So-net無料ブログ作成
検索選択

電通の本質は行動規範『戦略十訓』と『鬼十則』に現れている? [日本の習慣]

電通社員だった東大卒業の『高橋まつり』さんが自殺した事件で、以前より
日本の裏社会の代表格である電通には少なからず興味を持っていたのですが、
今回、調べるに従い・・・あるわ・・・あるわ・・・臭い社是等の企業文化。


政党のTVコマーシャル等・・・殆どの政治活動にも関与しており、まさに日
本を食い物にしている悪徳企業の壁を飛び越えた裏社会そのものの存在を感
じたのです。


日本の一流企業に今も敢然と蔓延る利益絶対主義・・・その壮絶な品の無い
企業の一面を見た思いがすると同時に日本社会のマスコミ・広告・・・更に
はオリンピックエンブレム問題にも見られるようにこのような裏社会企業が
牛耳っている実態に非常に憤りを感じるのです。


◆電通社員の行動規としての鬼十則


4代目社長吉田秀雄により1951年(昭和26年)につくられた、電通社員の
行動規範。来日したGE社長に英文版を贈ったとも言われる。

・仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
・仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではな
い。

・大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
・難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
・取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
・周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地
のひらきができる。
・計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努
力と希望が生まれる。
・自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味す
らがない。
・頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービ
スとはそのようなものだ。
・摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練
になる。


朝鮮系企業の代表格だった電通なのです。今更、排除も出来ない程、この悪
徳企業は日本社会に深く入り込んでいるのです。



◆戦略十訓に見る電通の本質


TVコマーシャル等を通じて国民をプロパガンダ漬けにして国家全体を操作すると
いう姿勢が良くわかります。


1970年代から電通PRが以下の戦略十訓を提唱した。 元のアイデアはヴァンス・
パッカード(Vance Packard)著『浪費をつくり出す人々』(1960年)といわれ
る。


この『戦略十訓』は、対国家レベルで考えると朝鮮系の日本侵略に対する本質が
見えてくるのです。


朝鮮系の力はオリンピックエンブレムのみならず、東京都の豊洲問題・・・更に
はカジノ利権にも深く関与しているわけです。


豊洲問題の核心にあったカジノ戦争? 朝鮮系とユダヤ系=小池氏の代理戦争!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-04-5

【電通の戦略十訓とは?】

もっと使わせろ
捨てさせろ
無駄使いさせろ
季節を忘れさせろ
贈り物をさせろ
組み合わせで買わせろ
きっかけを投じろ
流行遅れにさせろ
気安く買わせろ
混乱をつくり出せ





スポンサードリンク








◆オリンピック・エンブレムも在日作品を最初っから選定していた電通の力


一文字の『森元首相』の出自は別にして在日の佐野氏作によるオリンピック・
エンブレム選定作業も全て電通が裏で仕切っていたことが判明しており、ここ
まで電通の意のままに操作出来る脆弱な日本社会という現実に愕然とした。



2015年 東京五輪のエンブレム盗作騒動(ベルギーのリエージュ劇場のロゴデ
ザイナーが、元アートディレクターの佐野研二郎氏のデザインは自身の盗作であ
るとしてIOCを相手取り、ベルギーの裁判所にエンブレムの使用差し止めと賠償
金を提訴した。


結果エンブレム撤回となった問題)この中で、五輪組織委員会のクリエイティブ
ディレクターという幹部役で審査委員でもある電通のディレクターである男性社
員が、佐野氏が製作したデザインを2度にわたる修正を経たうえで推す形を取っ
たとされる。


また、この男性社員は同じく佐野氏が製作したサントリーのトートバッグの広告
担当としてデザインを発注しており、なおかつ審査委員8人の人選も担当している
(サントリーはこのバッグの使用中止を発表)こうした出来レースの疑惑から、五
輪組織委員会、佐野氏のみならず電通も説明責任が問われる事態に発展した。


東京オリンビック誘致で裏社会に牛耳られているJOCや電通が裏金送金?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-13


五輪エンブレムは在日作品で決まっているのに国民を騙して最終候補4点を発表!http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-09-1




スポンサードリンク











◆電通は在日が設立したプロパガンダ企 業


1901年(明治34年)、光永星郎によって設立された「日本広告」を前身とする。


1907年(明治40年)、やはり光永(在日)によって設立されたニュース通信社「日
本電報通信社」と合併。


1936年(昭和11年)、国策によりニュース通信部門を同盟通信社に譲渡し、広
告代理店専業となる。

1947年(昭和22年)に連合国軍最高司令官総司令部により公職追放された上田
碩三の後任として吉田秀雄が第4代社長に就任し、広告取引システムの近代化に
努めた。軍隊的な社則「鬼十則」を作るなど、電通発展の礎を築いた。


1984年(昭和59年)のロサンゼルスオリンピックよりスポーツイベントに本格
参入。以降、スポーツイベントでの業務拡大が続く。1986年(昭和61年)には
日本放送協会(NHK)との肝いりで、NHKの子会社である株式会社NHKエンタ
ープライズ25%、電通25%の共同出資による株式会社総合ビジョンを設立した
が、これは諸般の事情により。


2013年7月1日付けでNHKエンタープライズに吸収合併される形で解散した。
2001年(平成13年)11月30日に株式を上場した。


広告代理店として単体では世界で最大(グループとしては5位)の売り上げ規
模であり、連結売上高は2兆円を超える(2008年3月期決算による)。国内2位
の博報堂の売上高の約2倍、3位のADKの売上高の約4倍と、名実ともに日本最
大の広告代理店であり、「広告界のガリバー」の異名を持つ。その圧倒的なシ
ェアゆえ、市場の寡占化が問題視され、2005年(平成17年)に公正取引委員会
による広告業界についての調査がなされた。


しかし、海外展開は欧米の大手広告グループと比べると非常に弱く、海外での
認知度も低い。その為に、近年は欧米の広告グループとの提携に力を入れており、
2000年(平成12年)には、アメリカ合衆国の「レオ・バーネット」などと共に、
広告会社グループ「bcom3」を結成。2002年(平成14年)以降は、レオ・バーネ
ットを買収したフランスに本拠を置く世界有数の規模を持つ広告代理店「パブリ
シス」グループと資本提携関係にある。


1987年(昭和62年)に制定された「CED」の5番目の社章は「Communications
Excellence DENTSU -卓越したコミュニケーション活動を」を表しており、2002
年(平成14年)12月まで使用された。現在使用されている「dentsu」の社章は
2002年(平成14年)12月の汐留移転を機に制定された6代目である。

広告業界では、頭文字を取って「D」と呼ばれることが多い。


第二次世界大戦前より「富士登山」が恒例行事とされる(「電通通信社史」
による)。


社員として政財界・芸能界等の有力者子弟を多く採用するため、この体質が
「コネ通」と揶揄されることがある。


2005年(平成17年)、公正取引委員会が調査を開始し、調査報告書において
電通の広告業界における寡占化の進行の事実を指摘した上で「公平性、透明性
の確保が必要」と結論づけた。





◆事件・不祥事(WIKI様)


1991年、過労死自殺した電通社員の親族が「社員の安全配慮義務を怠った」
として、電通を相手に損害賠償を請求する裁判を起こし、最高裁判所まで争
い原告の主張を全面的に認める和解をしている(最高裁判決平成12年3月24日
第二小法廷)。


当時としては破格の億単位の賠償金が話題となった。(電通事件)


2010年には、大阪市中央区のコンサルタント会社・『インベストメント・パ
ートナーズ』(インベストメントパートナーズとは別会社)が、高利回りがあ
ると虚偽の勧誘をして多額の現金を集めた出資法違反事件の共犯として、元電
通社員の男性(同志社大学ラグビー部OB)が大阪府警に逮捕された。


2010年 日清食品の北アルプス・槍ケ岳でのテレビCM撮影を巡り、環境省の
自粛要請にもかかわらずヘリコプターを使用し登山者に迷惑をかけたとして、
環境省が日清・電通・葵プロモーションに異例の文書指導を行った。


2011年 電通の元部長が在職時の2008年10月頃に「イベント制作費を前払い
すれば、5%上乗せして返済する」と持ちかけ、知人が経営する会社から約
1億6000万円をだまし取った疑いで逮捕された。


電通の新入社員でインターネット広告を担当していた当時24歳の女性が、
2015年末に自殺。


この女性は、同年10月9日からの1ヵ月間だけで見ても、時間外労働がその
前の1ヵ月間の2.5倍に当たる約105時間に増えていたという。


三田労働基準監督署はこの女性について、2016年9月30日付で労働災害と
認定し、労災保険を支給することになった。この件に関連して東京労働局
は2016年10月14日に、電通本社のほか、関西支社・京都支社・中部支社の
3支社をも、労働基準法に基づき強制調査を実施した。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全で
す。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

米国大統領選挙トランフ肉薄の真相と『トランプ暗殺』しかなくなったヒリラリーの派の勝利? [国際情勢]



スポンサードリンク








米国大統領選挙投票最終段階に入って、ヒラリー氏の新たなメール疑惑がFBIにより暴露され、トラリー氏のトランプ氏に対する優位は僅か数パーセントへと肉薄しています。


米国大統領選挙については、異常とも取れるマスコミ中がヒラリー氏支持を表明したにも関わらず、ヒラリー氏は苦戦しているのです。


この辺に今回の米国大統領選挙の真相があると言えますが、ヒラリー氏の゛選挙のお相手であるトランプ氏も・・・10月末に『車で移動中』に制御が利かなくなると言う事件に巻き込まれていたのです。


自然事故なのか? ある組織によりる暗殺計画なのか?


RTN(RealTrueNews): のスタッフがトランプ氏のスタッフからの情報として次のニュースを伝えました。


天から使命を与えられたものは、使命の達成のために助けられます。どんな邪悪な企ても、間一髪、切り抜けることができます。そんな英傑が5人いれば、世界は生まれ変わります。


http://beforeitsnews.com/u-s-politics/2016/10/trump-assassination-plot-exposed-2511805.html


我々(RealTrueNews)はトランプ氏を乗せたSUVに同乗していたトランプ氏の選挙キャンペーン・スタッフからある重大な情報を入手しました。





スポンサードリンク







◆トランプ氏が交通事故を装って暗殺されそうになった経緯(richardkoshimizu様より転載)


以下が彼が我々に話してくれたSUV内での出来事です。


RTN(RealTrueNews): 何が起きたのか話してくださいますか。


我々はトランプ氏と共にSUVに乗って集会に向かっている途中でした。スピードを出して走行中でした。SUVは武装しており、護衛も同乗していましたので安全は確保されていると思っていましたが。


SUVのエンジンが急に異常音を発したのです。そしてドライバーはブレーキが利かないことに気が付き恐怖でパニック状態になりました。


我々を乗せたSUVはスピードがどんどん加速していきました。トランプ氏は、「緊急ボタンを押しなさい。」と言いましたが、ドライバーは、「だめです、衝突して大破してしまう。」と叫びました。後部座席にいた我々はスピードが80マイル以上になりRPMメーターが赤く点灯しているのがわかりました。


幸いにも、その時、トランプ氏はバロン・トランプ氏(息子)と電話で通話中でした。バロンはトランプ氏に、お父さんはBluejacketedなんだ、と言ったのです。


RTN: Bluejackedとは?


TCS: Bluejacketedとは、SUVの新型車のことであり、ハッカーがBluetoothを介してこの車の制御装置に侵入し車を衝突させることができるのです。ブレーキのスイッチを切り、自動変速、アクセルが作動し、 ハンドル操作が殆ど不可能にさせるのです。ハッキングにより車が非常に恐ろしいものに変わります。
RTN: どうやって危機を脱したのですか?


ドライバーは上手くハンドル操作をやっていましたが、何かに車をぶつけることは避けられませんでした。


我々はみなシートベルトをしっかりと締めようとしたのですがパニック状態でした。ただ一人、冷静だった人がいます。それはトランプ氏です。彼は、これをなんとかせい、と命令したのです。


バロンは、電話の向こうで、父親のトランプ氏が怒りながらパタパタとタイプしていたのが聞こえました。
トランプ氏は、「今、ON-STARシステムを調べている最中だ。待て、バイオスにセキュリティ侵害がある。しっかりつかんでいろ。赤く点灯させてる。」と言っていました。

その後、息子のバロンは、「お父さん、今、バイオを点灯させ、Exploit(セキュリティ上の弱点)を破壊した。


その後、ナビを頼りに集会場所に無事到着しました。大観衆でした。すごい勢いです。しかし警察は証拠がないから捜査しようがないと否定的です。



◆トランプもヒラリー暗殺を扇動する発言


「もしヒラリー・クリントン氏が判事を指名する立場になったら、我々には為す術がなくなる。


これはヒラリー氏が選挙に勝って政府側に廻った時のことを示唆しています


2016年8月8日(米現地時間)、ドナルド・トランプは共和党の基本経済政策について予め用意したプロンプターを棒読みし、選挙活動の"再起動"図ったが、その翌日、これまでにないほど酷く危険な言葉をアドリブで発した。


選挙活動中にトランプは他にも、ジョン・マケインの戦争捕虜経験を批判し、メキシコ人をレイプ犯呼ばわりし、イスラム教徒を国から締め出すと発言し、ゴールドスター・ファミリー(名誉戦傷勲章受章者の家族)を批判したり、ロシアに対し大統領選のライバル(クリントン)へのハッキングを促したりと、数々の問題発言を放ってきた。


8月8日、ノースカロライナ州ウィルミントンで行った演説でトランプは、最高裁をはじめとする判事をヒラリー・クリントンが指名することに対する憂慮の意を表明した。


「もしヒラリー・クリントン氏が判事を指名する立場になったら、我々には為す術がなくなる。(武器携帯の権利を定めた)憲法修正第2条を擁護する人々には、それを止める手段があるかもしれない。私にはよくわからないが」。


よく考えてみて欲しい。2大政党のひとつの大統領候補が政敵への"行動"を促しているのである。

一方でクリントン陣営や、ネット上の声はそれとは異なる解釈をしている。つまりトランプ氏の発言は明らかに「政敵に対する暴力を示唆している」と見ている。


今回の騒動では、クリントン側の肩を持たざるをえない。トランプの発言は、銃の所持を支持する特定のグループが、クリントンや彼女の指名する判事たちに対して何か事を起こすように仕向けている。そのグループができることとは? 銃の使用に他ならない。


「クリントンや判事たちに対して武器を取れ」というトランプの発言を、多くの人々は無意味な発言として受け止めるだろう。ほとんどの人々はジョークとして受け流すだろうが、中にはトランプ氏の発言を真剣に受け止め、行動を起こす可能性を探る人も必ずいるはずである。


つまりトランプはテロ行為を扇動したのである。法にも引っかからない暗示的な“stochastic terrorism(暗示的なテロの扇動)”については、この10年以上に渡り学会でたびたび論議されてきた。その言葉が今回はぴったり当てはまる。


“stochastic terrorism”については、数年前にとあるブロガーが取り上げ、「言葉やその他の方法で不特定の人々を扇動し、暴力やテロ行為を起こすように仕向けること。


トランプ氏の今回の発言をもう少し掘り下げてみよう。彼の発言に従ってクリントン氏や判事らに対する暴力行為を起こす特定の個人を予測することは、統計学的に不可能である。しかし、どこかの一匹狼がいつかトランプ氏が示唆したような暴力行為を起こす可能性があることは間違いない。


言い換えれば、トランプ氏はどの犬が聞いているかもわからず、やみくもに犬笛を吹いているのである。


妊娠中絶反対派による暴力行為に反対する人々は、残念ながらこの状況をよく理解している。ヴァレリー・タリコは、2015年11月にコロラドスプリングスの中絶関連施設プランド・ペアレントフッドで発生した銃撃事件を受け、暗示的なテロについて書いている。彼女が挙げているテロのパターンは100%、ドナルド・トランプと彼の支持者に当てはまる。ただ、実際に暴力沙汰が起きていないだけである。 タリコによる定義は以下の通り


1) 放送や演説の場を利用できる公人が、個人や個人の集まりである集団を悪い方向へ扇動する。
2) 繰り返しにより個人または集団は次第に人間性を奪い、恐怖と道徳的嫌悪感を煽り、忌まわしく危険な人間に変身させる。
3) 暴力のイメージやメタファー、暴力に関するジョーク、敵対する集団に対する過去の粛清の模倣、正当な宗教的言動の悪用──これらは一般的に、武器に対する明示的な要求がなければ停止する。
4) 実際に暴力行為が起きた時、その暴力行為を示唆した張本人である公人は、「この悲劇は誰にも予想できなかった」と、その暴力行為を非難する。

これらは、ドナルド・トランプ氏のヒラリー・クリントン氏に対抗する選挙キャンペーンに当てはまる。


1) トランプ氏は、クリントン氏を「嘘つきヒラリー」と呼び、常に彼女の品位を落とそうとしている。
2) 集会では、繰り返しクリントン氏を犯罪者呼ばわりし、(クリントン氏に対する)恐怖と道徳的嫌悪感を人々に植え付けるようにしている。
3) 武器の使用を明示しないものの、暴力的メタファーや彼特有のジョークを使ってクリントン氏を攻撃している。


今は、タリコの挙げた4番目(暴力事件の発生)が実際に起きないことを祈るのみである。もしも暴力沙汰になった場合、トランプや彼の支持者は間違いなく「この悲劇は予測できなかった」と言うだろう。




我々は、トランプ氏の発言通りの暴力事件が起きないことを祈るのみである。また、一匹狼のテロリストたちがこの記事を読み、悪のサイクルの次のステップへ進むことのないように願う。


トランプ氏のやってしまった事は明らかである。誰がその暴力行為を実行に移すかということに直接トランプ氏が関与しないとしても、彼が、ヒラリー・クリントン氏や彼女が指名する判事たちに対する暴力行為を扇動したことは間違いない。





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

ハスの花が咲かない琵琶湖以西で『地震の前兆現象』が多発している? [地震]



地震の前兆現象というものは人間の手の届かない所で自然界が起こす現象のことですが、自身の狭義の知識だけを信仰する学者と呼ばれる集団はこれら自然界の前兆現象を認めようとせず・・・いろいろなこじ付けを考え出すものなのです。


今回は、琵琶湖のハスの花が消えたというニュースでありますが地震の前兆現象とはかけ離れた土壌内の酸欠という驚くべき見解が発表されたのです。


更に福岡では大量のカブドガニに死んだ・・・という話もあるのですが、共通点は、ドロの地下で何かが起こってるということではないでしょうか?

これらを総合的に判断すると地震の前兆現象という説の方が土壌の酸欠やカメがハスの芽を食べつくしたという怪説よりはるかに説得力があるといえます。


カブトガニの大量死は第二のプラザ合意に向け人工地震を使うという恫喝?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-3




スポンサードリンク








◆琵琶湖の名所から大量のハスが消えた(産経新聞)



琵琶湖の名所から大量のハスが消えた… さまざまな憶測、一体何が起きたのか


昨年6月下旬の琵琶湖・烏丸半島のハス群生地の様子。ハスの葉で湖面が覆われている。(下)今年6月下旬の烏丸半島の同じ場所。


国内最大級のハス群生地として知られる滋賀県草津市の琵琶湖岸にある烏丸(からすま)半島。例年、夏のシーズンにはハスの葉が湖面を埋め尽くし大勢の見物客でにぎわうが、今年はそのハスの名所からハスが消えてしまった。


地震の前兆現象とは絶対にいいませんが?


突然変異か、環境の変化が原因なのか…。観光面での影響も大きいとあって県などが詳しく調査したところ、意外な事実が分かった。長年にわたって群生したハス自身が成育に適さない条件を作り出していたのだ。ハスがハスを消す-。一体何が起きているのか。


ハス群生地は、本来なら6月下旬には一面が緑色の葉に覆われ、ピンク色の花が咲き始める。広さは約13ヘクタール、甲子園球場のグラウンドの約10倍だ。ところが、今年は水面にほとんど葉が出てこず、草津市公園緑地課は「20年以上観察しているが、経験したことがない」と話す。





スポンサードリンク








◆ハスの花の咲かない原因に無理がある



カメによる食害・・・流石にこれには馬鹿馬鹿しくて降参させられたものです。大の大人が良く考えたものだと・・・。
この見解を発表した専門家は


病気にかかったのかも、いや土壌環境が悪化したに違いない-。


突如消えたハスをめぐっては、研究者の間でさまざまな推測が飛び交った。一体何が原因なのか。


県や市は7月、水中に潜り、ハスの葉や地下茎のサンプルを採取。9月には外部機関にも分析を依頼し、調査を進めてきた。そして10月中旬、第2回関係者会議で意外な調査結果が明らかにされた。


原因は土壌環境の悪化・・・開いた口が塞がらない見解でした。


ハス自身が成長の過程で生育環境を悪化させていた。烏丸半島周辺は、約40年前からハスの生育が拡大したとみられるが、40年以上に渡って湖底にハスの葉や茎が積み重なり、土壌内が酸欠になっていたのだ。今回判明した湖底の土壌の酸欠状況は、陸上の植物が生育できないほどのレベルだという。一方、推測されていた病気やカメなどの食害の可能性はほとんどないとされた。また、気象条件や水質についても、例年と比べて特異な状況はなかったと確認された。


佐賀県で発生している同現象もこの理由なのだろうか? 馬鹿馬鹿しい?



調査に関わった滋賀県立大の小林圭介名誉教授は「長年、ハスが生育面積を拡大していく中で、有機物が湖底に堆積して嫌気的状態となり、過密な生育状況も重なって、一気に衰退したのでは」と話す。ハスにとってみれば、生育面積を自ら拡大する中で、逆に自身の生育に適さない環境へ土壌環境を変えてしまったというわけだ。


ようやく解明された原因。だが、関係者の表情は晴れない。対策を実行するには湖底のハス同様、問題が積み重なっているからだ。県や市は環境改善に向け、湖底をさらうことや耕運作業を検討しているが、小林名誉教授は「湖の環境は複雑。原因は土壌環境の悪化だけではないかもしれない。湖底をきれいにしたところで、それですべて解決するとは限らない」と指摘する。


◆不毛な対策



さらに、対策にはどの機関が責任を持つかが明確になっていない。県琵琶湖政策課によると、同地域は県が条例で「ヨシ群落保護地区」としており、ヨシの保全、保護の施策ならば県が行うが、ハス保護の根拠となる法令はないという。

また湖で工事などをするための河川法では、洪水などの防災対策は行えるが、今回は当てはまらない。ハス再生の主目的は、観光資源の復活と位置づけられるからだ。県は「もともと自然にあったものを観光に使っているので、どこが管理の責任者なのか定義が難しい」(同課)と距離を置き、観光資源復活を目指す草津市も「県や近隣市と協議しないと動けない」という。


何とも融通のきかない状況だが、さらに複雑なのは、地元でもハスの復活が必ずしも望まれていないということだ。「ハ


スが増えればいいというものではない」と、守山市の漁業組合の関係者は話す。同組合はハスの群生地近くの赤野井湾でフナやコイを捕っているが、ハスの葉や茎が湖底に堆積すると、「腐ってヘドロになり、水は濁るし臭くなる。魚の生息環境も悪くなる」と懸念する。



琵琶湖だけでないハスの花が咲かない異変(佐賀新聞様)
http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.887635.article.html

全国で発生しているダムや湖の枯渇や水位の低下・・・これも地面の氏の下の話・・・どうしても地震の前兆現象と結びつくという見解を持っているのです。


熊本・鳥取地震もあり、関西以西の地方で大変な変動が地下で起きていると理解すべきなのですが・・・。
土壌の酸欠で国民を騙そうとしているうら組織です。




スポンサードリンク








kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/