So-net無料ブログ作成

竹富島を利用した「月虹」のプロパガンダは『西表海底火山』の噴火の合図? [国際情勢]




竹富島に幸せ招く“夜の虹” 4年ぶりに観測 ・・・石垣島で確認されたUFOの出没・・・これ確実に天変地異の前兆現象でしょうね?




スポンサードリンク









UFOが確認された石垣島の隣が竹富島・・・この近海には西表海底火山が海中に存在するのです。その危険信号をぼやかす目的で『幸せ招く夜の虹』なんて言うロマンチックな詭弁で一般人を騙していることは確実と断言できますね?



石垣島でも確認されたUFOは『巨大人工地震』の前兆か?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-18-2



武富.png



西表海底火山(いりおもて かいていかざん)[1]は、西表島の北北東約20kmの海底に位置する火山で、気象庁は西表島北北東海底火山(いりおもてじま ほくほくとう かいていかざん、英称:Submarine Volcano NNE of Iriomotejima)の名称を用いている[2]。





スポンサードリンク









◆竹富島に幸せ招く“夜の虹” 4年ぶりに観測(沖縄タイムス様)



竹富 虹.jpg



◆竹富島に幸せ招く“夜の虹” 4年ぶりに観測


石垣島天文台(宮地竹史所長)は16日、月の光がつくりだす夜の虹「月虹(げっこう)」を確認した。


幸せを招くとされる自然現象で、前勢岳山頂で空の状態を監視する同天文台のスカイモニターカメラが、竹富島と小浜島の上空に大きな弧を観測し、撮影した。


天文台によると、月虹は、月の光が大気中の水滴で屈折し、虹ができる珍しい現象。星空保護区も目指している八重山地域では、夜空の暗さや澄んだ空気など観測条件が整いやすいという。


同天文台による観測は2012年1月以来。午後7時6分からと、同8時40分からのそれぞれ約15分間確認できた。


ハワイでは「ムーンボー」などと呼ばれ、「幸せを招く」「願いがかなう」と言われており、宮地所長は「地震など災害に見舞われた地域が早く復興し、皆に幸せが訪れることを願いたい」と話した。




スポンサードリンク







kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ボブディラン、ノーベル賞受賞拒否・辞退?  事務局からの4回の連絡に返答無し? [国際情勢]



ボブディランのノーベル文学賞は世界中を賑わしているのですが、受賞辞退の可能性が大変高くなってきました。




スポンサードリンク







◆ノーベル文学賞受賞辞退に動くボブディラン



情報によれば、日本時間14日(金)0時(現地時間13日午後5時)になっても、ディランとの連絡は取れていないとノーベル賞事務局が発表しました。


ディラン.jpg


おそらく、彼はノーベル文学賞を辞退するだろう。反骨魂は70歳を超えた今日でも生きていたということなのだろうか?


ボブ・ディランは1941年生まれのシンガーソングライター。過去にはグラミー賞やアカデミー賞も受賞している。


1962年のアルバム「ボブディラン」でデビューし、その後、公民権運動が高まりを見せるアメリカにおいて、「フォークの貴公子」としての支持を集め始める。


1964年にアルバム「時代は変わる」をリリースするが、世間の自分に対する反既存政権、強権主義へのデモクラシー的象徴のイメージに対して、本人は嫌悪感を抱いている。




スポンサードリンク








◆過去にノーベル賞を辞退した人


過去にノーベル賞を辞退した人は「サルトル」が有名である。
哲学を習ったことがある人なら必ず聞く名前だ。


ジャン=ポール・サルトル(1905-1980)
1964年にノーベル文学賞を受賞が決定したがサルトルは「いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない」と言って辞退。


「ダイナマイトなる非平和的発明をした人の作った賞などは受け取れない」
「受賞することで、人々の彼への評価・関心が彼の文学そのものから、″ノーベル賞受賞者サルトル″になってしまうのを嫌ったから」
といっていた。かたくなに拒否したようだ。

他には、

ボリス・パステルナーク(1890-1960)1959年にノーベル文学賞辞退
国際情勢により反対運動に合いしぶしぶ辞退


ゲルハルト・ドーマク(1895-1964)1939年ノーベル生理学・医学賞辞退
これも国際情勢によりドイツ入賞禁止で辞退

ジャン=ポール・サルトル(1905-1980)1964年にノーベル文学賞辞退
→上記の理由で もしボブディランが拒否するなら彼に近いものがあるかも


レ・ドゥク・ト(1911-1990)ノーベル平和賞辞退
→「まだベトナムとの真の平和は得られてない」素晴らしいですね


と過去に4人いるようだ。


ボブディランは社会性の強いメッセージを発信してきて、権力を批判してきたわけだから権力によって表彰・名誉をもらうことに抵抗があるのではないか?という声が非常に納得できる。


いわくつきの賞も中にはあるノーベル賞。本質を見抜くボブディランは賞を受けることはむしろ不名誉と思っているかもしれない。


→村上春樹氏がノーベル文学賞を永遠に取れない理由は、エルサレム受賞スピーチにあった?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13-2


→ボブ・ディランにノーベル文学賞? 歌手にも負けた世間知らずの闘争家・村上春樹氏の赤恥度?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13-3




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ドゥテルテ氏の訪中で米中の利権争いはドゥテルテ氏の暗殺も含めて激化する。 [国際情勢]


今、米国と中国の間で麻薬利権などを中心とした争いが行われているのです。


マッカーサーが第二次世界大戦の時、 I SHALL RETURN と言ってフィリピンを離れたことは有名ですが、マッカーサー家をはじめとした米国系は麻薬利権やゴム・バナナ農園等の巨大利権がフィリピンにあったのです。

フィリピンを日本軍に追い出されたマッカーサーが苦し紛れに言った言葉・・・それが・・・ I SHALL RETURNだったわけですね。


フィリピンの新大統領のドゥテルテ氏が中国を訪問しましたが、『中国接近』と報道されているが、当サイトでは、最初っからドゥテルテ氏は中国系華僑の支援を受けている人であり、中国側に寄り添って政策することは明白だったのです。


更に麻薬ギャングま殺戮も正義からのものでは無く、その利権を中国系に譲り渡す為、現麻薬組織の撲滅を目指してのものだったのです。


フィリピンの新大統領のドゥテルテ氏の華僑財閥との深い関係?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-12-2




スポンサードリンク









◆米国のフィリピン利権は米西戦争の勝利の時からはじまった



米国の得意とする挑発に引っ掛かり・・・スペインは米国との戦争に突入したのですが、1898年末に講和が成立しました。(アメリカの勝ち)


米西.jpg



米西戦争ではアメリカに協力して戦ったフィリピンの独立派アギナルドのフィリピン共和国に対してはその独立を認めず、フィリピン=アメリカ戦争で植民地支配を開始し、それを足場に、中国への進出をはかることとなる。



◆ドゥテルテ氏中国訪問


フィリピンのドゥテルテ大統領は十八日、就任後初めて中国を訪問した。


四日間の日程で二十日には習近平国家主席と会談する。フィリピン大統領の公式訪中は五年ぶり。十九日から公式活動を開始し、李克強首相、張徳江全国人民代表大会常務委員長とも個別に会談する。


中比関係はアキノ前政権下で対立。南シナ海問題ではオランダ・ハーグの仲裁裁判所が中国の主権主張を否定する判断を下した。経済協力を得たいドゥテルテ氏は対話路線にかじを切る一方、中国はフィリピンの取り込みを図って問題の「棚上げ」を狙う。


ドゥテルテ氏は数百人の経済人や企業家を同行。中国と貿易、投資など多くの経済分野の協力文書に調印する見通し。訪中に合わせて中国商務省は十八日、フィリピンへの投資増大と果物など農産物の輸入拡大を表明し、歓迎ぶりをアピールした。王毅外相も十八日の記者会見で「歴史的な訪中で両国関係の新たな出発点だ」と強調。同日夜、北京国際空港に到着したドゥテルテ氏を王氏が出迎えた。



◆南シナ海問題で懸念も (東京新聞様)


フィリピンのドゥテルテ大統領は東南アジア諸国連合(ASEAN)域外で初の訪問先に中国を選んだ。(最初っから決まっていた)


米国と距離を置き、中国に接近する姿勢をフィリピンの外交関係者は「したたかで新しいアプローチ」と評価する。しかし、南シナ海問題でフィリピンの主張を認めた仲裁判断が出た後も、主権を主張する行動を起こさないことには批判も出ている。


「私が話をしたいのは中国だけだ。他の国には興味がない」。中国国営新華社通信が十七日に伝えたインタビューで、ドゥテルテ氏は中国を重視する考えを強調してみせた。祖父が中国からの移民だったことにも触れ、中国に親近感を抱いているとアピールした。


アキノ前政権が親密だった米国とは関係が悪化している。九月にオバマ米大統領への暴言で首脳会談をキャンセルされる失態を演じたが、米国離れは加速し、南シナ海での共同哨戒や軍事演習の中止、軍事協定の見直しにまで言及した。


対米関係で一線を画す外交姿勢について、元フィリピン外務次官バハ氏は本紙の取材に「中国と外交関係を開こうとしているのは、新しいアプローチだ」と指摘。米国一辺倒から脱却することで米中双方からフィリピンが重要視される、したたかな戦略と歓迎した。今回の訪中でも経済協力の拡大が見込まれている。


中国は、2000億規模の経済支援を用意している模様?


「われわれは今、対米関係見直しの過程にいる」と解説するのは、元フィリピン国防相のメルカド氏。


フィリピンは米国植民地だった影響で米文化や政治システムを取り入れた。だが、軍事面で米国が供与する装備は中古品ばかりで、役に立たないと不満も多い。メルカド氏は米国と対等な関係に近づく上で、ドゥテルテ氏に期待できるという。


一方、バハ氏は南シナ海問題を巡るドゥテルテ氏の姿勢に懸念を抱いている。仲裁判断が出て三カ月たっても、積極的な行動を起こしていないからだ。バハ氏は「時間をかけてはだめ。仲裁判断の価値が低下してしまう」と、外交交渉を有利に運ぶ道具として活用するよう注文した。


バハ、メルカド両氏とも米国がフィリピンにとって重要な役割を果たし続けることは認めている。ドゥテルテ氏が「オバマよ、地獄へ落ちろ」などと挑発的な発言を繰り返していることに、バハ氏は「素晴らしい政策を考えていても、暴言によって失われることがある」と苦言を呈した。




スポンサードリンク











◆国家GDPの10%がメイドによる外貨獲得という寂しいフィリピン



フィリピンは、海外に常に1000万人以上の労働者を抱える。実に「国民の10人に1人」が出稼ぎ労働者だ。


海外から送金される総額は1年間に約230億ドルで(2013年の政府公式統計。実際は約450億ドル=フィリピンの年間国家予算規模に相当するとも)、ここ10年間で3倍増、GDP(国内総生産)の約1割にも達する。
アジア最大、世界屈指の出稼ぎ大国である。


フィリピンの経済を支える彼らはまさに「国民的英雄」と呼んでもいい。マニラの空港に到着すると入国審査の場所には、「OFW lane」(Overseas Filipino Workers=海外労働者)の特別レーンが設けられ、海外雇用庁や海外労働福祉庁といった専門官庁も完備されている。


インドネシアと同様、国策として1970年代から海外就労を奨励し、キリスト教徒が多い同国のクリスマスには、海外から休暇で一時帰国した彼らを空港で大統領自らが出迎え、特に優秀な労働者には「Bagong Bayani Award( 現代英雄賞)」が国民栄誉賞として与えられるほどだ。


しかし、インドネシアと同様、フィリピンも海外での自国労働者への迫害、さらには近年、経済成長率平均6~7%前後とASEAN(東南アジア諸国連合)の中でも断トツの堅調な成長に後押しされ、「海外メイド派遣規模縮小」を表明し始めた。


その堅調なフィリピン経済は、安定した個人消費に支えられている。国連人口基金(UNFPA)によると、フィリピンの人口は2014年、1億人の大台を超え、ASEAN主要5カ国では約2億4800万人のインドネシアに次いで2位。


このように国際的には何も出来ないフィリピンを中国の傘の下でアジアの盟主を目指そうとする無謀なフィリピンがひこにはあるのです。


現麻薬組織により『暗殺』されたように事件を仕組むCIA・・・暗殺は時間の問題でしょう。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国・長征2号で宇宙ステーション計画に怒った米国は人工地震で警告した? [国際情勢]


高速鉄道(新幹線)もロクに管理出来ない中国の宇宙ロケットや宇宙ステーションが宇宙に浮遊し、軍事目的に宇宙空間を利用したら・・・想像しただけでもゾッとしますよね?


いつ落ちて来るか・・・その時の対応は国際常識で他国に迷惑をかけない対応は出来るのだろうか?


そんな日に台風21号と言う気象兵器により中国北部の青海でM6.4の人工地震が発生しました。震源の深さで中国は9KMと発表しているのです。




スポンサードリンク








◆気象兵器で恫喝の理由は中国の無謀な宇宙ステーション計画



中国は17日午前7時半(日本時間同8時半)、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターで、国産ロケット「長征2号F」を使用して、宇宙飛行士2人が乗る有人宇宙船「神舟11号」を打ち上げた。計画当局者は、宇宙船が予定の軌道に乗ったとして、発射の「成功」を宣言した。


米露と並ぶ「宇宙強国」をめざす中国は、9月に打ち上げた無人宇宙実験室「天宮2号」とのドッキング実験を行い、2022年ごろの完成を見込む独自の宇宙ステーション計画を本格化させる。


16日に記者会見した中国有人宇宙プロジェクト弁公室によると、神舟11号は軌道進入から2日以内に、高度393キロの軌道を周回している天空2号とドッキング。中国の宇宙開発で過去最長となる30日間にわたって2人の男性飛行士が滞在し、心身への影響などを調べる。


中国は、安全保障上の懸念を理由に米議会の反対で日米欧露などの国際宇宙ステーション(ISS)計画から除外されており、軍主導で独自の宇宙開発を進めている。




スポンサードリンク








◆中国でも台風21号の接近に伴い地震


地震が起きる台風・・・ほぼ間違いなく気象兵器ですね?
進路変更や勢力を維持しようとした場合・・・宇宙空間からマイクロ波の熱射が必要なわけですが・・・それに伴い地震が起きてしまうのです。 (HARRPの理論ですね?)



21.jpg



img_4962fe0fd2a5b060ac31f60f22874e38105775.jpg



米地質調査所(USGS)によると、中国北西部・青海(Qinghai)省で17日、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。


USGSによると、震源地は玉樹チベット族自治州玉樹(Yushu)県で、震源の深さは32キロ。


周辺は地震活動が活発だが、同県は人口が少なく、USGSでは死傷者や建物の倒壊といった被害の可能性は低いとしている。


だが国営メディアの報道によると、同県で2010年4月に発生したM6.9の地震で、2700人近くが死亡、1万2000人以上が負傷した。また2011年にもM5.3の地震に見舞われている。


一方、中国地震台網センター(China Earthquake Network Centre)は、今回の地震の規模をM6.2とし、震源地は同省雑多(Zadoi)県で、震源の深さは9キロと発表している。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『サイバー資格』の誕生にも優秀なハッカーは誰も相手にしない? [日本の習慣]


中国やその他先進国では、サイバー部隊と呼ぶ正式軍隊もあるというご時勢に日本政府はやっと重い腰をあげたのですが・・・・サイバー資格として「情報処理安全確保支援士」を17年4月より実施すると発表した。





スポンサードリンク






◆中国ではサイバー部隊という正式軍もあると言うのに?


中国の国慶節は中国サイバー軍とハッカー集団の稼ぎ時?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-01-6


日本政府の主旨が良く良からないのですが、本物のハッカー諸氏・・・こんな資格をとる為にノコノコ受験しませんよね。


大体、優秀なハッカーほど・・・裏家業も多忙でそんな試験・資格を受ける時間も暇もないのです。


政府は、現在の民間企業の担当者を相手に・・・と言っており、『サイバー軍』創立等の積的な計画は無く・・・余りの無策を少しでもカバーする為の役人が考えそうな計画ですね。


空き巣のプロに『開錠大会をやるから参加してよっ』と声を掛けても優秀な空き巣程・・・そんな大会には出場しませんよね。




スポンサードリンク







◆国家資格を新設


政府は、サイバーセキュリティーに関する国家資格「情報処理安全確保支援士」を新設し、企業などにサイバー防護の人材育成と対策の強化を促す。試験は平成29年度にも開始し、東京五輪・パラリンピックが開催される32年までに3万人超の資格取得者を目指し、関連法案を開会中の通常国会に提出する。


資格は企業などでシステム開発や運用に携わる専門技術者を想定。こうした技術者向けには現在も技能試験制度があるが、試験は一度合格すれば更新する必要がなく、サイバー技術の目まぐるしい変化に対応できないとの指摘があった。


このため、新たな資格は更新制とし、定期的な講習の受講を義務付ける。弁護士などと同様、業務上の秘密を漏らした場合の罰則も設け、企業が安心して人材を活用できるようにする。


国内でサイバーセキュリティーに携わる人材は約26万5千人いるものの、約8万人が不足しているとされる。政府は専門技術者ではない一般社員を対象にした新たな試験制度も4月から導入する予定で、人材の質・量の総合的な底上げを図り、経営層に意識改革と専門人材の適切な処遇を促す狙いもある。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース