So-net無料ブログ作成

札幌タクシー大暴れの弁護士は杉山央さん・二重人格にご注意? [歴史]

◆札幌タクシー「大暴れ男」 30代弁護士の“エリート


それにしても
大暴れした30代弁護士 は杉山さんと言う弁護士・・・顔写真は下記

に大公開・・・最近は冤罪で訴える人もいればこの手の情報追及

に心血を注ぐ若者まで現れ・・・変な世の中になってきたもんで

すね。



ANNニュース様 ドライブレコーダーによる車内の映像


杉山.jpg


人間一皮むけばジキルとハイド・・・それにしても乱れ過ぎな


杉山弁護士でしたね.


全ての人間には二面の異なる性格があるのですが、人間特有の理性という

道徳観に制御されており・・・裏の面は表に出ないようになっている


そうなのです。


杉山弁護士・・・タクシーの中で出してしまいましたね・・・?





◆二重人格のジキルとハイド




二重人格を題材にした代表的な小説。

そのため、解離性同一性障害の代名詞として「ジキルとハイド」が

使われる事もある。この作品では、ジキルが薬を飲むことによって

性格、および容貌までも変化していることが特徴である。


なお、ハイド(hyde)という名前は、隠れる(hide)に掛け

たものである。

話の冒頭には従兄弟のキャサリン・デ・マットス(Katherine

De Mattos、1851年-1939年)への献辞とヒースの茂る荒野に

ついて歌った4行の詩が掲げられている。
気お付けましょう・・・裏の顔を出さないように化けて生きるのです


この世を偽って生き続けるのです。

この虚像の世界をAIは解読できるのであろうか?


kage

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント