So-net無料ブログ作成

村上春樹氏がノーベル文学賞を永遠に取れない理由は、エルサレム受賞スピーチにあった? [国際情勢]



スポンサードリンク







またまた村上春樹氏のノーベル文学賞落選に賑わう季節がきましたが、村上春樹エルサレム受賞スピーチは永遠に『ノーベル賞落選作家』としての地位を不動にものにしたと思っています。


作品だけで評価される程、甘い世界では無いということですね。この辺を理解しないで『ノーペル受賞』を期待するNO天気な日本人・・・流石にうんざりしています。


何か悪いか・・・・イスラエルによるガザ地区攻撃を記念スヒートで発言してしまったことで、イスラエル・米国にとっては、飼い犬にツバを掛けられたような侮辱をイスラエルの地元で受けたわけで・・・表彰式不参加程度の抵抗であればまだしも・・・これではノーベル賞なんて永遠に取れないと確信しまたね。


このよな多角的な角度から国際事象を理解出来ない人は永遠に『村上春樹氏のノーベル賞受賞を期待する』ことになるのでしょう?


タブーを知らずに表舞台でそのタブーを口走ってしまった村上春樹氏・・・。これが日本人の典型的悪い点なのです。自分の考え方が一番正しいと思い込むのです。


問題発言の内容は、下記に記載していますので、ご一読ください。


「非現実的な夢想家として」 カタルーニャ国際賞スピーチ
https://www.youtube.com/watch?v=OjMP0OxwHCg




スポンサードリンク







◆ノーベル賞は米国の都合の良い研究者達に授与される


生理学賞等を見ても分かるように近年の日本人研究者達の受賞が増加しているのですが、これは、優秀だからでは無く、『単に米国に都合が良い研究者』だからなのです。


米国留学中の日本人学者も含め、米国に特許・研究を売りさばいた研究者は擁護され・・・自身で特許権等を主張する研究には・・・徹底的に潰しに掛かるというまさに裏社会のし仕業そのものなのです。


一番良い例が小保方晴子氏の『スタップ細胞』でしょう・・・無いとい言いつつ、この混乱に紛れて米国は、向こう20年間の特許を取得していた事実があるのです。


◆問題の村上春樹エルサレム受賞スピーチ(全文)


私は今日、作家として、言わばプロの嘘の紡ぎ手として、イスラエルまでやってきました。

もちろん、作家以外にも嘘をつく人種はいます。皆さんご存知のように政治家も嘘をつきます。外交官や軍人も、場合によっては外交官の嘘、軍人の嘘をつきますし、中古車のセールスマンや肉屋や大工だって同じです。しかし、作家の嘘には他の人々の嘘とは違う点があります。作家は嘘をついたからといって不謹慎であると批判されることはありません。むしろ、嘘が大きくて巧みであればあるほど、そしてそれが独創的であるほど、人々や批評家から賞賛されるのです。何故でしょうか?

私の答えはこのようなものです。すなわち、巧みな嘘をつくこと、言い換えれば真実味のあるフィクションを構築することによって、作家は真実を別の場所に晒し、新しい光を当てることができるのです。ほとんどの場合、真実をそのままの形で把握し、正確に描写することは不可能です。だから、真実が潜んでいるところからおびき出して、フィクションの次元に移し、フィクションの形を与えることで、その尻尾を掴もうとするわけです。しかし、これを成し遂げるためには、まず、我々自身の中の真実がどこにあるのかをはっきりさせておかなければなりません。これは巧みな嘘を作り上げる上で重要な条件です。

しかし、本日、私は嘘を言うつもりはありません。できるだけ正直になろうと思います。私が嘘紡ぎにいそしまない日は年に数日しかないのですが、今日はたまたまその一日だったということです。 というわけで、率直に言います。たいそうな数の人々からエルサレム賞を受け取るためにここに来るべきではないと忠告されました。中には、私がここに来たら私の本の不買運動を展開するとまで警告した人々もいました。 理由はもちろん、ガザで起こっている激しい戦闘です。国連のレポートのよれば、1000人以上の人が封鎖されたガザ市で命を落としています。その多くは非武装の市民-老人や子供たちです。 賞についての話が出るたびに、私は自問しました。このような時期にイスラエルを訪れ、文学賞を受賞することは適切なのだろうか?これが、紛争の一方の側に味方する印象を造らないだろうか?圧倒的な武力を解き放つ選択をするという政策を支持することにならないだろうか?もちろん、このような印象与えたいとは思いません。私はいかなる戦争も反対ですし、いかなる国も支持しません。また、同じように自分の著作がボイコットされるのも本意ではありません。
しかし、じっくり考えた末に、結局は来ることにしたのです。こう決心した理由の一つは、あまりにも多くの人に来るなといわれたことでした。恐らく、多くの作家がそうだと思いますが、私は他人に言われたことと反対のことをする傾向があるのです。もし人々に「行くな」とか「するな」と言われたら-特に、脅されたら-私は行きたくなるししたくなる。これは、私の、言うなれば、作家としての習性なのです。作家とは特異な人種です。作家は自身の目で見、自身の手で触れたもの以外を完全に信用することができません。

だから私はここにいるのです。留まることよりもここに来ることを選びました。見ないことよりも自身の目で見ることを選びました。口を塞ぐことよりも、ここで話すことを選びました。

それは、私がここに政治的なメッセージを運んできたということではありません。物事の善悪を判断することは作家の最も重要な仕事であることはもちろんです。

しかし、そうした判断を他人にどのような形で伝達するかという決定は個々の作家にゆだねられています。私自身はそれを物語の形にーそれも、シュールな物語に変換するのを好みます。だから本日、皆さんの前に立っても政治的なメッセージを直接伝えようとは思わないのです。

が、ここで、一つ非常に個人的なメッセージを述べさせて下さい。それは、私がフィクションを書くときに常に心がけていることです。(座右の銘として)紙に書いて壁に貼っておくという程度ではなく、私の魂の壁に刻み付けてあるものなのです。それは、こういうことです。

もし、硬くて高い壁と、そこに叩きつけられている卵があったなら、私は常に卵の側に立つ。
そう、いかに壁が正しく卵が間違っていたとしても、私は卵の側に立ちます。何が正しくて何が間違っているのか、それは他の誰かが決めなければならないことかもしれないし、恐らくは時間とか歴史といったものが決めるものでしょう。しかし、いかなる理由であれ、壁の側に立つような作家の作品にどのような価値があるのでしょうか。

このメタファーの意味は何か?時には非常にシンプルで明瞭です。爆撃機や戦車やロケット、白リン弾が高くて硬い壁です。それらに蹂躙され、焼かれ、撃たれる非武装の市民が卵です。これがこのメタファーの一つの意味です。

しかし、それが全てではありません。もっと深い意味を含んでいます。こう考えてみてください。多かれ少なかれ、我々はみな卵なのです。唯一無二でかけがいのない魂を壊れやすい殻の中に宿した卵なのです。それが私の本質であり、皆さんの本質なのです。そして、大なり小なり、我々はみな、誰もが高くて硬い壁に立ち向かっています。その高い壁の名は、システムです。本来なら我々を守るはずのシステムは、時に生命を得て、我々の命を奪い、我々に他人の命を奪わせるのです-冷たく、効率的に、システマティックに。

私が小説を書く理由は一つしかありません。それは、個々の魂の尊厳を浮き彫りにし、光を当てるためなのです。物語の目的は警鐘を鳴らすことです。システムが我々の魂をそのくもの糸の中に絡めとり、貶めるのを防ぐために、システムに常に目を光らせているように。私は、物語を通じて人々の魂がかけがえのないものであることを示し続けることが作家の義務であることを信じて疑いません-生と死の物語、愛の物語、人々が涙し、恐怖に震え、腹を抱えて笑う物語を通じて。これこそが、我々が日々、大真面目にフィクションをでっち上げている理由なのです。

私の父は昨年90歳で亡くなりました。彼は引退した教師で、パートのお坊さんでした。大学院生の頃、父は陸軍に徴兵され中国の戦場に赴任しました。私は戦後に生まれた子供でしたが、父が毎朝朝食の前に、家の仏壇に向かって長い真摯な祈りを捧げる姿を見てきました。一度、父にその理由を尋ねたことがありました。父は、戦争で亡くなった人のために祈っているのだ、と答えました。

亡くなった全ての人のために祈るのだ、と父は言いました。敵も味方も、全て。仏壇に向かって膝まづく父の背中を見ながら、父の周囲に死の影が漂っているような気がしたものです。

父は亡くなり、父と共に父の記憶も逝ってしまいました。父が記憶していたことを知るすべはありません。しかし、父の周囲に潜んでいた死の存在感は私の記憶の中に残っています。これは、父から受け継いだ数少ないものの一つで、最も重要なものの一つです。

私が皆さんにお伝えしたいことは一つだけです。我々は国や人種や宗教を超えて、同じ人間なのだということ、システムという名の硬い壁に立ち向かう壊れやすい卵だということです。見たところ、壁と戦っても勝ち目はありません。壁はあまりに高く、あまりに暗くて-あまりに冷たいのです。少しでも勝機があるとしたら、それは自分と他人の魂が究極的に唯一無二でかけがえのないものであると信じること、そして、魂を一つにしたときに得られる温もりだけです。

考えてみてください。我々のうちにははっきりとした、生きている魂があります。システムは魂を持っていません。システムに我々を搾取させてはいけません。システムに生命を任せてはいけません。システムが我々を作ったのではありません。我々がシステムを作ったのです。

以上です。エルサレム賞の受賞に感謝します。私の本が世界の色々な場所で読んでいただけることに感謝します。





スポンサードリンク








kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

夏目漱石の『我輩は猫である』は精神病の夫に耐え『修行』を選んだ妻へのご褒美? [日本の習慣]


最近、夏目漱石は『精神病を患っていた』ことを知った・・・NHKドラマの『夏目漱石の妻』を見てはじめて知ったのです。


漱石と妻.jpg



毎週土曜[総合]後9:00〜10:13(全4回)


医者から『漱石は精神病』と通告された妻・・・『そうですか? 病気なんですか?』と
『うれしそうに・・・病気と向かい合う決意をした妻』・・・何ともおおらかな時代だったのですが・・・貧乏教師で且つ精神病の夫を支える妻・・・瓢箪から駒で生まれた小説『が『我輩は猫である』・・・このタイトルでも分かるように・・・常人の感性では中々表現できない・・・タイトルすよね?




スポンサードリンク







◆お嬢様の妻は修行の道を選んだ


夏目漱石、没後100年の今年。夏目夫妻の成長を、妻の視点から生き生きと描いたドラマが完成! 頭脳明晰で几帳面、しかしとんでもなく気難し屋の漱石と、大らかで自分の考えをすぐ口にする鏡子。


正反対の二人はどのように「家族」になっていくのでしょうか?


このドラマの真髄は、現代人には理解しにくいかも知れないのですが、


この世は試練・・・修行の場・・・修行が終わると・・・嫉妬・恨み・病気等の無い次の世界に進む事が出来るらしいのです。


ですから死者に対する言葉として・・・『他界』と言う言葉があるのですね。


漱石のような精神疾患を発症した夫と共に苦労を乗り切るのも大事な修行の一つであり、現代人のように『では別れさせて頂きます』では修行にならないわけですね・・・結局、次の難題が降りかかるだけ・・・修行の為・・・。


この苦しい生活と修行に耐えた奥様の元に下された結果が・・・『我輩は猫である』という小説の大ヒットだったのでは無いかと思っています。


しかし、この小説も小説として書いたものでは無く、知人の雑誌のページの隅を埋めるために書いた雑記のような意味合いが強いものだったのですが、それが『突然』『偶然』・・・これは傑作だっ・・・と大評判となつたのです。


これが偶然のチャンスと言うものなのでしょうか?・・・偶然の論理というものがあるのですが、金儲け・金儲け・・・と最初っから大穴を狙っては・・・余り意味が無いと言えるのかも知れませんね。


偶然の論理と我慢・修行の場としての現世を痛感させられ・・・デカルトやカントも四六時中このようなことを考えていた精神疾患者だったのだろう・・・複雑な心境ですね。


あの天才小説家・・・・三島由紀夫(自衛隊乱入後割腹自殺)や太宰治(自殺)も結局常人とはややかけ離れた感性を持っていたことから・・・読者に鮮烈な印象を与える小説が書けたのではないでしょうか?





スポンサードリンク










◆夏目漱石の精神障害の数々


ざっと拾い上げてみると、およそ次のような疾患を患ってていた夏目漱石だったのです。



 ○ 「 非定型の躁鬱病 」 
 ○ 「 病状は分裂病だが、周期的なところは躁鬱病 」
 ○ 「 混合精神病 」
 ○ 「 精神分裂病圏の病気 」
 ○ 「 内因性うつ病」


夏目漱石一人の病状に対して、こうした様々な病名が並べられているのです。


しかもここに書き出した以外にも、さらにいろいろな説が提出されています。


従って、漱石の病名は、研究する学者の数だけあるといった状態なのです。


これだけの病名があればへたな鉄砲と同じで、どれかに当てはまりそうなものなのですが、実際のところは、


あれだけの作品を残した大文豪、漱石という人に、何らかの精神的な異常の存在を認めることがそもそも困難だからです。


『漱石の思ひ出』の中で説明されている症状に、既存の病名をそのまま当てはめれば、誰もが間違いなく「精神分裂病」という病名をつけるに違いないのです。


実際に漱石には、精神分裂病の初期症状が出現していたからです。


ところが現実には、誰一人として、そういう診断は下していないのです。せいぜいが「精神分裂病圏の病気」といった段階に止まっています。或いは、「病状は分裂病だが、周期的なところは躁鬱病」などと、わけのわからないことを言っている人もいるくらいです。つまり残されたあまりにも偉大な業績が、この病名をつけることを否定しているのです。


これこそは天才、漱石の漱石たる由縁と言えるでしょう。「天才と狂気は紙一重」ということわざは、まさしく漱石の場合にこそ、もっともよく当てはまるのです。そして同時に、それが後世の学者や研究者の頭を悩ませる原因にもなっているわけです。


漱石の偉業は偶然の産物でしかないのですが、その病気と向かいあった妻と子供達の生き様に敬服せざるを得ないNHKドラマの『夏目漱石の妻』なのです。


人生・・・奥が深いですね・・・。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京大停電をテロと言えない東京電力? 霞が関まで狙われていてもNO天気な日本? [国際情勢]




スポンサードリンク








◆テロにあっても呑気に『原因調査中』・・・?????


霞が関を含めた東京大規模停電・・・これ北朝鮮工作員によるテロで
間違いないですよね?


次の事件を思い出して頂きたい。


JR連続不審火の犯人の真相と監視されていた隣人のベンジャミン?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05-2


普通の人間が知らないJRの変電所が狙われた事件・・・テロです。


大体、無人の地下ケーブルで・・・黒煙が一直線に空へ・・・爆弾じゃない
とこんな煙は出ませんよね?


そしてそのケーブルが日本の中枢・・・霞が関まで続いている電力ケーブル
であること・・・日本も情けないのも程がある・・・。 駄目だねこの国?



煙.jpg



東京都内の停電は解消 東電「原因は調査中」(ANN様)
https://www.youtube.com/watch?v=_bgmzjxmTMs


気象庁が言えない九州地方の本当の恐怖は『阿蘇の第二の噴火』では無く
『大人工地震』?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-10




スポンサードリンク











◆東京大規模停電、送電施設の地中ケーブルから煙


12日午後3時40分ごろ、東京・霞が関のスポーツ庁で、鈴木大地長官
がリオオリンピックのメダリストと話をしていたまさにそのとき、停電が
発生しました。


この瞬間、中央省庁が集まる霞が関全体が停電したものとみられます。


午後3時40分ごろ、東京・霞が関の財務省も建物のほぼ全体が停電しまし
た。およそ10分で復旧しましたが、その間、非常用の電灯のみで大臣室や
事務次官室も電気が消えました。また、この前後の時間は霞が関付近の信号
も停電しました。


また、警視庁本部でも午後3時30分過ぎに停電になりました。固定電話や
テレビ、コピー機などが使えなくなり、非常用の電灯しかつかない状況がお
よそ10分続きました。


東京・豊島区の東池袋にある明治通りでは、少なくとも10か所の信号機が
消えていて、およそ10人の警察官が手信号で対応にあたっています。


一直線に空に向かって上る真っ黒な煙。これは、事故現場に向かう途中のヘ
リコプターから撮影した映像です。現場からおよそ20キロほど離れた上空
からもはっきりと確認できます。


12日午後3時前、埼玉県新座市にある東京電力の施設から「黒い煙が出て
いる」という通報がありました。東京電力によりますと、この施設の地面に
埋め込まれた送電設備から煙が発生したということです。


午後5時20分過ぎ、今度は同じ施設の別の場所から黒い煙が勢いよく立ち
上り始めました。事故があったのは無人の施設で、これまでのところ、けが
人の情報は入っていないということです。警察は、地面に埋めた送電設備が
何らかの原因で燃えたと見て調べています。


この影響で、都心では複数の電車が運転を見合わせているほか、信号が復旧し
ないなど各方面で影響が出ています。


西武鉄道によりますと、池袋線が午後4時38分に、新宿線が午後4時50分
に、それぞれ運転を再開しました。また、有楽町線は練馬から小竹向原の間の
上下線全線で運転を見合わせています。復旧の見込みは立っていません。


そして、道路の状況ですが、埼玉県新座市では、国道254号線の上り車線、
下り車線とも規制されています。


このほか、東京消防庁によりますと、都内ではエレベーターの中に閉じ込め
られたり、火災報知機が誤作動したという通報が相次いでいるということで
す。



◆人工地震用の大停電の可能性も残る?


この場合・・・東京以外の関東近辺で起きますよ?


地震・九州全域で予測通りの広域地震発生・震度4・・・大停電と台風15
号の謎?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-26

熊本での11日の地震は大規模停電を利用した予測通りの人工地震?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-11-1




福島の停電を利用した人工地震は予告通り30日に発生・・・まだ続く停電
と称する起爆装置用の電力搾取?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-30-5


数日中に地震が無い場合は・・・テロで間違いないでしょう?



スポンサードリンク








kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。
生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース