内・・・と日本とっては良いことばかりい゛あった先のマディス国防長官の訪日結果でありましたが、『日本の面子を先に立て』・・・貿易交渉で日本の譲歩を引き出すという作戦がトランプ氏のロードマップなのでしょう。


欧米人らしい対応ですが、こ辺の相手の面子を考慮した交渉を展開しつつ、自国にゆうりな方向にもと込もうとする米国の意図はミエミエですよね。



安倍首相の訪米時・・・トランプ氏の大歓待が想定されます・・・。


『ブタも煽てりゃ・・・木に登る』・・・の典型でしょうか。


このように視点から安倍首相の訪米と交渉結果、更に報道されない真実とその方向性を見抜く必要がある大問題なわけです。












kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース