So-net無料ブログ作成
検索選択

株式・金融ユダヤ一派の三菱・東レ・日産は値上がりする? [株式・日経平均]

円高はジワジワと進行し、遂に100円を切るギリギリの所まできてしまい、16日は、100.174円となりました。


これに伴い日経平均も前日比▲273円の16,596円となり、小生の下記予想を大方裏付ける結果となってきています。


今後大混乱が続くこと確実な株式市場の中にあって・・・下記三社だけは別次元の勢いで株価は上昇することはほぼ確実と見てます。
但し、ユダヤの移転のスピードにあわせて確実の上昇しますので、3-5年という長期的サイトで見てください。




◆今後の大化け株


小生は株をたしなみませんが、昨今の企業情報と金融ユダヤの世界戦略の動向を見ていると日本で注目すべき株・企業が見えてきています。


三社程ご紹介しておきますが・・・参考にして頂ければ幸いです。



◆三菱重工


岩崎弥太郎がロックフェラーと組んで作った企業で日本では数少ない軍事産業の一つです。


米国は従来、米国企業のボーイング社等に航空機製造を任せ、世界の利権を独り占めにしてきたのですが、ユダヤ自体が米国から日本への移転を考えおり、ユダヤ軍団は航空機産業の莫大な利権を何と日本のユダヤ企業である三菱に譲り出したのです。

MRJはその代表的なものですが、これの世界市場への販売は数年以内には確実視されているのです・・・買うならいまでしょうね・・・米国でのライセンス取得前。


航空機産業の利権を日本企業に移転させると言うことは、裏の視点から見ても歴史上画期的なことと言えるのです。


同様の傾向は宇宙産業にも言え、日本のロケットHA型は全て三菱製・・・この辺からもユダヤが米国産業界の巨大な利権を三菱に移行し出しているのは確実ですね。



◆東レ


東レのカーボンファイバーの需要も益々拡大すること間違い無しなのですが、ロックフェラーの兄貴分にあたる英国・ロスチォイルド系の三井財閥に属する東レであり、これも今後更なる拡大が予想されます。


最近の旅客機の骨組みは殆どがこの東レのカーボン・・・旅客機の構造自体を飛躍的に変えたカーボンファイバーは、今後、自動車や列車等への拡張も確実視されており、これもまず間違い無く化けるでしよう。



◆日産


これもロスチャイルド系ユダヤ企業であるフランス・ルノーの子会社であり、新型エンジンの開発や電気自動車の分野ではかなり先行している模様なのです。


ニューヨークのイエローキャブは全てこの日産車が利用されていることからもユダヤからの支援は手厚い企業であり、トヨタに追いつく?・・・株価的にも妙味のある企業であることは間違いありません。



これら三社の株は、5年間くらいは塩漬けにするつもりで購入されては如何でしょうか? まず倒産は無いと思いますし、ユダヤの動向を知る者としては、利益間違いなしと断言しておきます。


日本の年金機構が買う怪しい株よりは遥かに将来性に富んだ企業株といえますね。


『こうのとり』は『三菱』のH2Bロケットのみでで宇宙に行くわけ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-20


911・311と同じ11日に初飛行したMRJの秘密? 喜んでいる場合じゃ無いのですが?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-11-11-3



〔過去の投稿〕

世界中の目がオリンピックに集中されているこんな時期に金融ユダヤはいつも何かを仕掛けるものです。


特に米国人に関係無い・・・ゴールデンウィークとお盆・・・日本人の投資力も散漫になるのです・・・そこが狙われるわけです。

今年のお盆休みも近ずきました・・・要注意なんです・・・FX含めて?




