So-net無料ブログ作成

野村沙知さん死去・サッチーの愛称で芸能界からも恐れられていた野村監督の妻? [日本の習慣]

野村克也氏 妻・沙知代さん急死(東スポ様)

「突然死ってやつです」「いい奥さんでした」

野村克也氏 妻・沙知代さん死去に「突然死ってやつです」

「いい奥さんでした」元プロ野球監督・野村克也氏(82)が

8日、都内の自宅で取材に応じ、この日、85歳で死去した妻で

タレントの野村沙知代さんについて語った。






スポンサードリンク











kage



◆死に至る状況


午後7時25分ごろ、息子の団野村氏に支えられて

報道陣の前に姿を見せた野村氏は「昨日までシャンシャン

してたんだけど、突然でびっくり。今朝も元気に食事して

たけど、昼ごろから問いかけても返事しなくなって…。

原因はわからないです。我々からすれば突然死ってやつですよ」

と説明。「昼、妻はひと口食べてそれ以上口にしないからどう

したんだって…。最後は何もしゃべれませんでした。どうしたん

だって…」と愛妻の異変を語った。

憔悴した表情の野村氏は「逝くのは俺の方が先だなって言ってた

んだけど、逆でしたね。ずっとそばにいましたから、いい奥さん

でした」と声を絞り出した。





スポンサードリンク








◆事件簿の宝庫だった



コメンテーターとしての野村おば様・・・十巣に歯切れが良く

好きな芸能人でしたが・・・?


古田を殺してやりたい」との暴言も多々・・・。

先日、『週刊文春』がショーンK(本名:川上伸一郎)の経歴詐称

をスクープ、ショーンKは活動自粛を発表した。さて、芸能界の経歴

詐称といえば、野村沙知代がまず思い浮かぶ人もいるのではないだ

ろうか。

野村沙知代は1996年、衆院選に立候補するも落選。その後

1999年に、選挙公報などに「コロンビア大学留学」という虚偽

の経歴を公表していたとして告発を受けたのだ。結局嫌疑不十分

により不起訴とされたが、卒業生名簿に名前が残っていないなど強い

疑惑が残っている。

ミッチー・サッチー騒動で生まれた疑惑

そんな野村沙知代は経歴詐称問題が出た1999年当時、浅香光代らと

激しいバトルを繰り返し、俗にいう「ミッチー・サッチー騒動」を

起こしていた。浅香光代は沙知代の虚偽経歴を検察に告白した

張本人だったりもする。
騒動を起こしていた当時、沙知代には数多くの疑惑が生まれていた。

例えば代金を未払いしている、少年野球の生徒を殴ったなど……。

古田敦也を殺してやりたい

しかしそんな激しい批判にさらされていた沙知代ですが、当の

本人はどこ吹く風。それどころか自身の講演会などがあると度々、


浅香光代を罵倒するような発言で注目を浴びていた。
浅香以外の人物に対しても暴言を吐いており、夫である野村克也

と監督・選手の関係だった古田敦也にもこんな発言をしている。

「(夫が)ヤクルトの監督を辞める時、古田くんは『お世話にな

りました』の一言だけ。(略)古田くんを夫は愛弟子のように育て

ていましたが、息子(カツノリ)は育てられないのかと非常に不満で

した。やっぱり古田くんは殺してやりたい」

結局、沙知代はその後の脱税によって表舞台から姿を消すざるえ

なかったが、それまでは経歴詐称疑惑があっても意に関せずだった。

ショーンKもすぐに活動自粛するのではなく、沙知代ほどの面の厚さ

見せれば良かったのかも!?


この間、野村克也氏は一切を沈黙・・・男はこの位妻に無抵抗でないと

いけないのか・・・と・・・考えさせられたものである。




スポンサードリンク








kage

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント