So-net無料ブログ作成
検索選択

日向灘地震継続中・南海トラフ地震の想定震源域? 防災の日に目を通すべき記事! [地震]


南海巨大地震の想定震源域は下記のようになっているのですが、NHK等の最新情報によると、九州の『日向灘』がそのキーと言われています。


『日向灘』での・・・ひずみ・・・や地震が関西方面に広がり南海巨大地震へ発展すると言われているのです。



南海予定.jpg





スポンサードリンク








◆九州『日向灘』での地震は要注意



日向灘.jpg


生時刻 2016年11月5日 16時57分ごろ
震源地 日向灘
緯度 北緯31.8度
経度 東経132.0度
深さ 10km
マグニチュード 4.3


確実に南海トラフに向けた動きが継続しているのです・・・この迫り来る危機感が・・・どうも日本人は今一つ・・・特に市町村は最悪ですよね。


上記想定域をみて・・・愛媛・徳島・鳥取でも地震を重ね合わせると確実にある方向が見えてくると思いますが・・・。


津波対策?





スポンサードリンク








◆自分で防災意識を高めることが家族を救う


YAHOO様より


地震への備え→http://emg.yahoo.co.jp/sokuho/column/earthquake/


津波への備え→http://emg.yahoo.co.jp/sokuho/column/tsunami/


救命・応急手当への備えhttps://medical.yahoo.co.jp/katei/oukyu/


日向灘で地震連発・南海トラフ地震は本当に起きるのだろうか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-13-4


日向灘地震から南海トラフ地震は起きると公言しているNHKスペシャルに要注意?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-11-1





スポンサードリンク








kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

憲法改正論議の熟する中、「憲法と君たち」は憲法改正反対派の悪質なプロパガンダ? [ハラスメント]



◆暴漢に子供が襲われた時の親の行動は?


例えば、子供を連れて散歩中・・・暴漢が子供に刃物で切りつける事件が起きたとしよう? 親のあなたならどうするか?


犯人に憲法を説いて説得する馬鹿はまずいないだろ。


自身を犠牲にしてだも犯人と戦う・・・子供をかばう行動に出ることは明白なのです。


「憲法と君たち」や多くの憲法反対論者達は、このような現実の差し迫った問題に全く触れず・・・違憲等を口走っているのではないでしょうか?
最後の国防は誰が担うのか?
中国の侵略も放置して静観していろっ・・・ということなのだろうか? 確かに日本かセ侵略されてね静観しているような低俗国にかって一番喜ぶのは中国でしょうね。



「憲法と君たち」でも指摘しているように国民は、原則、その権利を憲法で守られていることは事実なのですが、戦争や犯罪が起きた時、即ち、有事のことも想定した体制が個人や国家が必要なことは言うまでもないことなのです。


一人暮らしの方でも寝る時や出かける時は、常識として鍵を掛けますよね。憲法改定反対論者達は、鍵などいらない世界なのだから・・・そんなことを心配する必要は無いと宣言しているのです。

鍵を掛けずに泥棒に進入されたら・・・誰かが全て弁償してくれる? そんな馬鹿な話は無く、自己責任です。しかし、泥棒ま側からすると・・・君・・・施錠なんてする必要ないよっ・・・日本は安全な国なのだから・・・となるわけですね。





スポンサードリンク








◆「憲法と君たち」は憲法改定反対組織の・・・?


「憲法と君たち」は日本国憲法の制定にかかわった憲法学者が子どもたち向けに憲法の大切さなどをつづった本が今月、60年ぶりに復刻された。



11月3日で憲法公布から70年。戦争の犠牲のうえに生まれた憲法に託した思いが、やさしい語り口でよみがえる。


本は「憲法と君たち」(時事通信社)。筆者は佐藤功氏で、1955年に出版された。佐藤氏は法制局参事官として憲法制定の作業に携わった後、上智大や東海大の教授などを務め、2006年6月に91歳で亡くなった。


「憲法が新鮮で人々の希望だった時代を思い返し、今がどんな世の中なのかを見つめ直したい」。


長女で児童文学作家のさとうまきこさん(68)はこう語る。父の死から10年の節目に知人の協力を得て、出版社に復刻を相談し、実現した。 


「憲法と君たち」が出版された55年は、自主憲法制定を掲げる自民党が誕生した年。


復古的な改憲論の高まりの中、佐藤氏は、憲法が生まれた歴史をひもとき、憲法の民主主義、基本的人権、平和について「どうしても変えてはならない」と著書で語りかけた。そして、国会や内閣も「憲法をやぶることがある」とし、「憲法が君たちを守る。君たちが憲法を守る」と呼びかけていた。




スポンサードリンク








◆国家の基本である有事を全く無視した理想論だしか無い


「憲法と君たち」の突然の復刻・・・要は、闇雲に『戦争してはならない』『憲法を守れ』と言う主旨にまとめられるものであり、『国家を守る』と言う国民の最大の義務の一つとしての義務が全く欠落しているのです。


報道ステに出てくる木◎(KIM)教授という人々が喜びそうな本である。


永世中立国のスイスでも軍隊はあるのです。防衛の為にも軍事力が必要なことは言うまでも無いのですが、この国防の為の軍事力そのものも憲法違反と息巻いている異状とね言える憲法改正反対論者・・・見識を疑うのですが、これが電通ではありませんが、朝鮮系・中国系に席巻させそうな日本社会の現状なのです。


英国によるフォークランド紛争でも英国軍は国家を守る為に死傷者わ出してのです。


憲法を守る・・・も良いけど・・・国家を守る・・・という大前提を無視した憲法改定反対論者達の資質を疑るものである。


日本が憲法改定で・・・当たり前の国家を守る姿勢・・・有事の際は戦う・・・という改定・・・一番困るのは誰か? それを考えたら何で今更「憲法と君たち」が復刻されたか理解出来るであろう?


PKOで海外にいる自衛員・・・今の健保絵拡大解釈では、攻撃されても自身を守る為り武器所持は認められていないという・・・呆れた状況なのです。
そんな馬鹿な国・・・聞いたこと無いですよね。


災害時や尖閣紛争時にも利用するだけ利用し、『自衛隊の存在を憲法違反』としている専門家達は、自衛隊をさっさと合憲すべきですよね。


集団的自衛権や憲法改定を一番来期待しているのは、PKO等の当事者である自衛隊・防衛省であろう?


だって保身の為の武器を堂々と持てるようになるのですから・・・。


因みに日本共産党は終戦直後、昭和21年6月29日の制憲議会において日本共産党の野坂参三は「戦争には自衛戦争と侵略戦争があり、憲法で侵略戦争は禁止しても自衛戦争は認めるべきではないか」と答弁し[8]、日本人民共和国憲法草案をもっていた。現在は綱領を改定して護憲を方針とし、改憲論議自体に反対している。



スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

朴政権t退陣要求デモに10万人参加・韓国転覆は米国・CIAの仕業? [国際情勢]



朴大統領の退陣要求デモに10万人とのことで急を告げている韓国ですが・・・勘違いしていた朴政権・韓国は米国を怒らせたのです。


10月の半ばに『99%の日本人は気付いていない韓国の危機!』と言う下記投稿をし、迫りくる朴政権の崩壊予測をしていたのです。



『CIA』が望む朝鮮半島炎上のシナリオ・99%の日本人は気付いていない韓国の危機!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-17


要は・・・


日本では殆ど報道されませんが、お隣韓国は大変なことになっている模様です。
米国CIAに先導された国民と組織の一部が北朝鮮・中国との紛争を装い・・・朴大統領・韓国を転覆(朴政権)させようとする動きがあるのです。

何故、韓国転覆は米国・CIAの仕業・・・と言えるのかというと・・・小生の予測通りに全て運んでいるからです。




スポンサードリンク








◆植民地・韓国が宗主国である米国を無視した動きに起こった米国


朴大統領・韓国は米国の軍事上、重要な略拠点として位置付けられているのですが、これ以上、韓国には任せて置けないという理由が米国にはあるのです。


兎に角、『横柄』『米国のいうことを聞かない』朴政権・韓国に流石に米国もうんざりしているのです。


今思うと・・・崔順実(チェ・スンシル)と言う中国のスパイが朴政権を操っていたのでしょう・・・それなら朴大統領のちぐはぐな外交がわかりますね。




スポンサードリンク








◆抹殺されるに十分な資格保有者である朴大統領



父親は、元韓国18代大統領ですが、ご存知の通り元日本陸軍の「岡本中尉」その人であります。

韓国では、未だに過去に日本と親しかった一派か粛清の対象となっている国で、そのような朴大統領も反日を前面に押し出して大統領職の維持に努めていたものと推察されますが・・・。
米国を怒らせたのですから・・・何か起きてもおかしく無い状況と言えます。


米国を怒らせたAIIB参加表明・米国内での必要以上の従軍慰安婦ロビー活動・北朝鮮との融和拒否・日本との通貨支援策の拒否・・・言い出したらきりが無い程、ことごとく米国の意図を無視し続けてきたのです。


以前にも「見捨てられた韓国」という内容の投稿を致しましたが、日本の安保以上に米軍に頼っている韓国ですが、その米国への対応は極めて勘違いしている朴大統領なのです?



◆韓国・ソウル中心部で朴大統領の退陣求め数万人規模の抗議集会(FNN様)


韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の一連の疑惑をめぐり、韓国の一部メディアは、朴大統領への検察の聴取が、11月中旬にも行われると報じた。


一方、5日午後から、ソウル中心部で数万人規模の抗議集会が開かれていて、朴大統領をめぐる情勢は、ますます厳しくなっている。
午後4時ごろから韓国・ソウルの広場で開かれた、朴槿恵大統領に対する抗議集会。
市民数万人が、大統領の退陣を求めた。


デモに参加した人は、「政府が能なし、腐敗していて、怒りしか感じなかったので、参加することにした」、「怒りで胸が張り裂けそうで、家にいるだけではいけないと思った」などと話した。


親友である崔順実(チェ・スンシル)容疑者の逮捕で、まさに窮地に立たされた朴大統領。
朴大統領は4日、「言葉にできない大きな失望とご心配をかけ、あらためて、心より謝罪申し上げる」と述べた。


4日、国民に謝罪し、検察の捜査を受け入れる考えを示したが、国民の怒りは収まらず。
さらに、側近の安鍾範(アン・ジョンボム)前首席秘書官や、チョン・ホソン前秘書官らの身柄が次々と拘束されるなど、大統領包囲網が、さらに狭まりつつある。


4日、与党セヌリ党の議員が集まり、今回の問題を一斉に謝罪。
朴大統領も、首相を電撃的に交代させる人事を発表し、事態の沈静化を図ろうとしたが、野党側は猛反発。


野党が要求している人事や捜査を受け入れなければ、退陣要求運動を起こすと表明した。
5日の韓国紙は、朴大統領に対し、「権力への未練が捨てられない」、「早く国政を手放すべき」など、厳しい論調が目立った。


もはや避けられそうもない、大統領への捜査と辞任。


京郷(キョンヒャン)新聞は、朴大統領への事情聴取が、崔容疑者が起訴される前の11月17日から18日ごろに、大統領府以外の「第3の場所」で行われる可能性を伝えた。


そうした中、北朝鮮のテレビは4日、「敬愛する金正恩(キム・ジョンウン)同志が、朝鮮人民軍特殊作戦大隊を視察した」と報じた。


金正恩朝鮮労働党委員長が、韓国の要人を狙うために作ったという、特殊部隊を視察したと伝えた。
報じられた写真には、韓国の立体的な地図の前で、軍幹部に指示する金委員長の姿があった。
大統領への捜査で混乱する韓国に対し、けん制する狙いがあるとみられている。


朴政権の崩壊だけで済めばよいのですが・・・まだ臭いネタは韓国を覆っているのですが・・・これは次回といたします。


全て米国・CIAの計画通りに進展している朴政権の崩壊です。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース