So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2017/02/03 [国際情勢]


MRJ納期遅延の真実? 社長交代劇に見るユダヤ利権と三菱の深い関係? [国際情勢]



スポンサードリンク








MRJ、完成引き渡しは2020年に・・・いくら良い飛行機を製造たところで、承認は、米国航空当局が認定するわけですので、彼らの希望を意識した航空機製造で無いと検査を通るわけはないのです。


この米国航空局も全てユダヤが牛耳っていることを軽視して日本人がいくら良い飛行機を製造した所で認知(型式を取得)されるわけは無いのです。



世界経済支配の実態を知らない三菱航空機も幼稚だったことが良く分かる事例ですよね。 (技術力だけでは国際ビジネス界は生きていけないのです。)


そして三菱重工は、ついに『水谷氏』と言うユダヤ利権と宇宙・航空機産業の実態を熟知した方を新社長に送り込んだのです。


米国の部品比率を現行の70%から85%位に上げたら問題なく、審査を通ることとなるのです。



911・311と同じ11日に初飛行したMRJの秘密? 喜んでいる場合じゃ無いのですが?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-11-11-3





スポンサードリンク









◆航空・宇宙産業を牛耳るユダヤ組織の反発


米国最大のドル箱である航空・宇宙産業を日本に移行しつつある米国ユダヤ組織なのですが、その利権は、同じユダヤ派の三菱・・・しかし、三菱の何でも普通の技術者集団にはこの利権は譲渡しません。




三菱航空機は2017年1月23日(月)、現在開発中の国産リージョナルジェット(小型旅客機)「MRJ」について、ローンチカスタマーであるANA(全日空)への引き渡しを予定していた2018年半ばから、最長で2年延期し2020年半ばとする方針であることを明らかにしました。


MRJは、ANAから受注のあった2008(平成20)年の時点では2013年に引き渡しを見込んでいたものの、今回で五度目の延期となりました。なぜMRJはこのように延期を繰り返しているのでしょうか。


MRJ初飛行再延期の真相?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-23-3


911・311と同じ11日に初飛行したMRJの秘密? 喜んでいる場合じゃ無いのですが?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-09-1


三菱商事とゴールドマンサックスとの怪しい水道事業への参入の意図?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-24-4


◆ユダヤ派の三菱商事より新社長就任によりMRJ開発は米国部品多用で加速 (毎日新聞様)


三菱重工業は2日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発中の子会社、三菱航空機(愛知県豊山町)の森本浩通社長(62)が3月末で退任し、三菱重工の水谷久和常務執行役員(65)が4月1日付で新社長に就任する人事を発表した。


同社は1月下旬、MRJの初納入時期で5度目の延期を発表したばかり。経営体制を刷新することで、MRJ事業の立て直しを図りたい考えだ。



「MRJを推進していくという決意の表れ。体制を一新することで、(社員らに)もう1回頑張ろうと思ってもらうための人事だ」。三菱重工の宮永俊一社長は東京都内で開かれた2日の記者会見で、社長交代の狙いをこう説明した。


2015年4月に三菱航空機社長に就任した森本氏は三菱重工で主に発電プラント畑を歩み、米国法人社長を務めるなど海外経験が豊富。


MRJの受注拡大や海外の顧客支援の強化などが期待されてきた。しかし、肝心のMRJの開発が遅れ、15年12月と今年1月に相次いで納入延期を発表。当初は13年とされた初納入は20年半ばにずれ込む見通しだ。


三菱航空機で5代目の社長になる水谷氏は航空機用エンジンやロケットなどを開発する三菱重工名古屋誘導推進システム製作所(同県小牧市)で勤務した経験があるほか、14年から自衛隊機などを扱う防衛宇宙部門のトップを務めていた。宮永氏は「(航空機など)さまざまな工場をよく知っており、組織をまとめるのに適任」と説明した。


森本氏は三菱重工の特別顧問に退く。三菱関係者は今回の社長交代劇について「今は営業よりも、事業の管理能力が課題になっている」と指摘する。


開発の遅れはライバルの航空機メーカー、ブラジル・エンブラエル社との受注競争に悪影響を及ぼすほか、開発費が大きく膨らむ恐れもある。水谷氏はMRJの開発と営業の両面で難しいかじ取りを迫られることになりそうだ。











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

狂犬マディス国防長官は間違いなく横田から北朝鮮を訪問している? 世界の恥・稲田朋美防衛相? [国際情勢]



スポンサードリンク








狂犬マディス・米国国防長官が韓国・日本を訪問しまうすが・・・単なる表敬や尖閣は安保圏内等を言う為にわざわざ訪日するなんて思ったら大間違い。


それにしても日本の防衛大臣・コスプレの稲田・・・何とかして欲しいですよね? 世界の恥の一つでしょうね?


北朝鮮.jpg



◆マディス国防大臣の本当の訪日目的は?


横田基地から行先不明の米軍軍用機やヘリコプターが離発着をしているのことを御存知だろうか?

業界では常識・・・米軍は軍事機密を盾に一切日本には伝えません。


実は北朝鮮に物資を送ったり…要人が北朝鮮を訪問しているのです。

米国の世界戦略上、世界の火種・・・米国が生きる上で『緊張』状態は米国軍備が生きていく上での『絶対条件』なのです。


その緊張地域の一番手はイスラエルを中心とした中東・・・そして二番目が極東アジアなのです。


そのアジアの緊張に欠かせない役者が・・・北朝鮮なわけです。北朝鮮のミサイルによる米国攻撃・・・・あるわけないですよね? 北朝鮮の行動は全て緊張を演出する為のものであり・・・その緊張を誇張して国民に緊張を煽るのが日本なのです。

米軍極東総司令部の『横田基地』の様子が何か変だっ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-01-21-4



韓国は北に喰われて・・・米国が正義を唱える為の生贄国家なのです・・・。



この米国ー北朝鮮ー日本ー韓国間の構図を意識して考えないと報道機関の言う通り全く的を得ない話となるわけです。



マディス国防長官はほぼ間違いなく北朝鮮を表敬訪問しているでしょう・・・日本の横田基地経由が濃厚ですネ。



これが真実なのですが・・・マディス国防長官への祝砲の意味を込めて近々、北朝鮮は何がしかの緊張を演出するでしょう?


米国から教わった人工地震による韓国襲撃かもしれませんね?

張 成沢(チャン・ソンテク)が粛清されましたが・・・その原因は米国では無く中国とつるんでいたことをCIAから通知され・・・粛清されたわけです。反米のスパイとして殺されたのです。



『CIA』が望む朝鮮半島炎上のシナリオ・99%の日本人は気付いていない韓国の危機!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-17



狂犬・マディスが漏らした米国の本音? ロシアは脅威役!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-01-16-4





スポンサードリンク








◆稲田朋美防衛相・・・辞めたら?

米国からの指示で・・・安倍首相の政策はそこそこ評価しているのですが・・・この防衛大臣の人選だけは許せません。


2日の衆院予算委員会で、沖縄県名護市沖での米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故をめぐる野党議員の質問に直接答えず、浜田靖一委員長(自民)から「質問に答えて」と注意される一幕があった。


稲田氏に質問した共産党の笠井亮政策委員長は昨年12月のオスプレイ事故に関し「米側から最終的な事故調査報告はいつ出てくるのか」とただした。これに対し、稲田氏は事故後のオスプレイの飛行再開にあたっての日本政府の対応を説明。「日本政府においても専門的知見に照らして独自に分析した」「米側が有効であると思われる対策を幅広く取っていることを確認した」などと述べ、質問には直接答えなかった。


その後、笠井氏が「米国に言われたまま飛行再開を認めただけということではないか」と問い詰めたのに対し、稲田氏は同じような答弁を繰り返した上で「防衛省における分析と評価について、8つの項目に分けて具体的に申し上げる」と、その内容を延々と説明し出した。


これには野党側から「長い」「審議妨害だ」など抗議の声が上がり、議場は騒然となった。


最終的には浜田委員長が稲田氏の答弁を遮る形で「はい、そこでやめましょう」と発言。「一言申し上げます。質問に対して答えてください」と注意した。





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース