So-net無料ブログ作成
検索選択

台風7号はまもなく発生・・・お盆過ぎに日本に接近で突風・雷に厳重注意? [気象]




台風7号.jpg


上記、図の左下にある熱帯低気圧・・・まもなく台風7号になる予定です。


6号と異なり・・・日本直撃のルートを進んでおり何とも不気味なのです。


この時期、北上する海の海水温度は高く・・・大量の上昇気流を巻き込み台風は発達しやすいのです。



ですから台風7号は今年最大のものになるのは明白なのです。






スポンサードリンク







スポンサードリンク








◆今年は5月まで台風ゼロと言う異常年


今年の台風発生は5月でゼロと言う気象上の異常年・・・こういう年に大型台風が発生するのは過去の例からも明らかなのです。



台風6号ですら・・・何故か北海道近辺で停滞し・・・各地に大雨突風を招いたのです。


台風7号は・・・6号よりはるかに大きな規模となります。


ことしの場合・・・大雨のほか・・・雷や突風が多くなりますので・・・通常の台風とは思わない方が得策です。


十分に警戒したい台風7号・・・土曜には発生の発表があるかと思います。



台風ゼロという異状気象で、今後は竜巻・突風・大雨の多発・・・?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-25


中国の大洪水や竜巻は気象兵器による攻撃・・・日本・ブラジルも・・・?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-27-2






スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2016/08/12 [国際情勢]


沢さん(金藤選手)金メダル獲得・・・壮行会で多忙の爬虫類系女子は大丈夫か? [スポーツ]

金藤選手が平泳ぎ200メ-トルで堂々の金・・・。良かった・・・。


這い上がってきた人間の強さか?


サッカーの沢さんではありません・・・水泳の金藤理絵選手です。

金藤.jpg






日本の水泳の主将が・・・やってくれました。


指摘した星選手・・・三宅選手も・・・銅メダルと健闘してくれました・・・テレビに出過ぎないことと関係しているのでしょうか?


爬虫類系最強のレスリング・吉田選手・・・本人の意思では無いと思いますが・・・テレビに出過ぎ?・・・石川・大田・・・皆、沈没? だから体操の内村選手は凄いと言えますね?


オリンピックが始まってからも出身地の津市では壮行会・・・少しゆっくりさせてあげるような取り巻きの配慮も必要ですよね。



吉田.jpg





【過去投稿】

リオ五輪・・・是非、メダルを取って欲しい選手・・・それが水泳の星奈津美選手です。

一昨年手術をしたと言っても・・・今でも、病院と練習場の往復の筈・・・なのです。


16歳から発症した病気ですが・・・その間も病院通いは継続し好きな水泳に打ち込んできたと言う根性の持ち主なのです。





◆星選手は16歳からバセドウ病を罹患



一時は泳げない時期もあった。


バセドウ病とは甲状腺ホルモンが過剰に作ら れる病気、いわゆる甲状腺機能亢進症を起こ す病気です。


自分自身の体を攻撃目標とする抗体を作って しまう病気があります。これを「自己免疫疾患」といい、バセドウ病もこの一種なのです。



星奈津美選手にとって全身の疲れ、倦怠感は致命傷となりかねま せん。


なにしろ甲状腺異常で新陳代謝がおきますので、だまっていても疲れ、動悸、息切れ、 酸素不足になりやすいのです。


水泳選手には選手生命の危機ともいえます。そこで治療法として薬による治療などもある のですが、星選手は外科的治療を選びました。


いわゆる甲状腺を切除し、ホルモンの過剰 産生を是正する方法です。


星奈津美選手は2014年11月に甲状腺を全摘出手術をしました。


年齢的にも25歳ということで、一番いい時期にきていると思いますので、 リオデジャネイロでも金メダルをもぎ取ってほしいですね!



【200mバタフライ】2015世界選手権優勝
https://www.youtube.com/watch?v=4kR23WXWUwM



星.jpg







スポンサードリンク









スポンサードリンク








◆バセドウ病(WIKI様)




バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する自己免疫疾患(Ⅴ型アレルギー)。


英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。


ロバート・ジェームス・グレーブス(英語版)(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病と呼ばれた。


症状はあらゆる臓器が常に全力疾走しているのと同じ状態になり、大量のエネルギーを必要とするため食欲が異常に増すが、代謝が高いため体重減少を来たす(代謝以上に食欲が亢進し、太る場合もある)。


スポーツ選手よしては致命的とも言える病気ですが・・・平井コーチももと堂々とメダルを狙っている星奈津美選手なのです。


最も期待されるのが・・・200メートルバタフライですので是非応援してください。



実はこの選手も応援しています。
サッカーの沢さんではありません・・・水泳の金藤理絵選手です。

金藤.jpg





スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

JAL123便墜落事故の真相・撃墜した米国の思惑? [国際情勢]




スポンサードリンク











事故原因は圧力隔壁の破と正式には公表されているが・・・これだけは違うようだ。


下記、ワールドフォーラムの佐宗氏は数年後・・・ガンで死去している・・・消されたのです。


【元JAL社員の佐宗氏の発言】・・・動画の後半で言及しています
https://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo



故佐宗氏は円高誘導に同意しない日本を恫喝する目的で・・・相模湾でミサイルを垂直尾翼に打ち込んた・・・と見解を述べているのです。


この佐宗氏の『日本は米国に恫喝されている』説・・・小生の『最近の恫喝の道具は人工地震・気象兵器』と言う見解とも一致するのです。





スポンサードリンク








◆米国の恫喝はハマコーさんも認めていた真実



政府の駐中枢にいた故浜田幸一氏・・・全て知って議員の発言・・・テレビタックルという番組でたけしにお茶を濁らされていますが・・・本当なんですよね?


米国の言うことを聞かないと・・・第二の関東大震災を起こすと米国から恫喝されtいる・・・と暴露したのです


関東大震災第二弾を狙う組織・『海ほたる』建設にあのベクテル社がいた?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-02-2


【暴れん坊・・・ハマコー】
https://www.youtube.com/watch?v=h56BBwHbYIY



最近の311や熊本地震も日本の恫喝目的・・・都知事の座を奪還したい米国金融ユダヤは反小池氏一派への恫喝目的で人工地震を起こしていたことはご承知のことと思います。


熊本地震はどのような恫喝目的か? と言うと・・・安倍政権の『ロシアとの接近でしょう。伊勢志摩サミットの事前打ち合わせと称して・・・急遽ロシアを訪問し・・・北方領土問題も立ち消えたことからも明らかですね。


ロシアと仲の良かった故中川一郎・昭一・鈴木宗男氏達の立場を知れば・・・米国にとっては悪のロシアで無いと困るのです・・・・ですから北方領土問題は解決しないのです。



小池百合子氏支援の人工地震? 小泉進次郎氏は増田氏の応援は行わない理由?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-18



話をJAL123便に戻しますと・・・事故が8月12日なのですが・・・その後、急遽、米国の貿易赤字を減らす為の合意が9月22日に調印されたのです。プラザ合意と呼ばれています。





スポンサードリンク









◆日本政府は事故後急遽プラザ合意締結
(WIKI様)



1970年代末期のようなドル危機の再発を恐れた先進国は、協調的なドル安を図ることで合意した。


とりわけ、アメリカの対日貿易赤字が顕著であったため、 実質的に円高ドル安に誘導する内容であった。これが『プラザ合意』である。


発表の翌日の1日(24時間)で、ドル円レートは1ドル235円から約20円下落した。1年後にはドルの価値はほぼ半減し、150円台で取引されるようになった[。



1980年代前半、レーガン政権下のアメリカでは、前政権から引き継いだ高インフレ抑制政策として、厳しい金融引締めを実施していた。金利は2桁に達し、世界中のマネーがアメリカへ集中し、ドル相場は高めに推移して、輸出減少と輸入拡大は大幅な貿易赤字をもたらした。


さらに、高金利により民間投資は抑制され、需給バランスが改善した。結果として、インフレからの脱出には成功した反面、国際収支が大幅な赤字となり財政赤字も累積していった。


インフレが沈静した後は金融緩和が進行し、「アメリカは復活した」と言われるほどの景気回復で貿易赤字増大に拍車がかかった。金利低下により『貿易赤字の国』の通貨であるドルの魅力が薄れ、ドル相場は次第に不安定になった。


日本においては急速な円高によって『円高不況』が起きると懸念されたが日本銀行は公定歩合を引き下げずに5%のまま据え置き、逆に無担保コールレートを6%弱から一挙に8%台へと上昇させるという短期市場金利の「高目放置」に踏み切った。


その後、公定歩合の引き下げに動いたのは翌1986年になってからであった。このため、1985年には非常に金融引き締め的な経済環境になっていたと推測され、その結果その後数年間のインフレ率は低迷した。このインフレ率の低迷と公定歩合の引き下げ長期化予想を反映して名目金利が低下したことが、貨幣錯覚を伴って不動産や株式に対する投機を促し、バブル景気をもたらしたと考えられる。



また円高により、「半額セール」とまでいわれた米国資産の買い漁りや海外旅行のブームが起き、賃金の安い国に工場を移転する企業が増えた。とりわけ東南アジアに直接投資する日本企業が急増したため、「奇跡」ともいわれる東南アジアの経済発展をうながすことになった。


その後、進みすぎたドル安に歯止めをかけるべく、為替レートを安定させるために1987年、再び各国が協調介入することをうたったルーブル合意が結ばれた。


今日・・・米国ドル崩壊の危機にあり・・・米国経済回復の策として・・・円高・・・ドル安は絶対に必要なべいこくなのです。


ですから円高は必ず・・・進むのです・・・。



JAL123便事故? はこような経済状況下で起きた恫喝目的の事件だったと・・・。




kage


思い出は永遠・・・とミックさん。
いろいろおもい出させてくれますよっ?

@ミック-Thinking
http://atmick.blog.so-net.ne.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース