So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプ氏は早速ユダヤの為に原油価格を49.44ドルに急騰させた・・・次は戦争 [国際情勢]

トランプ氏は戦争無しで、11月30日の原油先物市場では、米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)が前日比4.21ドル高の49.44ドルに急騰。


OPEC総会の結果次第では2月以来となる30ドル割れも警戒されていただけに、減産決定は「世界的な供給過剰の解消に向けて意味のある合意」(米投資ファンド)と評価された。


米国大統領トランプ氏が最初の経済政策は危険が一杯の原油価格の高騰・復活?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-11-3




スポンサードリンク







◆トランプ氏が仕掛ける原油価格回復と石油メジャーの安定の手段は戦争と災害


米国大統領トランプ氏が最初の経済政策は危険が一杯の原油価格の高騰・復活?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-11-3



(上記抜粋)

戦争と言う手段は世界の目もあり・・・手間がかかるのですが・・・自然災害は? 米国でハリケーン等があると石油精製工場も閉鎖される為・・・価格が上昇するのです。



(エルニーニョと人工地震)
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-05-13-1


(人工地震と温暖化の真相)
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-23-3



福島のように災害の規模が大きければ大きい程、原油価格は高騰するのです。


これは推測でも何でもありません・・・石油メジャーは自分たちの利権と利益を守るために世界で人工地震や災害を画策しているのです。


トランプ氏は下記のどの政策を優先するでしょうか? 本心は下記の三点に絞られるものと思います。


1.中東の紛争に介入

2.中国とやらせの紛争勃発

3.人工地震等の気象兵器により原油価格を上げる (対米国国内と日本)



即ち、トランプ氏は石油メジャ-=ユダヤ=イルミナティーの為の政策を推進しているのです。


一時はTPP・COP21脱会等、反ユダヤ政策と表向きは見ていたトランプ氏ですが・・・この原油価格の高騰等を見ると・・・やはり・・・米国大統領の本質を見るような気がします。


トランプ氏の当選から・・・原油価格の上昇を指摘したサイトは本サイトを除き、まずないでしょう。


これから心配されるのは更なる原油価格の高騰の為の『戦争』で・・・株価は大暴落しますよ・・・トランプ氏の大統領就任近くまでに・・・この一・二ヶ月は厳重注意と言うより動いてはいけません。




スポンサードリンク








◆原油価格はトランプ氏への危機感から急騰


石油輸出国機構(OPEC)が減産を決めたことで、市場関係者の間では、原油相場が底割れする事態は回避されたとの安堵(あんど)感が広がった。


ただ、相場が持ち直せば、米国のシェールオイルの生産が再び増える見込みで、原油相場は上げても1バレル=55ドルとの見方が根強い。


11月30日の原油先物市場では、米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)が前日比4.21ドル高の49.44ドルに急騰。OPEC総会の結果次第では2月以来となる30ドル割れも警戒されていただけに、減産決定は「世界的な供給過剰の解消に向けて意味のある合意」(米投資ファンド)と評価された。


米エネルギー情報局(EIA)はこれまで供給過剰状態が2017年半ばに解消されると分析していたが、OPECの減産決定で「需給バランスの達成時期が前倒しされる」(エコノミスト)とみられる。


ただ、技術革新によってシェールオイルの採算ラインは大幅に下がっており、原油価格が55~65ドルまで持ち直せば、増産に拍車が掛かるのは必至だ。


米石油サービス大手によると、5月に404基まで落ち込んでいた米国内の石油・ガスの採掘装置は既に増加に転じ、11月23日時点で593基。


トランプ次期大統領は、シェールオイル採掘の環境規制を緩和し、増産を目指す方針を掲げる。このため、「原油価格が14年半ばの100ドル台に戻る可能性はない」(大手商社筋)との見方が大勢だ。

原油価格の下落で多くのシェールオイル採掘はユダヤ企業に安く乗っ取られた後なのですが、ここでもトランプ氏はタイミング良く、環境規制を緩和したのです。これも偶然でしょうか?





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『米軍訓練領域』と符号している福島地震をはじめとした日本各地の地震? [国際情勢]



福島での余震は終息する気配は全くありません。
福島を中心とした千葉・宮城県沖に何かあるのでしょうか? そこで目についたのが、『米軍の訓練領域』だったのです。


熊本地震でも・・・震源が自衛隊の敷地内ではないか? と言う疑義が生じていたのです。 自衛隊が直接では無く、自衛隊の敷地内に居住する米軍が・・・軍事上の機密として独自に行っている・・・人工地震なのです。


熊本地震は自衛隊敷地内で連続して起きている秘密? ベクテル社は全国の自衛隊を利用?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-10-2


どうやってこの群発地震が起きているのか? プレートテクトニクス理論を撒き散らす地震学者の皆さんに聞いて見たいですね。
プレートテクトニクス理論による溜まった歪はとっくに放出されている筈なのですが・・・???



◆震源近くは『米軍訓練領域』


下記の図を見て頂きたいのですが、『米軍の訓練領域』は日本全国に及んでおり、完全に国土を米軍に制圧されていることが明白なのですが、福島・宮城県沖も実は、米軍の『専用訓練領域』なのです。


鳥取や大阪・四国等の関西方面も昨今の地震発生個所と『米軍の訓練領域』とは符号していると思えないでしょうか?



米軍領域.jpg


米紙軍区訓練利用域.jpg


九州では『米軍訓練領域』が限定的な為、自衛隊の敷地内を利用したとも言えますね?


米国陰謀説に基づく見解ではありますが・・・?
やはり人工地震と米軍の関連性は濃厚だと言えるのではないでしょうか?




◆福島沖の海底に掘った穴への海水注入により地震は起きている?


極端な言い方をすると地下のマグマ溜まりまで地球号で穴を掘り・・・そこに海水を流し込むと水蒸気爆発が起こります・・・地下の成分によっては、『水蒸気爆発』以上の『核融合』も可能なわけです。(詳細は下記投稿をご参照ください。)


地震と水の因果関係を究明した石田・山本理論とは?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-19


プレートテクトニクス理論による『ひずみ』の解消による群発地震説よりは、遥かに現実味のある群発地震の発生手法ではないでしょうか?


しかも、そのマグマ溜まりまでの穴が『米軍訓練領域』にあれば日本は何も出来ないのです。 治外法権や軍事上の機密・・・と言われればっ。それ以上は追求できないのですから・・・。




スポンサードリンク







◆プレートテクトニクスでは説明の限界


『マントルの移動によるひずみ等の力が断層に溜り、限界に達するとその跳ね返りにより地震が発生する』・・・これが地震のメカニズムとして代表されるプレートテクトニクス理論・・・。


マントルは一年間で数センチ程度の移動・・・ですから歪の限界点に達するには・・・数年から100年単位での期間が必要なわけです。


地層・断層は地震による移動と同時に戻ろうとする力も働きますので、それが余震となることも納得の行く話です。


しかし、冷静に考えてみてください。この余震に必要なエネルギーもそんなに簡単に溜まるものでは無く、戻りの力は働くものの、数時間で数度・・・しかも震度5・6といった巨大エネルギーが必要な地震が連続して発生・・・絶対有り得ない話なのです。


自然では無いということは誰かが意図的にある操作をしていることは容易に想定出来る話なのですが、専門家達により国民は騙されているのです。


真実を置き去りにして報道しているマスコミも大問題だと思います。



◆地下の水源で誘発地震を起こさせる人工地震技術



地下の水源利用による水素爆発説?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-31-5


水はH2O・・・水素はH・・・水源利用による人工地震説は何となく、素人でも納得できてしまう可能性を持っているのです。


人工地震.jpg


【石田理論】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-23-3



水の地下への浸透により水素爆発と起こす・・・と言う理論は以前より指摘されていた理論ですが・・・プレートテクトニクス理論に潰された理論なのです。


治世者に都合の良い理論が正論として認識される世界なのです。ダーウィンの進化論が採用されたのと同様です。



◆真実を知られたくない組織の存在


世界中のどこにでもある水を利用した水素核反応・・・これは知られたくない理論であり、プレートテクトニクスを正論として認めた世界でありますが、教えたくなかった理由が今回の熊本地震に隠されているのです。


ブレートテクスニクス理論は世界的にも認知されている理論なのですが、実は、その理論と相対する理論が日本にありました。


故山本寛氏の地下水とマントルによる地下爆発説がそれですが、正規の地震学会からは余り相手にされていないようです。
何故なら故山本寛氏が地震学会に属していない一般研究員だったという理由によるものです。専門家が一般研究員の理論に負ける・・・ということは地震学会にとってはタブーなのです。


【地震が起きる本当の理由】 動画
https://www.youtube.com/watch?v=MvlS76p5kHs


【311は自然地震では無いと言ってしまった気象庁】 退職された模様
https://www.youtube.com/watch?v=OhTwIJp35bc




スポンサードリンク






kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NHKが言えない新聞が書けない「天皇生前退位」問題の真相とは? [国際情勢]



まず人間天皇の面から見てみると・・・あの予定は激務であり・・・年齢に応じて少しごゆっくりされた方が。。。と言う一般論があります・・・小生もこの観点に立って生前退位が賛成なのですが・・・そんな単純な話ではないのです。




スポンサードリンク







◆天皇は『神』であると言う観点


神に定年やおかわいそうと言う人間的な感情を持ち込んでは駄目なのです。


神武天皇以来の「神」としての天皇制が崩壊してしまうのです。神国(しんこく)日本ではなくなるのです。

先の三笠宮さまの本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が4日、東京都文京区にある「豊島岡(としまがおか)墓地」で執り行われましたが、天皇、皇后両陛下は、慣例により通夜や葬儀に参列しないのがかんれいなのです・・・何故なら天皇は『神』だからなのです。これもユダヤの儀式とも言えますが、そうは言えないマスコミも宮内庁の「慣例に準じて」と言う言葉で真実は言いません。



◆天皇の地位を狙う組織


実はこれが最大の問題なのです。
例えば、生前退位を認めると・・・ある組織の圧力・脅迫に天皇が屈した場合・・・天皇の地位は容易にその権力を奪い取る組織に乗っ取られるわけで・・・この勢力の台頭を阻止する為の生前退位論議と言うのが本当の核心なのですが・・・それは誰も表立っては言いません。





スポンサードリンク








◆歴史上で天皇の地位を狙った事件


足利義満は天皇家を乗っ取ろうとしていた、 という説が発表され注目されました。歴代の武士の最高権力者と室町幕府3代将軍・・・から近代では、あの二二六事件も実はこの天皇の地位を奪おうとした皇室が軍隊と共謀した事件だったのです、



二・二六事件の真相は日本のタブー? 99%の国民は知ってはいけない歴史の真実。
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


二・二六事件はまさに天皇の地位を奪おうとした皇室内の事件だったのです。


表向きは東北をはじめとした国民の困窮に青年将校が決起したとういうことになっていますが・・・実際は秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう)が・・・昭和天皇の実弟・・・が・・・安藤大尉を動かし、クーデターを起こしたというのが真実なのです。


諸説ありますが・・・下記が一番的を得ています。

【二・二六事件】
https://www.youtube.com/watch?v=omlnJLmcDYM


秩父宮の背後には有栖川家が・・・という話もあります。


あの温厚な昭和天皇が激怒し、首謀者を許さず・・・処刑した・・・この昭和天皇をここまで怒らせた原因は・・・長いこと小生の疑問の一つでした。


現皇后の美智子様が皇室に入った時も他の先輩宮家から嫌がらせを受け・・・いろいろ騒がれる時がありましたが・・・その傾向は今日、雅子様にも続いていることはご承知の通りですね。


◆先輩宮家の僻みか? 別に理由があるのか?


JAL123便事故で元日航社員の佐宗邦皇氏が核ミサイルによる撃墜と断言・・・故人となりましたが・・・この佐宗邦皇氏が言ってはならない明治維新時の混乱にかこつけて・・・長州がある画策を皇室に行ったと指摘しているのです。


小生は言えませんので・・・下記動画をご参照ください・・面白い写真があるようですよ。


歴史のタブーに挑んだ佐宗邦皇さんを偲んで...
https://www.youtube.com/watch?v=Xk5oLfYjg9k


日本を乗っ取ろうとしていたグラバーを取り巻く長州の連中の中にある人物が映っているのです。


維新時の徳川家は慶喜ですが・・・その時の天皇は孝明天皇・・・非常にキャシャで病弱だったからしいのですが。。。その子・・・明治天皇は随分大柄でガッシリしていますよね?


時の明治政府の伊藤博文の言い成りになる天皇が欲しかったのでしょう。


今日も続く先輩宮家による天皇家への嫌がらせ・・・何んとなく想像できますよね?


これが今日の天皇生前退位の問題を根深くしている原因なのです。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース