So-net無料ブログ作成
検索選択

気象庁は「海底のズレ」を福島地震の原因とし、東日本の余震と説明? [地震]

【福島地震・ニュース映像】

ANN→http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161122-00000018-ann-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161122-00000017-ann-soci



JNN→http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161122-00000063-jnn-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161122-00000062-jnn-soci




スポンサードリンク








◆気象庁「海底のズレ」―福島県沖の地震 (時事通信様)



福島県沖の地震により仙台港で最大1メートル40センチの津波を観測したのは、マグニチュード(M)が7.4と大きかった上、震源が深さ25キロと比較的浅く、海底がずれたためだ。


気象庁の中村浩二地震情報企画官は「今後もM7級の地震が浅い所で起きると、津波を伴う可能性がある」と注意を呼び掛けた。


東北沖では海側プレートが陸側プレートの下に沈み込んでおり、東日本大震災の本震(M9.0)はその境界が大規模に滑って起きた。今回の地震はプレート境界より浅い陸側プレート内部で発生。プレートが部分的に南東方向へ引っ張られ、ちぎれるようにして上下にずれた正断層型とみられる。


近日中に他地域で地震が発生することは明白なのですが、今、一番心配している地域があるのです。

【東日本の余震とは到底無理がある22日の連続地震】

2016年11月22日 10時41分 福島県沖 4.9 3
2016年11月22日 10時35分 福島県沖 4.9 2
2016年11月22日 10時22分 福島県沖 3.8 1
2016年11月22日 10時14分 福島県沖 3.9 3
2016年11月22日 9時56分 福島県沖 3.7 1
2016年11月22日 9時52分 福島県沖 3.9 1
2016年11月22日 9時49分 福島県沖 4.2 1
2016年11月22日 9時39分 福島県沖 4.0 1
2016年11月22日 9時36分 福島県沖 4.4 2
2016年11月22日 9時32分 福島県沖 3.8 1
2016年11月22日 9時31分 福島県沖 4.0 2
2016年11月22日 9時22分 福島県沖 3.6 1
2016年11月22日 9時20分 福島県沖 3.9 1
2016年11月22日 9時17分 福島県沖 3.7 1
2016年11月22日 9時12分 福島県沖 4.1 2
2016年11月22日 9時10分 福島県沖 4.1 1
2016年11月22日 9時06分 福島県沖 4.4 2
2016年11月22日 8時58分 福島県沖 4.0 1
2016年11月22日 8時44分 福島県沖 4.6 3
2016年11月22日 8時27分 福島県沖 4.7 2
2016年11月22日 6時56分 福島県沖 4.9 3
2016年11月22日 6時45分 福島県浜通り 5.5 3
2016年11月22日 6時16分 福島県沖 5.4 3
2016年11月22日 6時11分 福島県沖 7.3 5弱
2016年11月22日 3時30分 福島県沖 4.6 2




スポンサードリンク








東日本大震災後の一連の地震活動では、宮城、福島両県の沖合のほか、福島県南部の沿岸部でもM7級の正断層型地震が起きているが、今回は海底でもずれが生じ、約5年8カ月ぶりに大規模な津波を引き起こした。 


◆海底のズレ以外の予兆はたくさんあったが今後の他地域での余震が心配



茨城地震M5.3と99%の国民が気付かない『気象庁よりの謎の警報』とは?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-21-2


松原照子氏の透視・予言通り南海・東南海地震は」11月23日に起きるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1


三重・和歌山でも連続地震発生・不気味な南海地震震源域で多発?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-21-3





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福島地震・津波は気象庁が事前警告を間接的に発していた真実? 人工地震の証明は11月22日と言う揃い日にある? [地震]



福島地震が11月22日と言う揃い日に発生したのですが、前日に気象庁の発した情報は、『地震発生の間接的警告』ではないかという指摘をしていましたが、この福島地震で『やはり』・・・と気象庁の事前警告手法は生きていたと痛感させられた次第です。




スポンサードリンク








ニュースにはさり気なく、『真実を間接的に伝える手法』があると言うことをご理解いただけたのではないでしょうか?


ですから本ブログは、報道内容だけの転記では無く、その報道の裏に潜む『疑問点』を解説・指摘しているわけなのです。


指摘した『気象庁よりの警告』と受け止められる内容は、下記のようになります。



◆非常に気になる気象庁が間接的に発した警告


いま一番気になっているのは、気象庁の発表なのです。人工地震と画策しているベクテル等と同一の組織にいる気象庁ですが、官庁と同じでその組織の中は、本当に国民を心配している人間集団もおり、その人々が時々、国民向けに『間接的表現』で警告を発してくれているのです。


そして、国家の一機関である気象庁が『地震が起きますよっ』とは公言できないことはご承知のことと思いますが、気象庁は、『表現を変えて』国民に通知・通告している場合が非常に多いのです。


【気象庁が発した警告-1】

気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4


12月1日より東北等で火山観測体制を強化する? ・・・地震・火山活動が活発化すると気象庁し認識している。



【気象庁が発した警告-2】

23-24日 関東平野部で初雪?


311の時もそうでしたが、単なる低気圧の接近とも受け取れる反面、電磁波をたっぷり含んだ気圧の谷が接近とているとも言えるのです。


大気の状態も不安定且つ人工地震の元祖である気象兵器への作用も考慮した『接近』と理解しないといけないのです。


54年振りに関東で『雪の可能性』・・・これは表向きの事実なのですが・・・その裏の意味を考えないと本当の危険予知は出来ないのです。




スポンサードリンク











気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4



気象庁の警告からすると次のことが危惧されるのです。


1. 東北の動きが変・・・また311のような地震が起きるのか?


今度は、速やかに井戸端会議等せずにサッサと高台に逃げて欲しいですね。


2. 関東に大地震が来る可能性もあるのです。


23-24日に掛けて54年振りに関東での積雪も危惧されていますが、これは、一種の爆弾低気圧のようなもので、電離層等へ影響を与えるものと解釈すると・・・有りえる話なのです。


3. 但し、最近の地震発生の動向からするとやはり三重・和歌山・名古屋方面の南海地震が・・・一番可能性は高いですよね。


また気象庁の警告を裏付けるように台湾のトランスアジア航空が22日から日本路線を全面運休?すると発表したのでする


トランスアジア・台湾は22日から日本路線を全面運休? 日本で起きる大災害を知っているのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-21-5


兎に角、簡単には情報を発しない気象庁が連続で国民向けに情報を流した時期と松原氏の地震予言時期とが・・・何故か符号しているのです。


兎に角、地震に対する気構えだけは整えておき、最低限の水と食料は子供達の樽に備蓄しておいてください。


また松原氏の予知・予言にも一週間前後のバッファはあげましょうネ。


松原照子氏の透視・予言通り南海・東南海地震は」11月23日に起きるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

津波警報拡大中? 太平洋沿岸だけでなく・・・伊豆や内房にも拡大中・・・規模も増加の危機? [地震]

(津波到着) ANN様
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161122-00000015-nnn-soci





スポンサードリンク








22日午前6時2分、気象庁は津波警報、津波注意報を発表した。

津波警報が出ているのは、
福島県(ただちに津波来襲と予測/3m予想)。

津波警報発表の地域では被害発生のおそれ。

津波から逃げることが・・・沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難を。

津波到着警報地域は千葉内房から伊豆諸島などへ拡大中であり・・・更に高さ・規模も増加中である。


福島原発は冷却水装置が停止中との情報・・・。



津波注意報が出ているのは、


宮城県(22日午前6時20分/1m予想)、
茨城県(22日午前6時20分/1m予想)、
岩手県(22日午前6時30分/1m予想)、
千葉九十九里・外房(22日午前6時30分/1m予想)、
青森太平洋沿岸(22日午前7時10分/1m予想)。


場所によっては津波の高さが「予想される津波の高さ」より高くなる可能性がある。

津波警報が発表された沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難を。
津波到着予想時刻は、予報区のなかで最も早く津波が到達する時刻であり、場所によっては、この時刻よりもかなり遅れて津波が襲ってくることがある。


津波到着予想時刻から津波が最も高くなるまでに数時間以上かかることがあるため、観測された津波の高さにかかわらず、警報が解除されるまで安全な場所から離れないこと。


震源地は福島県沖。震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定。




スポンサードリンク









[予想される津波の高さの解説]
予想される津波が高いほど、より甚大な被害が生じます。
10m超  巨大な津波が襲い壊滅的な被害が生じる。木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれる。



10m   巨大な津波が襲い甚大な被害が生じる。木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれる。
 5m   津波が襲い甚大な被害が生じる。木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれる。
 3m   標高の低いところでは津波が襲い被害が生じる。木造家屋で浸水被害が発生し、人は津波による流れに巻き込まれる。
 1m   海の中では人は速い流れに巻き込まれる。養殖いかだが流失し小型船舶が転覆する。


【関連記事】p://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161122-00000015-nnn-soci





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

福島でM7.3の地震発生・津波警報3Mは太平洋沿岸を襲う? 小名浜等各地で津波観測? [地震]

福島地震が起きてしまった。


津波接近中・・・。


気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味? [地震
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4



地震・311を的中させた松原氏の透視の11月23日が近付いてきたが?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-13



津波警報 2016年11月22日 6時2分 気象庁発表
津波警報発表中 ただちに可能なかぎり高いところへ逃げてください。
津波の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について





スポンサードリンク







◆福島を中心に太平洋沿岸に津波警報発令。



気象庁が津波警報、福島県(ただちに津波来襲と予測/3m予想)。

津波警報発表の地域では被害発生のおそれ。

沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難を。


津波注意報が出ているのは、
宮城県(22日午前6時20分/1m予想)、
茨城県(22日午前6時20分/1m予想)、
岩手県(22日午前6時30分/1m予想)、
千葉九十九里・外房(22日午前6時30分/1m予想)、
青森太平洋沿岸(22日午前7時10分/1m予想)。


場所によっては津波の高さが「予想される津波の高さ」より高くなる可能性がある。

警報が発表された沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難を。
到達予想時刻は、予報区のなかで最も早く津波が到達する時刻であり、場所によっては、この時刻よりもかなり遅れて津波が襲ってくることがある。


到達予想時刻から津波が最も高くなるまでに数時間以上かかることがあるため、観測された津波の高さにかかわらず、警報が解除されるまで安全な場所から離れないこと。





スポンサードリンク








◆22日の福島地震


福島ー1.jpg



福島2.jpg


生時刻2016年11月22日 5時59分ごろ
震源地福島県沖(いわきの東北東60km付近)
緯度北緯37.3度
経度東経141.6度
深さ10km
マグニチュード7.3


震源地は福島県沖。震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定。


ニュージーランシド地震は南海トラフ地震の前兆か? 日本での地震発生はどこでいつ?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-14



ニュージーランシド地震は南海トラフ地震の前兆か? 日本での地震発生はどこでいつ?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-14


気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4



福島などで震度5弱 (時事通信様)


気象庁によると、22日午前5時59分ごろ、福島県中通りと浜通り、茨城県北部、栃木県北部で震度5弱の揺れを観測した。同庁は福島県に津波警報を発令した。 




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

三重・和歌山でも連続地震発生・不気味な南海地震震源域で多発している地震・・・? [国際情勢]

三重・和歌山での地震・・・19日に続いて21日にもM3.1の地震が発生しました。


この地域は、以前より南海地震の想定震源域として危険地帯と指摘されていた地域でありますが、三重・和歌山地震・・・偶然かもしれませんが、嫌な地域の地震であることは間違いありません。


和歌山・三重・大阪で震度4は南海地震の本命域で発生? 危険は現実となりつつある?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-19




スポンサードリンク








◆三重・和歌山での不気味な連続地震


伊勢.jpg


発生時刻 2016年11月21日 8時35分ごろ
震源地 三重県中部
緯度 北緯34.8度
経度 東経136.4度
深さ 20km
マグニチュード 3.1


和歌山・三重・大阪で震度4が発生しましたが、やはり広域を襲いましたね? 下記の図をご参照ください。


310081_00000_0000_yhrg99g-4-20161119114809.jpg


起こるべくして起きた南海地震震源域での地震でした。




スポンサードリンク









◆南海地震の震源域内での不気味な三重・和歌山地震


最近の関西方面は、鳥取・神戸・徳島・大阪・・・そして三重・和歌山と地震が続いています。


素人目に見ても南海地震の危険震源域であることは間違いないのです。


南海震源域.jpg


南海地震-1.gif




◆非常に気になる気象庁が間接的に発した警告


いま一番気になっているのは、気象庁の発表なのです。人工地震と画策しているベクテル等と同一の組織にいる気象庁ですが、官庁と同じでその組織の中は、本当に国民を心配している人間集団もおり、その人々が時々、国民向けに『間接的表現』で警告を発してくれているのです。


そして、国家の一機関である気象庁が『地震が起きますよっ』とは公言できないことはご承知のことと思いますが、気象庁は、『表現を変えて』国民に通知・通告している場合が非常に多いのです。


【気象庁が発した警告-1】

気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4

12月1日より東北等で火山観測体制を強化する? ・・・地震・火山活動が活発化すると気象庁し認識している。



【気象庁が発した警告-2】

23-24日 関東平野部で初雪?


311の時もそうでしたが、単なる低気圧の接近とも受け取れる反面、電磁波をたっぷり含んだ気圧の谷が接近とているとも言えるのです。


大気の状態も不安定且つ人工地震の元祖である気象兵器への作用も考慮した『接近』と理解しないといけないのです。


54年振りに関東で『雪の可能性』・・・これは表向きの事実なのですが・・・その裏の意味を考えないと本当の危険予知は出来ないのです。


気象庁が火山活動に関して警告を発した・青森県の八甲田山等だけでない本当の意味?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17-4



気象庁の警告からすると次のことが危惧されるのです。


1. 東北の動きが変・・・また311のような地震が起きるのか?


今度は、速やかに井戸端会議等せずにサッサと高台に逃げて欲しいですね。

2. 関東に大地震が来る可能性もあるのです。


23-24日に掛けて54年振りに関東での積雪も危惧されていますが、これは、一種の爆弾低気圧のようなもので、電離層等へ影響を与えるものと解釈すると・・・有りえる話なのです。


3. 但し、最近の地震発生の動向からするとやはり三重・和歌山・名古屋方面の南海地震が・・・一番可能性は高いですよね。



兎に角、簡単には情報を発しない気象庁が連続で国民向けに情報を流した時期と松原氏の地震予言時期とが・・・何故か符号しているのです。


兎に角、地震に対する気構えだけは整えておき、最低限の水と食料は子供達の樽に備蓄しておいてください。


また松原氏の予知・予言にも一週間前後のバッファはあげましょうネ。


松原照子氏の透視・予言通り南海・東南海地震は」11月23日に起きるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

トランスアジア・台湾は22日から日本路線を全面運休? 日本で起きる大災害を知っているのか? [国際情勢]



台湾のトランスアジア航空があす台北―日本路線を全面運休と突然発表しました。22日だけと言う説と22日から・・継続という説がささやかれています。


運休の説明は22日に行うとなんとも意味深な対応です。



11月23日前後の日本での地震が起きることを知っているのだろうか?


記者会見では地震と無関係の経済的問題を話すか不明ですが、経済的に厳しいトランスアジア航空は今以上の損失は会社存亡の危機と理解したのかも知れません。考え過ぎなら良いのですが・・・。


情報連携の早い中国人世界の話ですので・・・既に日本大災害の情報を知っている中国から台湾は情報を得た可能性があるのです。




スポンサードリンク








◆トランスアジア航空、あす台北―日本路線を全面運休 (中央社フォーカス台湾様)


トランスアジア(復興)航空は21日、22日の台北と日本を結ぶ全便を運休すると発表した。機材繰りの関係としている。一方、交通部(交通省)民用航空局は、22日から同社が全路線を運休すると発表。同社は同日中にも記者会見を開き詳細を説明するとしている。



トランスアジア航空のウェブサイトによると、同社は1951年に台湾初の民間航空会社として設立。国内線を運航していたが1992年からはチャーター便で国際線に進出。日本路線は2008年から運航している。


2014年7月と2015年2月には相次いで多数の死傷者を出す墜落事故を起こし、経営悪化がささやかれていた。今年10月には傘下の格安航空会社、Vエア(威航)が一年間の運休になっている。




スポンサードリンク








◆公式説明は22日とのことであるが異常気象か?



台湾各地では21日午前、山沿いを中心に、白く低い雲が多く見られた。


中央気象局気象予報センターの鄭明典主任によると、これは冷たい空気が流れ込み始める前兆だという。気象局が同日発表した週間予報によれば、22日から北東の風が次第に強まり、23日から25日にかけては北部や北東部で最低気温が18度まで下がる見込み。


21日は前線通過の影響で、中部以北と東部で一時的に雨が降る見込み。局地的に大雨になる恐れもある。予想気温は北部21~26度、中部22~28度、南部24~30度、東部22~27度。


23日は各地で気温がぐっと下がり、最高気温は北部で21~22度、中部で25度、南部で27度、北東部で22度に留まると予想されている。26日には気温が少し上がり、肌寒さが和らぐ見込み。だが27日には再び北東の風が強く吹き、北部と北東部を中心に空気がヒンヤリと感じられるとみられている。




松原照子氏の透視・予言通り南海・東南海地震は」11月23日に起きるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース