So-net無料ブログ作成

『梅雨』の語源? 謎の『梅の雨』など日本語に秘められたユダヤの残像。 [日本の習慣]



スポンサードリンク










◆なぜ梅の雨で『ツ゚ユ』と読むのか

いつもご訪問ありがとうございます。

言われて見れば不思議な単語ですよね?

梅雨といえば左記の漢字なのですが・・・何故、梅の雨

なのでしょうか?


結論から申し上げると、ユダヤ教で春分の次が梅の季節だった

ということです。

日本の古文書に残る語源はすべてユダヤの暦の部分は

割愛した話であり、下記、語源と同様にユダヤが関係して

いたのですね?


日本語お語源には不思議なものが多くあります。

例えば『旦那』・ダンナ・・・

「旦那・ダンナ」の語源はシルクロード経由ユダヤ産だった?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-02-26-1

「ありがとう」も全く語源の形跡が見当たりません。

「ありがとう」など日本語の語源は・・・
阿波踊りと同様に不思議だらけ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-11-25






スポンサードリンク










◆複数ある語源説


平安時代の雨が少なく『雨ごい』の儀式に

梅を添え祈祷したら雨をもたらしたらしく

それ以来、『梅雨』となった。


もう一つは定番の最もらしい説で、

「つゆ」は元は中国から伝わった言葉なのだそうです。

読み方は違いますが「梅雨(ばいう)」だったとか。

どこでどう変わったのか・・これが日本で「つゆ」と

読まれるようになったのは江戸時代から。

中国での話しに戻れば梅雨は「黴(かび)」が生え

やすい時期の雨であることから、「黴雨」で「ばい

う」。

結局、この梅雨も曖昧な語源なのですが、江戸の

エドも実はユダヤのエドム族の江戸だったのです。のですよ?



三社祭りにもあった三位一体だらけの江戸の街の秘密?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2018-05-18-4



日本語には多くの秘密が隠されているのです・・・梅雨の時期

雨音を聞きながら語源のロマンを感じてみたら如何でしょうか?








スポンサードリンク







kage


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント