So-net無料ブログ作成

江戸っ子かわら版 ”封印される真実” 2016/08/09 [国際情勢]


ジョコビッチもウイリアムス姉妹も一回戦敗退の真実? 危険なリオ五輪。 [スポーツ]


欧米人も中国人も・・・日本人以外は比較的・・・特異情報に洗脳されやすい・・・特殊情報がそのメットワークに流れるという社会構造になっているのです。


あの米国での911の時、多くのユダヤ系はその日は休暇を取っていたそうですが、事前に・・・ある情報・・・が流れていたのです。


今回のリオ五輪・・・テロ情報・・・は蔓延しており、ゴルフの松山選手をはじめとした米国PGAの大物プレーヤー達はことごとくリオ五輪への参加を拒否していたのです。


そんな最中、ジョコビッチもウイリアムス姉妹も一回戦敗退という異状事態・・・やはり、これは特殊情報が流れていたことの証明とも言えるのでは無いかと思っていたるのでが?


松山英樹はリオ五輪でテロが発生する情報を掴んでいる?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-06-1


リオ五輪中のテロ計画はまだ生きている? 選手村が危険との情報あり?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-6




◆王者ジョコビッチが五輪初戦敗退(tennis365様)



リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は7日、テニスの男子シングルス1回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が同141位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に6-7 (4-7), 6-7 (2-7)のストレートで敗れる波乱に見舞われ、初戦で姿を消した。


世界6位の錦織ですら何度戦っても勝てないジョコビッチが世界ランク141位の選手に負けるものでは有りません。


第1セットを落としたは第2セットもデル=ポトロの強打に押され、第10ゲームでは敗戦まであと2ポイントという崖っぷちに立たされたが、何とかサービスキープに成功。


しかし、この日2度目のタイブレークではデル=ポトロに強烈なパッシングショットを決められるなどで勢いを失い、まさかの初戦敗退となった。



前週のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)でジョコビッチは決勝で錦織圭(日本)をストレートで破り、マスターズ通算30勝目を飾っていた。


今年のグランドスラムは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で2連覇達成と6度目の優勝、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では初優勝を飾り生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)を達成。



また、2008年の北京オリンピック(中国/北京、ハード)では銅メダルを獲得している。


一方、勝利したデル=ポトロは今年の2月に手首の怪我から復帰。7月のウィンブルドンでは2回戦でS・ワウリンカ(スイス)を破る活躍を見せた。


グランドスラムは2009年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制しており、世界ランキングでは2010年に自己最高の4位を記録。しかし、近年は度重なる故障に悩まされていた。




スポンサードリンク









スポンサードリンク









◆デルポトロ試合前にエレベーターに閉じ込められていた


中国の大手ポータルサイトによると、デルポトロが乗ったエレベーターが停電のために突然停止。セルビアのハンドボール選手らによって救出されなければ、ジョコビッチとの試合に間に合わない可能性もあった。


同サイトが「ジョコビッチと初戦で当たる以上の不運」と表したアクシデントにも、デルポトロはエレベーター内で「自撮り」するほと落ち着いていたという。



◆ウィリアムス姉妹がまさかの1回戦敗退(AFP様)



リオデジャネイロ五輪は7日、テニス女子のダブルスが行われ、大会第1シードのヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)/セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)組が1回戦で敗れる波乱があった。


これらは波乱では無く、危険なリオから早期に脱出したかった為だと確信しているのですが・・・それとも賞金でしょうか?

どちらにしても大混乱のリオ五輪の模様です。


卓球の石川やフェンシングの太田が手一回戦敗退したのとは根本的に違う出来事のようですね。




スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天皇陛下は『お気持ち』発表で後継者問題に『渇』を・・・? [国際情勢]

世界大戦で天皇と国民の関係を知ったマッカーサーは・・・天皇を象徴以上・・・何の権限を与えてはならない・・・昭和天皇のように・・・。

書籍・・・菊と刀・・・で米軍は徹底的に日本民族の文化的特徴等を学んだのですが・・・日本民族統治に絶対必要なのは天皇であると言う結論に達したわけです。


その天皇と同等の権限を誇示したのがあの写真です。


天皇.jpg





◆『お気持ち』発言の背景を意識しないと真意は見えない



陛下ご自身の『お気持ち』と言うこととなっていますが、それはあり得ない話ですよね?


背後の組織が天皇を利用してあのようなメッセージを国民発信したのです。


陛下のご発言内容に振り回されては・・・ことの本質を見失い・・・どのような力が働いたのかと言う最大の問題を見失うのです。


では・・・どんな背景と真意があるのでしょうか?


http://news.yahoo.co.jp/story/280




◆長男の皇太子に後を継がせたい天皇の意思表示が『お気持ち』発言の真意


以前から指摘されていた兄弟間の確執が相当緊張してきていると判断した天皇の最後の賭けにでたと判断致します。


歴史を知っている天皇の苦肉の策なのです・・・。


皇室の内紛に巻き込まれた二・二六事件の青年将校達?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-01-14-1





スポンサードリンク









◆皇太子家と秋篠宮家の確執が緊張してきている証明


以前より問題視されていあた問題に皇太子家と秋篠宮家の確執があるのです・・・これは背後取り巻き組織があり・・・直接、兄弟間の問題か? と言うと怪しい部分もあるのですが・・・下記のような確執の一旦を思わせる話もあるのです。



皇太子家への対抗心か 秋篠宮紀子さま「仰天ご発言」が広げる波紋【皇室】


なんでも 悠仁さまの教育について助言されたとき「私はこれから皇后になる人よ」と「今は時代がちがいますから」・・・。


このところ、秋篠宮妃紀子さまとその周辺の言動が波紋を広げている。


秋篠宮家関係者が話したとして週刊誌などに盛んに出てくるのが、職員の数や「皇族費」(秋篠宮家などの家計費)の話、「秋篠宮家の活躍ぶりに比して、使えるお金が少なすぎるのではないか」といった指摘である。


現在、秋篠宮家の皇族費は年間6千710万円(一方、天皇・皇后両陛下と皇太子ご一家5人の「内廷費」は3億2千400万円)だ。


秋篠宮家には皇位継承順位第二位(秋篠宮殿下)と第三位(悠仁さま)の2人がおられるのに、どうにかならないのかというのが、紀子さまの思いといわれる。


悠仁さまの教育についても、ご夫妻は東大進学を目指していると報じられたことがあった。


お2人の知人は週刊誌に「ご夫妻の周囲には東大出身者が多く、紀子さまは大学進学の情報収集にも努めている」と語っていた。






スポンサードリンク









それと同時に囁かれているのが、紀子さまのお言葉のキツさである。


紀子さまがある女性職員に「あなた自己中ね!」と説教されたのが話題になったことがあったが、その当時、「そんなの序の口だ」と秋篠宮家関係者が週刊誌に語っていた。職員が数年前、複数辞めたケースもあった。


しかし、そのキツいお言葉は職員に対してだけではない。相手がどんな立場の人であれ、紀子さまはときどき、にわかには信じられないようなお言葉を吐かれる。


秋篠宮家の次女、佳子さまが学習院大学からICUに移られ、5月、新一年生が参加する一泊二日の合宿にタンクトップにジーンズ姿で現れ、周囲を騒がせた。彼女には“ファン”がついており、お化粧法、服装など細かくチェックされる。このときのファッションは、たちまちネットにあふれた。


そのころ、ある会合で美智子さまは紀子さまにこう注意されたという。
「少し控えめに…」
「国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」


ところが紀子さまは「もう時代が違いますから」と返されたという。別の機会に、周囲から悠仁さまの教育について助言されたとき、紀子さまは「私はこれから皇后になる人です。みなさんにどうこういわれる筋合いではありません」とピシャリ。


「みなさん、平民に……」ともいわれたともいう。


「私も聞いて驚いた。権力を持たない天皇・皇后両陛下の地位をまるであるかの如く扱い、しかも一般の人と分けてご自分を特別視されている。このお言葉は他にこう受け取られる恐れがある。皇太子殿下が天皇になられても、皇后の雅子さまには大変かもしれない。そのときは摂政宮を設けて秋篠宮に就いてもらう。要するに皇位継承順位を無視する意図のある発言とも受け取られかねない」





◆確執の一因は奥方?



雅子さまがある会合に出られて、久しぶりに笑顔を見せられていたとき、紀子さまが雅子さまの前で「私はご病気ではありませんよ」といわれたこともあった。


ライバル意識と言えばそれまでだが、雅子さまからその後、しばらく笑顔が消えた。


紀子さまは以前、周りから指摘されると、「わかりました。そのようにいたします」と応じられておられた。

それがこの数年で変わられた。嫌なことをいわれると、すぐ横を向き、「舌打ち」されるようになった。


兄宮をさしおいて、礼宮さまが先に結婚されることになったとき、両陛下は相当悩まれ、結論がなかなか出なかった。そのとき、礼宮さまが「一緒になれないなら皇籍を離れてもいい」といい出されたが、結局、両陛下も承諾されたといわれる。


さらに天皇陛下は、美智子さまが皇室に入られて苦労された姿を見られているだけに、紀子さまの苦労を特に心配されていたともいわれる。


天皇陛下は、その紀子さまに対しては一言もおっしゃっていない。


「それは結局、民間から皇室入りした美智子皇后、皇太子妃雅子さまへの批判に結びつく恐れがあり、ひいてはご自分のことに跳ね返ってくるからだ」


美智子さまのストレスは、この解決しようのないところから発しているのかもしれない。






スポンサードリンク






kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース