So-net無料ブログ作成
検索選択

地震予知の早川氏が警告? 災害は忘れた頃にやってくる? [地震]

人工地震を画策・操作している組織・・・トランプ政権への反発行動を優先させているためか? 日本での人工地震はやや静かな日々が続いています。




スポンサードリンク









◆あの早川氏はどんな見解なのか?



2017年を迎え、大地震に関する地震予知・地震予言・地震予測のための科学的な手法として、地震前兆・予知・予兆を電磁環境学(電波と環境)の分野で捕捉し、2016年から2017の大地震に関する前兆・予兆、予知、予言に焦点をあてつつ地震予知、予測の研究に邁進されています。


地震解析ラボ様
http://earthquakenet.com/blog/eqp
スマートフォンアプ「無料版もあるようですので興味のある方は登録してください。



人工地震.jpg



「地震前兆を補足することで、地震予知・予測ができる!」という日本の地震予測研究者の1人であり、実績十分な早川正士電通大名誉教授。


今、世間で危惧されている、南海トラフ(東南海、東海含む)大地震や関東首都直下型への巨大地震(いわゆる関東大震災)の前兆、予知・予測はどのような状況にあるのでしょうか。また、気になるのは次の地震予測地域です。
 

大きく3つの地域で地震の最新予測情報が出ているようです。


1.北海道南、青森北部、北海道央沖など含む日本海及び、太平洋側周辺地域


2.北海道東、歯舞群島南部などの地域


3.岩手、宮城、福島、茨城における太平洋沿岸及び近海地域


【M6.0以上の地震予測地域】
・なし




スポンサードリンク








◆直近の早川氏の地震予知:結果


最大は、11月22に福島沖でM7.3の大地震が発生。地震予知の早川氏も大的中でしたが、12月28日には茨城北部でM6.3(震度6)の激しい地震が発生。


そして、1月5日には福島沖でM5.8の地震が発生。


1月11日に小笠原諸島西方沖でM5.1の地震が発生。


1月26日に岩手沖でM5.1、28日に秋田県内陸南部にてM5.0の地震。


M5クラスはここの所、ほぼ毎週発生しており大変リスクが高いです。



静謐な状況がしばらく継続中。この状況が最も危険な状況とも言えます。


歪みエネルギが蓄積されたものが大きくなっているともいえます。


今週も直近の発生地震からも予測地域に伴い、特に瀬戸内海周辺、
日向灘周辺、北海道西部、南部、青森、秋田北部の日本海側、
東北から関東の太平洋沿岸などでリスク高そうです。


M3クラスでは、、福島、熊本、茨城、宮城、北海道、大阪湾、徳島北部などで発生していました。


再度、南西諸島、九州、四国近辺、関東・関西圏、福島周辺、東北から関東の太平洋沿岸などは気をつけたいですね。


ここ最近の発生地震は、M4クラスの地震が5回と減少傾向でしたが、油断ができない時期といえるでしょう。


全国的に中規模の地震が日本の南から北まで相次ぎました。そして、地震の回数そのものも1週間で26回(前週36回)と減少です。


ほとんどが福島と熊本、茨城、青森におけるものですが、徐々に、大阪湾、徳島、北海道、秋田などにも派生してきました。



南西諸島から北海道と全国的に地震活動が全く落ち着かない状態です。
今週は宮城沖での地震がおさまりません。
熊本の地震も目立ちました。



九州も熊本、大分、和歌山などからの中央構造線上の南海トラフ地帯を
中心に震度5強クラスが発生する可能性がまだありますので、
今後の余震にも十分に警戒したいです











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2017/02/01 [国際情勢]


SPEEDの今井絵理子が正直者議員に選らばれた? 沖縄の軍用地地主だったが・・・? [国際情勢]



スポンサードリンク







◆SPEEDの今井絵理子は米軍基地の軍用地主だった (新潮様)



今井.jpg



今月4日に公開された、昨年7月の参院選に当選した121議員の「資産等報告書」。抜け道を使って資産を低く見せかける議員は多いが、「正直者」のセンセイたちを紹介しよう。


資産総額9899万円で、121議員中3位につけた1回生は、元SPEEDの今井絵理子議員(33)。目を引くのは彼女の所有不動産だ。


資産報告には、〈那覇市字当間溝江原〉に337平方メートル、〈沖縄市字嘉良川〉に815平方メートルとある。実は、前者は自衛隊の那覇基地、後者は米軍・嘉手納基地の土地であり、彼女は歴(れっき)とした「軍用地主」ということになる。


「今井がSPEED時代に得た金は父親が管理しており、ご指摘の土地は資産運用の一環で購入しています。


沖縄では一般的な運用方法ですが、確かに、出馬する前には“土地を親名義に変えたほうがいい”という声もありました。ただ、今井本人は、“軍用地を持っていることはイメージが悪いかもしれません。でも、12歳から芸能活動を頑張った結果ですし、やましいことはないので真実を隠さず公表したい”と判断したようです」


政治アナリストの伊藤惇夫氏は、

「沖縄出身の政治家として基地問題に取り組むなかで、基地の土地収入を得ていることは当然、批判材料になる。正直と言えば正直ですが、そこまで考慮していたのか疑問です」


と首を傾げるが、とはいえ、ヘタに隠し立てしないだけ潔いとも言える。
今井絵理子、米軍基地の軍用地主だった 資産公開“正直者”の国会議員たち





スポンサードリンク









◆政治家の収支報告を2月1日よりネット公開


収支報告書は総務省に届け出た分はネット上で公開されているが、各都道府県への届け出分は一部自治体で公開していない。


センターは情報公開請求などで収支報告書を入手し、関係する議員ごとに集約。2月1日から


センターのホームページ(http://openpolitics.or.jp/


で2012~14年の3年分の収支報告書をPDFファイルにして公開する。企業名で検索すれば、寄付先も分かる仕組みになっている。4月までに15年分も公開し、6月末ごろには参院議員も公開する予定。



収支報告書の内容をデータベース化して公開するサイトはすでにあるが、センターによると、報告書を集約してそのまま公開する民間サイトは初めて。松山治幸代表理事は「政治資金の透明性を確保し、市民による監視を充実させることで、政治家に緊張感をもってもらいたい」と話している。


センターは昨年6月に設立。西松建設による国会議員側への違法献金事件をめぐる株主代表訴訟で成立した和解に基づき、同社から1千万円の寄付を受け、運営資金にあてている。


「資産等報告書」。抜け道を使って資産を低く見せかける議員は多いが、「正直者」のセンセイたちを紹介しよう。


資産公開“正直者”の国会議員たち収支報告書は総務省に届け出た分はネット上で公開されているが、各都道府県への届け出分は一部自治体で公開していない。


センターは情報公開請求などで収支報告書を入手し、関係する議員ごとに集約。2月1日からセンターのホームページ(http://openpolitics.or.jp/)で2012~14年の3年分の収支報告書をPDFファイルにして公開する。企業名で検索すれば、寄付先も分かる仕組みになっている。4月までに15年分も公開し、6月末ごろには参院議員も公開する予定。


収支報告書の内容をデータベース化して公開するサイトはすでにあるが、センターによると、報告書を集約してそのまま公開する民間サイトは初めて。松山治幸代表理事は「政治資金の透明性を確保し、市民による監視を充実させることで、政治家に緊張感をもってもらいたい」と話している。
 センターは昨年6月に設立。西松建設による国会議員側への違法献金事件をめぐる株主代表訴訟で成立した和解に基づき、同社から1千万円の寄付を受け、運営資金にあてている。



スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/