世界の金融市場の動向は、米国ドルを世界の決済通貨から引きずり下ろそうとする中ロの野望である・・・BRICS・AIIB構想等が激突している時期であり・・・日経平均が17000円近くを回復したように見せ掛けておいて・・・急落させて巨万の富を手に入れる典型的に危険な時期なのです。



【中国株暴落はAIIBへの逆襲】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2


【日経平均の魔術】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-13-1





スポンサードリンク









スポンサードリンク









◆株価上昇のネタは全く無い時期に突入



株は買いだけではないので、株価下落は勧歓迎とかる向きもありますが、基本的にお盆の時期を狙って売り攻勢を掛けてくる金融ユダヤ組織なのです。


1-AIIBの立ち上げ
2-緊張する南沙諸島問題
3-安保法制による新たな海外展開
4-北朝鮮の動きが活発化
5-沖縄基地問題の泥沼化
6-地震・噴火などの多発
7-TPP締結による国内産業への悪影響






スポンサードリンク








◆秋以降の米国は大混乱



人種差別の国で・・・黒人のオバマ大統領が誕生したこと・・・疑問でしたが・・・何か悪いネタをオバマ大統領の責任に・・・画策している・・・。


さらに大統領を引き継ぐ予定のヒラリー・クリントン氏・・・党は違ってもブッシュ元大統領と同様・・・ロックフェラー財閥の子飼いなのです。


戦争経済を歓迎し・・・東西冷戦を再構築したいロックフェラーであり・・・ヒラリー・クリントンはその思惑・指示通りに動くこと確実なのです。
ですから・・・世界経済は上記の指摘事項+ヒラリー・クリントン=大混乱・・・となるのです。



お盆と株価暴落・・・はすぐそこまで来ているのですが・・・。

売りを仕込むもは・・・・今でしょう?




スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2016/08/16 [国際情勢]


真珠湾攻撃の真相は、山本五十六が米国の為に画策した? [国際情勢]



スポンサードリンク








◆謎だらけの真珠湾攻撃


真珠湾攻撃は実に多くの謎を開くんだ戦いだったのほごご存知だろうか?


① 何故、戦略上の常識である第二波攻撃を行なわかったのか?

② 全ての暗号は米英により解読されているというスペイン大使の須磨よりの警告が無視されたのか?

③ 何故、真珠湾には1920-30年代の旧式戦艦しか停泊していなかったのか

④ 何故、戦後、海軍からA級戦犯が出なかったのか?

⑤ 国際法上、真珠湾攻撃は奇襲では無いのに何故米国は奇襲と呼ぶのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-10-4



諸説あるのですが、上記のような疑問を考えると・・・米内光政海軍大臣も連合艦隊司令長官の山本五十六も実は、米国のフリーメイサンに属していたとう話もあるのです。


即ち、真珠湾攻撃は意図的に米国の参戦の為に計画された戦闘だったということなのです。


日本国民は騙されて真珠湾攻撃の情報を叩き込まれてるのかも知れませんね。




スポンサードリンク












◆真珠湾攻撃でルーズヴェルトに協力

 
連合艦隊司令長官に就任した山本五十六は日米開戦はもはや避けられないものとして、いつの間にか真珠湾攻撃を口にするようになる。(しかし、この情報は何故かペルー経由で米国に知れ渡っていたのです。)


欧州ではすでに昭和14年(1939年)9月3日、第2次世界大戦が勃発してドイツが破竹の進撃を続けていた。欧州で苦戦を続ける英仏を救済しアメリカを参戦させることはアメリカ大統領フランクリン・D・ルーズヴェルトの基本戦略であった。


しかし、不戦を大統領選挙の公約にしていたルーズベルトは動けなかったのです。余程の犠牲でも発生しない限り・・・911のような?


ルーズヴェルトは英首相チャーチルと共謀して日本を追い込み、先に攻撃を仕掛けさせてアメリカの世論を激昂させ、その怒りで対独伊戦、対日戦を正統化しようと目論んだ。・・・911と同じパターン。



山本五十六はルーズヴェルトとチャーチルに協力してハワイ奇襲攻撃の構想を練ったのである。



◆旧式の戦艦しか停泊していなかった真珠湾


真珠湾に集結していた米太平洋艦隊は、主なもので戦艦が8隻、重巡1隻、軽巡3隻、そして駆逐艦5隻で、総計17隻であった。


不思議なことに空母レキシソトンはミッドウェーに飛行機を輸送中であり、エンタープライズはやはり飛行機を輸送しての帰路で不在、サラトガはアメリカ本土西海岸にいたために無事であった。


被害を受けた戦艦はいずれも1910~1920年代に就役した旧式艦であり、しかも攻撃し易いようにわざわざ真珠湾に沿って一列に並べて停泊してあった。


戦艦アリゾナは撃沈、他の艦は転覆、海底沈座、大破、中破、小破などの被害を受けたが、真珠湾は海底が浅く、海底に沈座した戦艦等はいずれも引き上げが容易で、短期間のうちに修理、再就役し、太平洋戦争中期からは攻撃力を発揮したのである。


こうしてみると真珠湾攻撃というのは一種の茶番劇であったことがわかる。



◆不徹底な攻撃で米国を助ける (ヤコブ・モルガン様参照)


第二波攻撃も含めて、真珠湾攻撃で受けたアメリカ太平洋艦隊の実際の被害状況は当初発表された程大きなものではなかった。


戦艦8隻のうちアリゾナとオクラホマを除き残りの6隻はその後すべて水深15メートルという浅い海底から引き上げられ、修理されて、いずれも戦線へ復帰して大活躍しているのである。


また陸上施設については南雲第一航空艦隊司令長官による第1次、第2次攻撃隊は全く手を触れておらず、第3次攻撃隊を出すことも中止している。


第3次攻撃に関してはほとんどの艦隊幕僚が実行の提案をし、現に第11航空艦隊司令長官の山口多聞少将は第3波攻撃準備を完了していたが、南雲中将や草鹿第一航空艦隊参謀長や源田参謀はおろか、はるか後方の旗艦「長門」で高見の見物をしていた山本五十六連合艦隊司令長官までがその必要性を認めていないのである。


もし、この時第3次攻撃を敢行し、艦隊に対するもっと徹底した攻撃と、陸上のハワイ空軍基地の格納庫、補給庫、給油施設、武器弾薬貯蔵庫、さらにはアメリカ海軍基地の補給、修理施設、工場群、燃料タソク群を破壊しておれば、太平洋の戦局は大いに変わったものとなったであろう。


ハワイがアメリカの太平洋艦隊の最も重要な海軍基地であったことを考えるならば、この攻撃不徹底はいかにも奇異なものであると言わなければならない。


ハワイの燃料タンクに貯蔵されていた重油450万バレルを爆撃しておれば、アメリカ本土からの補給は数カ月間にわたって不可能となり、アメリカの太平洋艦隊は身動きがとれなかったのである。


山本長官が、この12月8日には真珠湾にアメリカ空母がいないことをあらかじめ知っていたからであろう。
山本五十六はハワイを徹底攻撃する気は最初からなかった。日本がアメリカを奇襲攻撃し、「卑怯な日本」という既成事実をつくればそれでよかったのである。



◆ハーバード大学情報に残る『山本はフリーメイソンの結社員』


この問題は多くの方が投稿されているので、詳細はそちらで検索ください。


あの坂本竜馬や岩崎弥太郎・グラバーもそうでしたが、皆、メーソンの一員であり、その後の成功を見れば・・・米国の力を知り尽くす山本五十六が結社員だとしても全く不思議でないのです。


山本五十六が連合艦隊司令長官になった頃、ハーバード大学ルートの情報で、米国の海軍力は、山本五十六が司令長官である間ならば、日本に撃って出ても勝算があり、悪くいっても五分五分で決着がつく。早々に戦端を開くべきだという海軍側の意向が伝えられてきた。


しかもその理由のなかに一項目、山本はフリーメイソンの結社員だから、という条項が入っていた。



◆司馬遼太郎等の国策作家に騙される一般国民


小説『坂の上の雲』で有名な秋山真之・・・当時無敵といわれていたロシアのバルチック艦隊を撃破したことてせ有名なのですが、真相は、当時まだ残っていた習慣である『艦船武官』と言う制度があり、艦船武官として乗船していた英国軍の言う通りに作戦を実行しただけ・・・というのが真実のようなのです。


これを国策作家である司馬遼太郎は、プロパガンダの一環として秋山真之を英雄に仕立てあげたわけです。


坂本竜馬もたしか司馬遼太郎でしたよね。





スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

クジラ30頭が打ち上げられたインドネシアで次々と火山噴火?  [地震]


◆インドネシア:8月最初の3日間で3つの火山が連続で噴火 (ナショナル・ジオグラフィック様)



シナブン山、ガマラマ山、リンジャニ山の三つの火山が次々と噴火・・自然の噴火では無く、人工地震であることはクジラの前兆から明白ですね。


噴火したのは、リンジャニ山(Rinjani / 8月1日に噴火)、ガマラマ山(Gamalama / 8月2日)、そして、近年、大規模な噴火を繰り返すようになったシナブン山(Sinabung / 8月3日)です。


これらの中で、最初に噴火したリンジャニ山は、リンジャニ山 – Wikipediaによれば、1257年に起きた噴火は、過去3700年間に起きた噴火では最大規模と推定されている。


また、中世ヨーロッパの記録文書には、この噴火の翌年の1258年の夏は異常低温で(夏のない年)、大雨による洪水が頻発したことにより農作物が不作だったという記述がある。


この記録からは、この火山が過去数千年の地球で起きた噴火の中でも最大級の大きな噴火を起こしたことがあることがわかります。


また、このリンジャ山はかつて、その大噴火により、地球に「異常低温」をもたらした可能性があることも記されています。


8月2日に噴火したガマラマ山も活動が活発な火山ですが、1775年の噴火では、1300人の死者を出し、2014年の噴火でも行方不明者を出しています。


8月3日に噴火したシナブン山は 2010年におよそ 1000年ぶりの大規模な噴火を起こして以来、非常に活発な噴火を繰り返しています。


2013年12月の噴火では、住民 19000人が避難、2014年2月の噴火では 17人が死亡、そして、今年 5月の噴火でも、住民 7人が死亡する惨事となっていて、その中でまた再び大規模な噴火が起きました。



この春から一貫して、環太平洋火山帯などでの噴火が、かつてない数と規模で発生し続けていますが、いくつかの理由で、この噴火の増加は今後も増えると思われます。





スポンサードリンク









◆バリ島近郊のプロボリンゴの海岸でクジラ30頭が打ち上げられる?



6月17日に投稿したのですが、前兆現象として捉えていた「インドネシアの海岸でクジラ30頭が打ち上げられる」という事件・前兆現象がありましたが、8月の第一週に三つの火山が次々と噴火したのです。


やはり人工地震の作業に使われる潜水艦のソナー音に一番敏感と言われているクジラの異状行動は・・・正しかったこととなります。


バリ島近郊のプロボリンゴの海岸でクジラ30頭・ 前兆としての信頼度一番のクジラ!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-17-2





スポンサードリンク









◆インドネシア・ジヨコ大統領火山噴火で恫喝する米国


日本の新幹線計画でも中国系華僑からの「賄賂」により逆転・・・中国への発注を決めたジョコ大統領です。



なんと『賄賂』で負けた日本のインドネシア高速鉄道計画?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29-2


この中国の接近を快く思っていない米国は地震・火山の活発なインドネシア各地で次々と火山噴火による恫喝に至ったのでしょう。


1000年振り程度の地震が三箇所も突然・・・そんな急に発生するのも変ですよね。



しかし、最近、中国によるインドネシア領での不法操業や一向に進展しない新幹線工事に流石のじょこ大統領も中国に疑念を持ち始めたことも事実のようです。





スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ローヤリティー諸島(バヌアツ)の地震により17日以降日本での地震に注意? [国際情勢]


南太平洋のローヤリティー諸(バヌアツ)島南東方で大きな地震M7.6が発生しました。


このローヤリティー諸島と言うのはニューカレドニアの右上に位置し、あのバヌアツの南方に接しているような位置にあるのです。


同じ南太平洋の地震ですが、日本に影響を与えるものとそうで無い場合があるのですが、今回の地震は日本に影響を与えるパターンなのです。


ニューカレドニアの右上の点が今回のローヤリティー諸島の位置です。

バヌアツ.gif




スポンサードリンク









スポンサードリンク








◆5日から10日以内で予想される日本への地震


最近でも下記のような影響が出ているのです。


桜島噴火はバヌアツ地震の影響か? 11月に伊豆大地震を画策している兆候!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26


九州をはじめとした大雨洪水はバヌアツ地震の影響?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-21


今までの記録から推察するとバヌアツでの発生は8月12日ですから、日本での地震は、8月17日頃から25日前での期間が最も危険な時期と予測されるわけです。


では何処で?・・・となるわけですが、南太平洋から日本に向かう海底火山は途中で別れ、九州方面と関東方面とに分かれています。


しかし、今回の場合は、やや静かな伊豆諸島を含めた関東以北が7割・・・最近、頻繁に地震の発生している沖縄・九州方面3割程度の割合としておきます。



◆台風7号も気象兵器でしょうね?


この地震を起爆剤とした気象兵器によるものと推察されますが、気象兵器としての台風の特徴は・・・停滞して大雨を降らすと言うことであり、今回の台風7号も関東・北海道近郊での停滞が予測されるわけです。


この地震が12日・・・そして台風7号に成長したのが、14日・・・これも人工地震が気象兵器として利用されているという推測を裏付ける一つの材料といえるのです。


ですから台風7号は非常に要注意の台風と言えるのです。


情報発表時刻 2016年8月12日 11時30分
発生時刻 2016年8月12日 10時27分ごろ
震源地 南太平洋(ローヤリティー諸島南東方)
緯度 南緯22.7度
経度 東経173.2度
深さ ---
マグニチュード 7.6



◆人工噴火で恫喝されたインドネシア・ジョコ大統領



高速鉄道で逆転中国へ発注し、中国との関係が取りざたされたの




ンドネシア、中国に対抗姿勢強める 「中立」から転換 経済水域保護へ特別班発足 

ツイート反応

ツイート反応

(1/2ページ)
PR
中国の漁船に接近するインドネシア海軍艦艇「イマム・ボンジョル」=17日、南シナ海のナトゥナ諸島沖(ロイター)
中国の漁船に接近するインドネシア海軍艦艇「イマム・ボンジョル」=17日、南シナ海のナトゥナ諸島沖(ロイター)

 【シンガポール=吉村英輝】インドネシア政府は23日までに、中国が軍事拠点化を進める南シナ海での自国の権益保護に向け、国連海洋法条約に精通した専門家による特別班を結成することを決めた。南シナ海での中国の領有権主張をめぐっては、フィリピンの提訴を受けた常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が近く、結論を出す見通し。「中立」を表明してきたインドネシアが法的措置に乗り出せば、中国には大きな逆風となりそうだ。

 ジョコ大統領は23日、南シナ海南端のインドネシア領ナトゥナ諸島沖で海軍艦船を視察し、同行したルトノ外相など主要関係閣僚らと艦上で会議を開いた。

 諸島沖合の排他的経済水域(EEZ)では17日、同国海軍が不法操業の中国漁船を拿捕(だほ)した。だが、中国外務省は19日、現場海域は「中国漁民の伝統的漁場」だと声明で非難した。異例の艦上会議は、「中国の主張を認めることはできず、大統領は事態を深刻に捉えている」(ルフット調整相)との意思表示だ。



スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

竹島問題・日韓問題の背景に米国の影と思惑? [国際情勢]

韓国の議員団が竹島に上陸した・・・来年の選挙に向けたパフォーマンス的要素もあるものの、韓国の実行支配に対し、何故、日本は静観を続け、日本固有の領土と主張しいるだけなのでしょうか?


これで上陸した議員・・・来年は当選が期待できますが・・・議員というのは何処も同じで有効性よりまずパフォーマンスが大事と言うことでしょうか?


この竹島問題は本当に日韓両国のもんだいなのでしょうか? この領有権問題の裏には実は米国の影が色濃く出ているのです。



これ見たら韓国領と言ってもおかしくないですよね。
竹島.jpg



◆竹島問題に関する日本側の言い分


江戸時代   日本は竹島を漁業を通じて領有権を確立。
1905年1月   政府が竹島の島根県編入を閣議決定。
1910年 韓国併合
1945年8月 日本太平洋戦争に敗戦
1951年8月 ラスク書簡
1951年9月 サンフランシスコ講和条約 調印
1952年 李承晩ライン
1952年4月 サンフランシスコ講和条約 発効





スポンサードリンク









スポンサードリンク








◆竹島に対する韓国政府の戦後対応


・1945年に日本は戦争に負け「今まで日清、日露戦争によって得た領土を手放せ!」と連合諸国から言われる訳です。


実際は米国が全ての利権を確保すると言いたいのですが、そこはお上手な米国・・・国際社会という言葉を使います。


・朝鮮半島の独立と朝鮮に対するすべての権利も放棄するよう決められました。
海上問題については、ここでも米国の「マッカーサーライン」なるものが存在していた。韓国と日本の線引きをしていた・いる米国なのです。両国共に米国の植民地だからです。



◆米国に拒否された韓国による竹島の領有権


戦後、韓国は「独島(竹島)も返せ・・・」とサンフランシスコ講和条約の作成過程で要望をだすのですが、当時のアメリカ国務次官補ラスクさんが竹島はもともと日本の領土だからダメだねぇ」となった訳です。ラスク書簡。


韓国は米国のラスク文書に納得せず、李承晩ラインを設定し、竹島を韓国領としたのです。


韓国は1900年に石島を鬱陵郡としています。この石島こそが現在の独島(竹島)であったと言います。



◆後手に回った日本の竹島の領有権主張


日露戦争に勝利した日本は1905年にアメリカ、イギリスから日本の韓国支配の承認を受けて外交権などを韓国から奪いました。


首都のソウルには統監府というのを置いて、その初代統監になったのは、あの伊藤博文ですね。


実際、韓国併合となったのは1910年ですが、日本は1905年から韓国支配を強めていっていたのです。


ここでポイントになるのが1905年という年です。日本が竹島を島根県に編入した年と同じですね。


つまり、韓国からしてみたら、1905年に日本に奪われたという訳ですね。だから、サンフランシスコ講和条約の作成途中でも韓国は「返して!」と訴えたのです。



◆三等国(韓国)の主張は認めない一等国(欧米)


多くの日本人が日本は独立国。主権を持った先進国と勘違いしているのと同様・・・韓国も自身の三等国としての自覚が全く無い・・・勘違いしている民族のようです。


世界は全て米英を中心とする一等国の為にあるわけで、この差別主義が現在でも敢然と国際社会の中には存在しているのです。


米国からみれば日本領土が大きければ・・・宗主国米国の利権としてもその権益を維持出きるわけであり、この竹島問題もマッカーサーラインやラスク文書の例でも分かるように日韓の問題では無く、日本のバックにいる米国の問題なわけです。


竹島を韓国領と認めれば、韓国が北朝鮮に占領された場合、そのまま北朝鮮の領土となり、軍事上も米国・日本は北の脅威に晒されることとなるのです。


これが竹島問題の根幹なのですが・・・日本政府の生ぬるい尖閣対応もこの竹島問題も・・・生ぬるい対応の訳がわかりますよね?





スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.n


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース